【2021年最新版】おすすめSEOツール・機能29選!無料~有料まで目的別に紹介

1073

 

SEOで上位表示を実現するためには、施策を一つひとつ実行し、Googleからサイトが受けるSEO評価を向上させていく必要があります。
SEOツールは、SEO施策を実行する際や、施策成果を計測・分析する際に利用するツールです。目的に合ったSEOツールを利用することで、「自社のサイトの現状を正しく評価」し、「施策を決定するための情報を収集」することができます。

そのため、まずは自社サイトの課題を把握し、課題に合った適切なツールを選定することが重要だと言えます。

本記事では、SEO対策におすすめのSEOツールを目的別に紹介します。

  • SEOツールの導入を検討しているが何を基準に選べば良いのかわからない
  • そもそもどんなツールがあるのかを知りたい

上記のようなお悩み・ご要望をお持ちの方は、是非ご覧ください。
※本記事の内容は2021年11月時点の情報です。

\ウィルゲートが提供するSEOツールの無料版はこちらをチェック/

▼SEOについて詳しく知りたい方はこちらをチェック
SEOとは?SEO対策の基本から施策方法までを解説!

【目的別】おすすめのSEOツールを紹介

キーワード調査ツール

キーワード調査とは、SEOで上位表示を狙うキーワードのボリューム・関連語・競合性・Google広告のクリック単価などの情報を取得・調査することです。キーワード調査を実施し、適切なキーワードを選定することで、商材・サービスへの興味関心が高いユーザーの獲得につながるため、SEO対策の要と言えます。

キーワード調査・選定方法について詳しく知りたい方はこちら

TACT SEO

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。広告代理店やWeb制作会社など、Webのプロも営業時の提案資料作成や既存顧客向けの報告書の作成に活用しています。

「TACT SEO」の「流入キーワード調査」では、指定したサイトがどのようなキーワードで検索流入を獲得しているかを調査することができます。競合サイトのドメインやページのURLを入力することで、獲得しているキーワード・想定月間検索回数・順位・対象キーワードで上位表示しているURLを把握することができるため、競合分析・調査の際に役立つツールです。

流入キーワード調査は、調査可能回数とキーワード数の上限付きで、フリープランでも使用可能です。

「TACT SEO」の「関連キーワード調査」では、サイトのメインテーマの関連語を取得できます。関連語とは、あるキーワードとその他の語句を組み合わせたキーワードを指します。例えば「SEO」の関連語として、「SEO キーワード」「SEO ツール」などが挙げられます。

調査キーワードの入力画面に軸となるキーワードを入力すると、関連語と併せて検索ボリューム(検索数)と想定のGoogle広告のクリック単価も取得可能です。
「関連キーワード調査」機能は、調査回数制限付きでフリープランでも使用できます。

「TACT SEO」の「SERPs分析」機能の中には、「キーワードグループ別分析」という検索意図が類似するキーワードをまとめる機能があります。
分析したいキーワードをまとめて入力するだけで、キーワードが検索意図別にグループに分けられ、親キーワード想定月間検索回数・キーワードグループ合計想定月間検索回数・上位ページの平均文字数・コラム度などの情報を取得できます。 

検索意図が近いキーワード同士をグルーピングすることで、効率的に記事作成を進めることができます。また、「コラム度」判定により、対象の親キーワードで記事作成した場合に上位表示可能性があるかを事前に見極めることができます。

Google AdWords キーワードプランナー【無料】

Google AdWords キーワードプランナーは、Googleの広告管理画面から利用できる無料ツールで、キーワード調査の際に利用される最もポピュラーなツールの一つです。キーワードの競合性や月ごとの検索ボリュームを調べることができます。

Google広告を運用していないアカウントでは詳細な検索ボリュームは表示されませんが、大まかな傾向は掴むことはできます。

ツール詳細はこちら

Googleトレンド【無料】

Googleが無料で提供しているツールの一つです。Googleの検索エンジンにおいて検索ニーズが上昇しているキーワードを調べることができます。社会的に人気のキーワードやホットな話題を調査する際に役立ちます。

ツール詳細はこちら

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)【無料】

対象キーワードを入力するだけで、Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンで検索されているサジェストキーワードを調査できるツールです。検索ボリュームを調査することはできませんが、対象キーワードのサジェストキーワードをまとめて取得することができます。取得したサジェストキーワードの一括コピー・csvダウンロードも可能です。

ツール詳細はこちら

コンテンツSEOツール

コンテンツSEOとは、「ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成することで、検索エンジン経由のアクセスを獲得し、サイトの目標(多くはコンバージョンの増加)を達成するための取り組み」です。

コンテンツSEOツールには、検索エンジンに評価されるコンテンツを作成するための調査・分析に役立つ機能が備わっています。

コンテンツSEOについて詳しく知りたい方はこちら

SEARCH WRITE【有料】

SEARCH WRITEは誰でも手軽に成果を出すための運用を行えるコンテンツマーケティング、SEOツールです。

コンテンツマーケティング、SEOにおける以下のような課題をSEARCH WRITEでは解決いたします。

・まじめに記事運用しているのに流入が伸びない
・分析に時間をかけすぎてしまっている
・過去施策の記録と成果の把握ができていない
・SEOはややこしくて、よくわからない

<SEARCHWRITEの特徴>

・成果に繋がるキーワードを自動で提案
・サイト内のSEOの課題を自動で抽出
・施策の結果が一目で分かる
・わかりやすいUI、シンプルな操作でコンテンツマーケティング未経験者でも成果が向上
・ライセンスフリーでチームの運用も最適化

料金:ベーシックプラン 月額5万円

ツール詳細はこちら

TACT SEO

「TACT SEO」の「上位表示分析」機能で指定したキーワードと自社ページURLを入力すると、上位表示されているページと自社ページの差から、自社ページの課題を分析することができます。不足キーワードや目安文字数、調査キーワードの共起語(上位ページ内のテキストに共通して含まれている単語)、内部SEOの問題点などを一括で取得することができるため、指示に従って施策を実行することでSEO評価の高いコンテンツを作成できます。

CopyContentDetector

無料で利用できるコピーコンテンツチェックツールです。コンテンツ作成を依頼したライターが作成したコンテンツがコピーコンテンツとして認識されないかどうかをチェックする際に役立ちます。

料金:無料(調査文字数に制限あり)
有料プランは月額1,070円~

ツール詳細はこちら

ラッコツールズ (見出し(hタグ)抽出) 【無料】

特定のキーワードでの検索結果上位に表示されているサイトURLの文字数、title、hタグを調べることができます。上位表示されているコンテンツの情報を把握する際に便利なツールです。

ツール詳細はこちら

被リンク調査ツール

被リンクは、サイトのSEO評価に関わる重要な要素の一つです。サイトに質の高いリンクを集めれば集めるほど、サイトのSEO評価が向上し、上位表示されるようになります。

被リンクは数だけではなく、質も重要です。被リンク調査ツールを使い、どんなサイトからリンクを獲得できているかを把握し、SEO対策に役立てましょう。

外部施策について詳しく知りたい方はこちら

Google Search Console(リンクレポート)【無料】

Google Search Consoleは、Googleが提供している無料ツールの一つです。自社の管理サイトをGoogle Search Consoleに登録することで、管理サイトの被リンクを確認することができます。

画面左のメニューバーの「リンクレポート」をクリックすると、リンクされている上位ページや上位のリンク元サイトを詳細に確認することができます。

ツール詳細はこちら

Ahrefs Backlink Checker

自社サイトや競合サイトが獲得している被リンク状況を調査することができます。参照ページ・対象ページのURLと併せて、参照ページのドメインランクなど、被リンクごとの評価も取得できます。

料金:
無料版あり https://ahrefs.com/ja/free-seo-tools
有料プランは月額 $99~

ツール詳細はこちら

テクニカルSEOツール

テクニカルSEOとは、サイトの内部構造を正しく整えるためのSEO施策です。

テクニカルSEOツールは、SEO評価に影響を及ぼす、サイト内部構造・問題点をチェックし、修正・最適化に役立てることができます。Googleのアルゴリズム変動に影響を受けるSEO施策の中でも、必要な施策が明確な領域であるため、正しく把握して対策することが重要です。

サイト内部の問題が原因で検索順位が伸び悩んでいる場合は、テクニカルSEOツールの導入を検討してみましょう。

TACT SEO

「TACT SEO」の「サイト診断」機能を使うと、指定したサイト内のページをクロールして情報を取得し、SEOにおける課題やエラーがないかを発見することができます。「サイト診断」機能は無料プラン内で調査可能URL数の制限付きで利用可能です。

ツール詳細はこちら

Google Search Console(カバレッジ)【無料】

サイト内部で問題が発生していないかをチェックすることができます。
エラーや警告が出ているページの具体的なURLを取得できるので、サイト評価を下げうる原因となるページを素早く把握することが可能です。

ツール詳細はこちら

Screaming Frog SEO Spider

サイト解析によって、ページタイトル、ステータスコード、metaタグ、hタグ、Canonical タグ、被リンク数、などを一覧で取得できるツールです。

リンク切れ、重複コンテンツ、canonicalタグの未設置など、サイトの問題点も取得できるため、検索エンジンにページの内容を正しく伝えられる状態に改善するプロセスにおいて役立ちます。

料金:
フリープランあり
有料プランは月額 £149~

ツール詳細はこちら

DeepCrawl

Screaming Frog SEO Spiderと同様に、サイトをクロールして、ページがインデックス可能になっているかなどを調査できるツールです。

料金:
ベーシックプラン:年額360,000円
エンタープライズプラン:応相談

ツール詳細はこちら

Broken Link Checker(WordPressプラグイン)【無料】

サイト内外のリンクを調査して、リンク切れを発見できるプラグインです。問題のあるリンクを修正してSEO評価向上を妨げる原因を排除するのに役立ちます。

ツール詳細はこちら

dead-link-checker【無料】

サイトの内部リンクがリンク切れになっていないかをチェックすることができます。調査対象のURLを入力してチェックボタンを押すだけで調査可能です。

ツール詳細はこちら

検索順位調査ツール

検索順位は、ユーザーの検索結果画面に表示される順位です。
検索エンジンは、ページの内容を細かなアルゴリズムに則って評価し、ランキングしています。検索順位は、検索エンジンからどう評価されているかを判断するための重要な指標です。

検索順位は日々変化していますが、対策キーワードを手動で検索窓に入力し、順位を確認していては莫大な手間がかかります。そのため、検索順位を自動で調査してくれるツールを使って、順位状況を把握できるようにしておく必要があります。

GRC

ボタン一つで登録キーワードの順位を調査できるツールです。調査時の検索順位だけでなく、順位推移もグラフで確認することができます。検索上位100サイト全ての順位履歴を記録する機能もあり、競合サイトの順位変化も把握可能です。

引用:SEOツールラボ

料金:
無料プランあり(調査項目数に制限あり)
有料プランは月額495円(年額4,950円)~

ツール詳細はこちら

RankTracker

日本だけではなく、世界中の検索エンジンに対応したツールです。無料プランであっても、キーワードは無制限で調査可能です。

料金:無料プランあり
プロフェッショナル:$596
エンタープライズ:$1,396

ツール詳細はこちら

TACT SEO

「TACT SEO」の「キーワード別順位詳細」機能では、登録したキーワードの順位データを取得できます。順位データの取得期間を設定し、キーワード別の順位変化を把握できるため、施策前後の順位の動きを計測可能です。
「キーワード別順位詳細」機能は10キーワードまでフリープランでも利用可能です。

ツール詳細はこちら

アクセス解析ツール

アクセス解析とは、端的にいえば「サイトのコンバージョン(CV)を増加させるために、サイト訪問者の状況を数値によって可視化・分析すること」です。

「サイトにどのような人が訪れているのか」、「どのような時間帯・環境でアクセスしているのか」、「どのようなコンテンツが人気で、逆に見られていないコンテンツはどれか」といったことを分析することで、サイトの評価を向上させ、コンバージョンを増やすための課題の発見につながります。

アクセス解析ツールは様々なものがありますが、まずは無料のサービスを用いて分析を始めることをおすすめします。

アクセス解析について詳しく知りたい方はこちら

Googleアナリティクス【無料】

Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。無料であるにも関わらず、トップクラスの機能性を誇り、日本の上場企業の75%が導入しているとも言われます。アクセス解析を実施するなら、まず最初に導入すべきツールです。

これを活用することで、記事ごと・ユーザー層別・時期別など、セグメントに分けたアクセス状況を細かく分析することが可能になります。

メジャーなツールであるため、出回っているノウハウが多く、初心者の方でも分かりやすいことがメリットです。加えて、中上級者の高度な要求にも対応できる種類豊富なレポートを有しています。Google AdWords、Google AdSense、GoogleタグマネージャなどGoogleの他のWebマーケティングツールと連携し、掛け合わせることでより深い分析ができるのも魅力です。

ツール詳細はこちら

TACT SEO

「TACT SEO」の「アクセス解析」機能をGoogleアナリティクスと併せて使用することで、SEOに特化したアクセス解析レポートを作成することができます。
アクセス解析機能ははフリープランでも利用可能です。

アルゴリズム変動調査ツール

Googleは、サイトを評価するアルゴリズムを定期的にアップデートしています。特に、年に数回コアアップデートと呼ばれる大規模なアップデートが実施されると、順位が大きく変動しするので、今まで上位表示できていたコンテンツの順位が急に落ちてしまうことがあります。

アルゴリズム変更調査ツールを使うと、アルゴリズムアップデートのタイミングで順位の変動状況を検知することが可能です。常日頃からSEOの最新情報を収集し、ユーザーにとって有益なコンテンツを発信し続けるために、アルゴリズム変動調査ツールを活用しましょう。

TACT SEO

「TACT SEO」の「アルゴリズム変動」機能では、独自で計測している約1,000キーワードを対象に
①各キーワード毎に対象日と前日の順位変動の平均値を算出
②全キーワードの①の平均値を順位変動幅として算出
しています。

日単位の順位変動をグラフで確認できることに加えて、直近のアルゴリズム変動履歴も閲覧できます。

ツール詳細はこちら

namaz.jp【無料】

Googleのアルゴリズム変動状況をジャンル別で把握できるツールです。

アルゴリズムアップデートの内容によって、影響を受けるジャンルは異なります。そのため、ジャンルごとの変動状況を把握しておくことで、サイト内のどのページを対策すればいいのかが明確になります。

料金:無料

ツール詳細はこちら

サクラサクラボ【無料】

サクラサクラボは、アルゴリズム変動状況をリアルタイムで確認できるツールです。

1時間単位でランダムで収集した200キーワードの検索結果の変動状況を観測することで、Googleのアルゴリズムアップデートの変動状況をリアルタイムで検知することが可能です。

ツール詳細はこちら

ページスピード調査ツール

ページスピードとは、その名の通りページの表示速度のことです。ユーザーが特定のページにアクセスしてから、そのページ内のコンテンツがすべて表示されるまでの時間を指します。

Googleが2017年・2018年に実施した調査では、ページの表示に3秒以上かかると、53%のユーザーが離脱してしまうと発表されています。

https://www.thinkwithgoogle.com/intl/en-ca/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

また、Googleはページスピードが検索エンジンからのSEO評価項目であることを明言しています。ページスピードを改善することで、検索結果の上位に表示されやすくなるので、まずは自社サイトのページスピードを確認してみましょう。ページスピードのパフォーマンスだけではなく、改善案を提示してくれるツールもあるので、活用してみてください。

Google PageSpeed Insights【無料】

調査URLを入力するだけで、モバイル・PC別にページのページ速度のパフォーマンス状況を把握することができます。

ページ速度のパフォーマンス状況だけではなく、改善できる項目や、改善した場合に短縮できる推定時間を調査することができるため、具体的な改善施策に役立てることが可能です。

ツール詳細はこちら

Think With Google【無料】

モバイルサイトの速度を簡易的にチェックすることができるツールです。2017年に公開されたもので、Googleが提供しているツールの中では比較的新しいツールです。

速度チェックだけではなく、サイトの速度向上につながる最適化案をレポート形式で作成してくれるので、実際の施策に役立てることができます。「読み込み時間を 0.1 秒短縮すると、コンバージョン率の 8% アップが期待できます」など、ページ速度を改善することで得られる具体的なメリットも提示してもらえます。

ツール詳細はこちら

ローカルSEOツール

Googleマイビジネス【無料】

Googleマイビジネスは、自社の店舗・ビジネスの情報を登録でき、かつGoogle検索やGoogleマップ上で登録情報を表示させることができるツールです。

Googleマイビジネスを利用することで、Google検索やGoogleマップのユーザーに自社の店舗をアピールすることができ、店舗の集客増加に貢献します。

ツール詳細はこちら

Bright Local【無料】

検索語と検索エリアを入力すると、検索エリアごとの検索結果の見え方が確認できます。例えば検索語に「カフェ」、検索エリア「港区」で検索結果を確認すると、港区にあるカフェの情報が検索結果またはGoogleマップ上に現れるので、その見え方が確認できます。

ツール詳細はこちら

I Search From【無料】

国、言語、デバイスの情報を入力することで設定した条件で検索した際の検索結果をチェックすることができます。

ツール詳細はこちら

SEOツールを選ぶ2つのポイント

様々なSEOツールがある中で、SEO施策を進める上で投資対効果を考慮して適切なツールを選定する必要があります。SEOツールを選ぶ際のポイントを2つ紹介しますので、是非参考にして選んでみてください。

目的に合っているか

大前提として、目的にあったSEOツールを選定することが重要です。

例えば対策キーワードの順位推移を計測したい方が、ページスピード調査に特化したツールを導入しても、目的を達成することはできません。

自社のSEO施策を成功させるために必要な機能は何かを考えた上でSEOツールを選定しましょう。

使いやすいか

SEOツールによって、操作方法やアウトプットされる分析データが異なります。ツ「せっかくツールを導入したけれど、限られた人しか使用していない」という事態を避けるために、使いやすいツールを導入する必要があります。

UI/UX観点での感覚的な使いやすさはもちろん、ツール導入後のサポートが充実しているかも事前に確認しておくのが良いでしょう。
無料登録期間・プランを設けているツールもありますので、まずは試しに使って見て、使用感を確認してから導入を検討するのがおすすめです。

まとめ

本記事では、目的別のSEOツールのご紹介と、SEOツールを選ぶ際のポイントについて解説しました。一口にSEO施策と言っても様々な方法があり、まずは自社の課題を特定し、課題に合わせた解決手法やツールを選定することが重要です。

SEOツールはあくまでツールであり、導入したからと言って自社サイトの成果を約束するものではありません。SEO施策を進める上で必要な分析や作業を効率的に実施するための手段として捉え、施策に活かすことが重要です。

ウィルゲートが提供している「TACT SEO」は、キーワード調査から上位表示分析、サイト内部の診断まで、SEOに必要な課題分析を幅広くフォローすることができます。

自社で獲得できている流入キーワードの調査や類似キーワードグルーピングにより、「自社で狙うべきキーワード」や「競合サイトとの差分」を把握することができるので、効率的なコンテンツ作成が可能になります。

期間無制限のトライアルプランも用意しているので、是非お試しください!

SEO対策をプロにお任せしたい方へ

👇サイトの全体戦略設計から分析までサポートします!お気軽にご相談ください👇

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。