SEOに強い記事の書き方とは?6つのポイントを解説

412

記事作成

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

「SEO記事の書き方を1から見直したい」「なかなか上位表示ができない」と悩んでいるWebサイト運営者の方もいるのではないでしょうか。

SEOに強い記事作成をするには、何よりユーザーを第一に考えることが重要です。

本記事では、SEOに強い記事作成の6つのポイントを分かりやすく解説します。

「SEOに強い記事」とは?

「SEOに強い記事」とは、検索結果画面で上位表示されやすい記事のことです。

検索結果画面で上位表示されるためには、Googleの理念を理解し、検索エンジンに高く評価されるための要素(アルゴリズム)に則って記事を作成する必要があります。

しかし、検索エンジンアルゴリズムは数百ほどあるとされており、Googleはその項目の詳細については公開していません。

そのため、SEOにおいて重要とされるであろう項目を地道に対策していくことが求められます。

▼アルゴリズムについて詳しく知りたい方はこちら

Google検索アルゴリズム261項目完全分析 “SEOの全て”

おさらい:SEOとは

SEOとは、”Search Engine Optimization”の略であり、検索エンジン最適化を意味します。

先ほども述べた通り、検索エンジンのアルゴリズムの詳細については公開されていないものの、Googleは、サイト運営者向けに「ウェブマスター向けガイドライン」や「Google 品質評価ガイドライン」を公開しています。

そのガイドラインには、Googleの定める基本方針、コンテンツの評価基準、ペナルティ対象となる不正行為などが明記されており、ガイドラインに則ってSEO対策を進めることで、ユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

SEOで上位表示するために必要な項目は、重要度の高い順に以下のように分けられます。

  1. コンテンツ評価が高い
  2. 被リンク評価が高い
  3. Googleガイドラインに則ったコーディング

上位表示されるための要件

検索エンジンはこれらの項目を総合的に評価しているため、それぞれの項目に対して、適切な施策を実施することが重要です。

それぞれの項目について次で詳しく解説します。

①コンテンツ評価が高い

対策キーワードに対してユーザーが何を求めているかを推測し、求められているコンテンツを提供することでコンテンツの評価が上がります。

実際に対策キーワードをGoogleで検索し、上位表示されるWebサイトの内容を参考にしましょう。

自サイトに足りないトピックや不要なトピックがないか確認し、適切な情報量になるよう調節しながらコンテンツの質を上げていきます。

また、対策キーワードに関連するコンテンツを追加し、サイト全体のコンテンツを充実させましょう。

▼SEOの上位表示に必要な項目について詳しく知りたい方はこちら

SEOとは?基礎知識から上位表示のための対策方法まで解説

②被リンク評価が高い

被リンクとは、外部のWebサイトから自サイトへ向けられたリンクのことです。

被リンクの評価を高めるポイントは、2つあります。

  • サイト全体で評価の高いサイトからリンクを多く集めている
  • 対象ページに評価の高いサイトからリンクを多く集めている

被リンクの数も大切ですが、関連性の高いページから被リンクを獲得することで被リンク評価を高められます。量と質の両方を意識した被リンク獲得を心がけましょう。

③Googleガイドラインに則ったコーディング

SEO記事における記事構成(titleタグやhタグなど)が重要な理由は、SEOの評価基準の中に正しくコーディングされているかが含まれているためです。

以下のようなタグは正しくコーディングしましょう。

Googleのガイドラインに則ったコーディングがされていないとGoogleにコンテンツ内容が正しく伝わらないため、適切なSEO評価を受けられない可能性があります。

ウェブマスター向けガイドライン」を確認してWebページの構成を確認しましょう。

また、MFI(モバイルファーストインデックス)によって、モバイル版ページを優先的にクロール・インデックスされるサイトが増えたことも覚えておきましょう。

スマホで見たときに読みやすいテキストサイズを指定したり、画像の配置やレイアウトを考慮する必要があります。

自サイトがモバイル版に適しているかどうかは、「モバイルフレンドリーテスト」で簡単に調べられます。

モバイルファーストインデックス(MFI)がSEOに及ぼす影響とは?

SEOに強い記事作成のポイント

これまでに作成した記事がポイントを押さえられているかチェックしながら内容を確認しましょう。

ユーザーの検索意図に沿った内容にする

Googleが一番大事にしていることは、ユーザーの検索意図に寄り添ったコンテンツを提供することです。

Googleが公開している「検索に対する Google の方針」によると、冒頭に「関連性と信頼性が最も高い情報を提供する」と記載されています。

また、「Googleが掲げる10の事実」でも、「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と記載されており、徹底したユーザーファーストの精神を掲げていることが見受けられます。

そのため、Googleの検索エンジンに評価されるためには、まず第一にコンテンツの内容がユーザーの検索意図に沿っていることが大切です。

▼例

「メンズ化粧水 選び方」で検索するユーザーの検索意図は、メンズ化粧水の選び方が知りたいというものです。

しかしながら、本質的な検索意図まで深掘ると、「自分の肌質に合う化粧水を使って、肌トラブルや肌悩みを改善したい」という検索意図が見えます。

「メンズ化粧水 選び方」で検索するユーザーの検索意図

ユーザーの本質的な検索意図に沿ったコンテンツにするために「どんな要素を含めるべきか?」という視点を持って記事作成に取り組むことで、Googleの方針に則った高品質なコンテンツに近づけることができます。

対策キーワードでどのような記事が上位表示しているのか、実際に検索してみるとユーザーの検索意図を把握しやすいです。

検索意図とは?SEOにおいて重要な理由から調べる方法まで徹底解説

E-A-Tを意識した内容にする

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)とは、ユーザーの検索意図に対して、適切な検索結果を返せているかの評価基準のことです。

SEOにおける「権威性」の重要性|E-A-T・YMYLについて解説

Googleは、上記3指標のレベルが高いサイト(ページ)を評価することを、「検索品質評価ガイドライン」にて公式に言及しています。

※検索品質評価ガイドラインは英語の資料のみ公開されています

コンテンツの内容はもちろんですが、「誰が」コンテンツを発信しているかもより重要になってきました。

例えば、「栄養」「レシピ」といったキーワードを対策したWebサイトを運営しているとしましょう。

このとき、Webサイト運営者やコンテンツ作成者が栄養士や調理師などの資格を持っていると、情報の説得力はより高まります。このように、専門性のある運営者・コンテンツ作成者によって発信されたコンテンツは、SEO評価が高くなる傾向があります。

記事内に対策キーワードを含める

記事内には対策キーワードや関連語、共起語を適度に含めるようにしましょう。

それぞれの言葉の意味を解説します。

対策キーワード

記事中にSEOでの上位表示を実現したいキーワード(対策キーワード)を含めることで、検索結果画面上で上位表示されやすくなります。

対策キーワードは記事のメインテーマの位置づけで、記事の軸となるキーワードのことです。

ユーザーが情報を調べるときに、どのような単語やフレーズを入力するかを想定して対策キーワードを決めます。

対策キーワードをタイトルや見出しに含めることで、対策キーワードに関するトピックを取り扱ったコンテンツであることをGoogleの検索エンジンに知らせることが可能です。

関連語

関連語とは、あるキーワードとその他の語句を組み合わせたキーワードのことです。

ユーザーが対策キーワードで検索する際に、あわせて入力して検索しうるキーワードを指すことが多いです。

例:対策キーワード「SEO」の関連語として、「SEO キーワード」「SEO ツール」など

ユーザーが対策キーワードを調べるときにどのような情報が欲しいのか、ニーズを知るための手がかりになります。

関連キーワードとは?SEO対策の基本と取得ツールについて解説

共起語

共起語とは、上位ページのテキストに共通して含まれており、対策キーワードとの結びつきが強いキーワードです。

共起語のSEO効果は?おすすめのツールや記事作成に活かす方法を解説

「共起」という言葉は「任意の文書や文において、ある文字列とある文字列が同時に出現すること」とあります。

引用:Weblio

例:対策キーワード「SEO」の共起語として、「Google」「ユーザー」など

これらのキーワードをタイトル・見出し・テキスト内に含めることで、記事が上位表示されやすくなります。

SEOキーワードの選出方法や優先順位の決め方について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

SEOキーワードはどのテーマから作る?優先度の付け方解説

タグを正しく設定する

SEOでの上位表示を狙う上でタグを正しく設定することは必要不可欠です。

メタタグを使うことでサイトの情報を検索エンジンに正しく伝えることができます。

また、Googleの公式見解としてSEO対策にはメタタグの設定が重要であることが明記されています。

  • 各ページに固有の正確なタイトルを付ける
  • メタ ディスクリプション タグを使用する
  • 見出しタグを使用して重要なテキストを強調する

(引用)Google検索セントラル『検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」にはSEO全般についての説明が記載されているので、SEOに取り組む際は必ず確認しましょう。

また、Googleがサポートしているメタタグは決まっており、それ以外は無視されるので注意しましょう。Googleがサポートしているメタタグについては、Google がサポートしているメタタグ」で詳しく説明されているため参考にしてください。

ここから、SEO対策において、特に重要な3つのタグについて解説します。

タイトルタグ

タイトルタグは、検索エンジンに対してどのようなWebページであるかを簡潔に伝える役割を担っています。

検索結果にも大きな文字で表示されるため、ユーザーが思わずクリックしたくなるタイトルを付けましょう。

分かりやすいタイトルにするポイントは、以下のとおりです。

  • 文字数は30〜35文字以内に収める
  • 対策キーワードを前半に入れる
  • 関係のないキーワードを含めない

タイトルの作り方や文字数について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
SEOに効果的なtitle(タイトル)タグの記述方法とは?
最適なタイトル文字数とは?SEOに効果的なタイトルの作り方を解説

メタディスクリプションタグ

メタディスクリプションタグは、Webページの内容を100文字程度で簡潔に説明した文章のことです。

検索結果の画面にタイトルと一緒に表示されるため、SEOにおいて重要な位置付けとなっています。

PC画面では90〜120文字程度、スマホ画面では70文字程度検索画面に表示されるため、テキストの前半に対策キーワードを含めるようにしましょう。タイトルを補う役割もあるため、タイトルに含められなかった関連語や共起語を含められないかも検討してみてください。

メタディスクリプションについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

meta descriptionとは?SEO効果や書き方、文字数を解説!
メタタグとは?SEO対策に重要なタグの種類や書き方を詳しく解説

見出しタグ(hタグ)

hタグとは、Webページ内の見出しを示すためのHTMLタグです。

hタグを使うことで、検索エンジンにWebページの構造を伝えることができます。

h1〜h6までの6つの種類のhタグがあり、数字が小さいhタグほど階層の高い見出しとなります。

h2の下にはh3を、h3の下にはh4のように設定し、h3の下にh5を設定することはありません。

hタグに対策キーワードを含めると、コンテンツ内容とキーワードの関連性をGoogleの検索エンジンに伝えられるため、SEO評価向上につながりやすいです。

見出しタグ(hタグ)について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

hタグとは?役割や記述方法を知って見出しタグを使いこなそう
h1タグとは?SEO効果と5つの使い方を解説

その他のタグの設定方法について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

SEOに効果的なHTMLタグのコーディング方法とは?

canonical(カノニカル)タグ

canonicalタグとは、内容の重複した複数のページのURLを正規化するためのHTMLタグです。

canonicalタグの目的は、「重複コンテンツの解消」「SEO評価(被リンク評価)を集約」の2つがあります。

例えば、「https://www.example.com/A/」「https://example.com/A/」の2つのページがある場合を考えます。「www.」の有無の違いだけでコンテンツの内容は全く同じです。また、被リンクを各URLでバラバラに受けています。

その場合、検索エンジンからは重複コンテンツがあるとみなされ、さらに被リンクの評価が分散されるため、検索エンジンからの評価が本来よりも低くなってしまいます。

そこでcanonicalタグを設定することにより、検索エンジンからは重複コンテンツではないと判断され、さらにバラバラに受けていた被リンクの評価も1つにまとまるため、検索エンジンから正しい評価を受けることができます。

canonicalタグについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

canonical(カノニカル)タグとは?SEOの関係性やURL正規化の定義を解説
やらなきゃ損!SEOで見落としがちなURLの正規化

読みやすさを意識する

記事の内容だけでなく、読みやすさも重要です。

文字だらけの記事では、読み飛ばしや離脱が発生しやすくなります。それにより、離脱率・直帰率・滞在時間などの指標のパフォーマンスが下がり、間接的にSEOに悪影響を及ぼすことも考えられます。もちろん内容は重要ですが、同時にユーザー体験を意識して装飾や図解を活用するなどして、記事の読みやすさの改善にも取り組みましょう。

読みやすい記事を作成するために気を付けるポイントは、以下のとおりです。

  • 論理が飛躍していないか(文脈が自然か)
  • 誤字脱字や日本語の誤用がないか
  • 記事内に画像が含まれているか
  • 改行位置が適切か
  • 目次があるか

PCとスマホの両方からWebサイトを確認し、「読みやすい」「見やすい」と感じるコンテンツを作成しましょう。

オリジナルコンテンツを含める

オリジナルコンテンツを記事内に含めることで競合記事と差別化することができ、SEOで上位表示されやすくなります。

競合記事だけを参考にして似たようなコンテンツを公開すると、重複コンテンツとみなされてSEO評価が下がりかねません。

「自社だからこそ提供できる情報」に焦点を当て、コンテンツに盛り込むことで競合記事とは違う価値をユーザーに提供できます。

例えばプロモニスタでは、『「SEO」で記事公開から2ヶ月で3位を達成するために行った7つのこと』というテーマで、プロモニスタの記事でSEO上位表示を達成するまで実際に行った施策内容や考え方を公開しています。

SEOで上位表示を狙うための施策について触れている記事は多く存在しますが、プロモニスタの事例を交えたオリジナルな内容を公開することで、自社ならではのコンテンツをユーザーに届けています。

自社が保有している資産・知識を活かしたユーザーにとって価値的なコンテンツを作成できる場合は、競合との差別化を図ることができます。

ユーザーにとって有益な情報が何かを突き詰めてコンテンツを作成しましょう。

SEO記事の書き方

SEO記事の書き方について、5つのステップに分けて解説します。

①記事のゴールを設計

まず、記事作成の前にゴール設計をしましょう。

記事を読んだユーザーにどんな状態になってほしいのかを設定してから、ゴール達成のために必要な要素を逆算していきます。

例:「SEO キーワード」というテーマの記事であれば、「SEOキーワードを選定する方法が分かる」をゴールとして設定

検索する前と記事を読んだ後で、ユーザーがどのように変化すればよいのかを考えてゴールを設計しましょう。

②上位表示している記事の調査

SEOで上位表示を狙いたいキーワードで既に上位表示している記事を調査しましょう。

  • タイトル
  • 見出し構成
  • 見出し内に記載されている内容の詳細
  • 挿入されている図表

などから、ユーザーの検索意図と、対象キーワードでGoogleの検索エンジンがどのような記事を評価しているかを把握します。

ウィルゲートが提供しているSEOツール「TACT SEO」の「上位表示分析」では、対象キーワードでの上位表示を目指す上でのさらに細かな内部対策項目や含めるべき関連語・共起語の調査が可能です。

TACT SEOの上位表示分析

参考:【2022年最新版】おすすめSEOツール・機能29選!無料~有料まで目的別に紹介

上位表示されている競合サイトの平均文字数やコラム度などの情報を取得できます。

実際にGoogleを使って上位表示されている競合サイトを1つ1つ見て分析してもよいですが、ツールを使うとより効率的かつ的確な分析が可能です。

③記事の構成案の作成

洗い出した要素をもとに記事の構成案を作成しましょう。

関連キーワードを調べるユーザーのニーズや競合サイトの内容から、必要な要素をピックアップします。

ゴールに向かって要素を組み立てて、ストーリーを設計することで構成が出来上がっていきます。

情報が羅列されているだけでは読みにくい文章になってしまい、納得感のないコンテンツになりかねません。

情報を出す順序や長さ、粒度などを考慮しながら構成案を作っていきます。

④記事の執筆

①〜③を行った後、ようやく記事の執筆を始めていきます。

SEOに関するさまざまなテクニックがありますが、コンテンツの充実度が大きくSEO評価に影響を与えます。

SEOライティングのポイントは、以下のとおりです。

  • キーワードに関連するテーマを豊富に掲載する
  • 最低限のマークアップをする
  • 代名詞を多用しない
  • 表現のゆれを意識する
  • 共起語を意識する
  • 狙っているキーワードで検索してくるユーザーの疑問に過不足なく応える
  • 冗長にならないようにする

ユーザーのためになるコンテンツに仕上がるように執筆を進めましょう。

※SEOライティングのポイントについてさらに詳しく知りたい方は、『SEOライティングの基礎と知っておくべき13のポイント』をお読みください。

⑤記事の入稿

記事を作成したら、WordpressなどのCMSを用いて入稿しましょう。

以下のことを意識し、視覚的に読みやすいコンテンツを目指します。

  • hタグの設定
  • 適度な改行
  • 画像の挿入
  • テキストの装飾

SEO記事を作成する際の注意点

SEO記事を作成するときに注意したい3つのことについて解説します。

重複コンテンツを公開しないようにする

同じドメイン内に重複している・類似しているページがある場合、Googleの検索エンジンからの評価が分散してしまうため、検索エンジンからの評価を集めるべき一番重要なページのURLを統一することが重要です。

『SEO対策で重複コンテンツを避けるべき理由は?対処法も併せて解説』

Googleの公式でも「重複コンテンツの作成を避ける」というページで、重複コンテンツがあるとユーザーが何度も同じコンテンツを見ることになり、利便性が下がることに言及しています。

もし、Webサイトの仕様などの都合でどうしても重複コンテンツを保有する必要がある場合は、canonicalタグやnoindexタグを設置して対策しましょう。

canonicalタグやnoindexタグについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

canonical(カノニカル)タグとは?SEOの関係性やURL正規化の定義を解説
noindexタグとは?SEO効果や設定方法、注意点について解説

キーワードを不自然に含めないようにする

SEO効果を狙って、不自然な文脈でキーワードを盛り込んだり、キーワードを大量に(数百~)盛り込んだりすると、Googleのガイドラインに反してペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

なぜなら、それはGoogleの目指す「ユーザーファースト」の理念に反するからです。

例えば、以下のように同じ単語や語句を不自然に繰り返すと読みにくく、適切なコンテンツと言えません。

当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース担当者まで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください。

(引用)Google検索セントラル「無関係なキーワード

文脈にあったキーワードを使い、情報として有用なコンテンツを作成することを意識しましょう。

定期的に記事をリライトする

記事を新規作成するだけではなく、既存記事をリライトすることでSEOの上位表示を目指すことも検討しましょう。

SEOにおけるリライトとは、検索エンジンの評価基準に則って、評価されるコンテンツに書き換えることです。

一度上位表示できた記事であっても、Googleのアルゴリズムのアップデートがあったりユーザーの求めるニーズが時代によって変わったりするため、順位が落ちることもあります。

日々変わる検索結果のトレンドを追いながら、検索エンジンに評価されるコンテンツであり続けなければなりません。検索順位が上がらない記事やクリック率の低い記事は、積極的にリライトして改善を図りましょう。

リライトについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

SEOのリライトとは?手順・記事の選定方法を解説

まとめ

本記事では、SEOに強い記事の特徴やSEO記事の書き方について解説しました。

検索結果画面で上位表示されるためには、検索エンジンに高く評価されるための要素(アルゴリズム)に則って記事を作成しましょう。

第一に考えるべきは、対策キーワードに対する検索ユーザーのニーズを正しく捉えて、有益な情報を提供することです。

SEOに強い記事を書くポイントを押さえられているかを改めて見直し、検索結果で上位表示される記事を作りましょう。

SEO対策をプロにお任せしたい方へ

👇サイトの全体戦略設計から分析までサポートします!お気軽にご相談ください👇

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket