コンテンツマーケティング
コンテンツとは?正しい意味、種類や目的、マーケティングでの実用例を初心者にもわかりやすく解説
2

こんにちは!株式会社ウィルゲートのプロモニスタ編集部の平嶋です!

今回は、「コンテンツ」について業界ごとの意味合いやマーケティングでの活用方法、そして弊社ウィルゲートのコンテンツ戦略まで、幅広く、そしてどっぷりとお話させていただきます!

 この記事でわかること

 ☑業界別の基本的な「コンテンツ」の定義
 ☑マーケティングでの「コンテンツ」の活用法
 ☑真似できるウィルゲートのコンテンツ戦略

ビジネスシーンからエンタメまで「コンテンツ」という言葉はよく使われているにもかかわらず、その意味を正しく把握している人はあまり多くないかと思います。

というのも広い意味で活用されるため、業界によって指すイメージが全く違っているケースも多いからです。

本記事では「コンテンツ」という言葉の業界ごとの意味から、ビジネスとして利用する際に具体的にどのようにして利用するのかまで、実際にウィルゲートの例を出しつつ皆さんにわかりやすくお話いたします!

どのサービスで悩みを解決しますか?

1『SEOコンサルティング』:サイト全体の戦略設計からプロが伴走
2『SEO内製化支援プラン』:正しいSEOの知識で内製化を実現
3『Webコンサルティング』:サイト改善によるCV創出で成果最大化
4『TACT SEO』:SEOの工数を90%削減できるツール
5『エディトル』:プロによる成果につながるSEO記事作成サービス

>>サービス一覧を見る!

 

コンテンツとは?基本の意味と定義をご紹介

コンテンツとは、ユーザーに提供される情報や価値のことを指します。ただひとえにコンテンツとは一つの媒体を示す言葉ではなく、テキストから画像、本、音声や動画まで多様な形式が存在しています。

また、デジタル大辞泉によると「教育や娯楽などのためにつくられる、さまざまな表現活動の内容。映像・音楽・書籍・コンピューターゲームなど」や「インターネットなどの情報サービスにおいて、提供される文書・音声・映像などの個々の情報。デジタルコンテンツ。」とも示されています。

業界ごとのコンテンツの意味とその使用例

コンテンツという言葉は幅広く利用されており、業界によってもその意味や使われ方が微妙に変わってきます。

よって、ここからはより深くコンテンツの意味を理解するために「業界によってどのような意味を持っているのか」「具体的にはどんな使用例があるのか」を紐解いていきたいと思います。

エンタメ業界でのコンテンツ

エンタメ業界における「コンテンツ」とは、娯楽や情報提供のために作成されたあらゆる種類の創作物を指します。具体的には、映画、テレビ番組、音楽、ビデオゲーム、舞台演劇、書籍、漫画、ポッドキャストなどが含まれています。これらのコンテンツは、視聴者や読者、リスナーに楽しみや情報を提供することを目的としています。

また、総務省の調査によると2021年時点のコンテンツの市場規模は12兆4719億円とのデータもあり、その市場規模は映画・ビデオ・ゲームをはじめとした映像系ソフトを中心に年々高い水準を保っています。

メディア・出版業界でのコンテンツ

メディア・出版業界における「コンテンツ」とは、読者に情報を届けることを主な目的としたあらゆる種類の書面およびデジタルの創作物を指します。具体的には、新聞記事、雑誌記事、書籍、電子書籍などが含まれています。

出版科学研究所によると、2023年時点の紙と電子を合算した出版市場1 兆 5,963 億円であり、内訳は、紙の出版が1兆612億円、電子出版が 5,351 億円と発表しています。現在、紙による出版は年々市場規模が減少傾向であるのに対し、電子コミックや電子書籍をはじめとする電子出版は好調ということが見受けられます。

広告・マーケティング業界でのコンテンツ

広告やマーケティング業界における「コンテンツ」とは、広告キャンペーンのために作成されるプロモーション素材のことを指します。具体的にはビデオ、画像、テキスト、バナーからブログ記事やSNS投稿、メールマガジンなどが含まれます。

アマナインサイトの新型コロナウイルスによるマーケターの意思決定に関する調査によると、2020年のコロナパンデミックにより、Web コンテンツへの投資が72%増加するとのデータも示しています。

IT・テクノロジー業界でのコンテンツ

IT・テクノロジー業界における「コンテンツ」とは、Webサイトやアプリケーション上で提供される情報、データ、マルチメディア素材のことを指しています。具体的にはDevOpsツールの最新機能紹介や、クラウドサービスの比較記事などの技術ブログや製品情報、ユーザープロファイル、取引履歴の保存などができるデータベースなどが含まれます。

教育業界でのコンテンツ

教育業界におけるコンテンツとは、教材、講義ビデオ、電子書籍、オンラインコースなど、学習や教育のための素材を指しています。具体例でいうと、オンライン英会話学習アプリや教育ゲームといった最新のものから、テキストブックやオンライン教材までが含まれます。

矢野経済研究所によると「2022年度のデジタル教育コンテンツ市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比11.1%増の632億円となった」と述べており、原因は経済産業省の「EdTech導入補助金」によるコンテンツ導入のハードル低減などが寄与したことだと述べています。

観光業界におけるコンテンツ

観光業界におけるコンテンツとは、旅行ガイド、観光地紹介ビデオ、体験プログラム、観光客に提供される情報や体験のことを示します。具体的には旅行ガイド記事をまとめたものやお勧めルート、パンフレットなどが該当します。

コンテンツの種類とその具体例

コンテンツもその用途や形式によって大きく分類することができます。今回は、

・デジタルコンテンツ

・webコンテンツ

・モバイルコンテンツ

・アナログコンテンツ

の4つのコンテンツ分類について説明していきます。

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツとは、劣化せず年数が経過しても劣化の心配がなく、データとして記録・保存が可能なコンテンツのことさしています。

具体例としては、電子書籍、オンラインビデオ、ポッドキャスト、デジタル写真、デジタル音楽などがあげられます。これらのメリットは更新が容易であったり、大量のデータを保存できるところにあります。

具体例としては、お気に入りの音楽をスマートフォンなどの携帯端末へダウンロードしてオフラインでも楽しむことができたり、電子書籍を購入し、いつでも電子端末から読書を楽しめることなどがあげられます。

Webコンテンツ

Webコンテンツとは、Webページ上で提供されるテキスト、画像、動画、インフォグラフィックなどの内容全般を指します。

これらのコンテンツは、基本的にインターネット上に存在しており、Webページを介して誰もが容易にアクセスすることが可能です。

例えば、企業が製品紹介の動画を自社サイトやYouTubeにアップロードし、ユーザーに視覚的に製品の魅力を伝える際に利用されたり、インフルエンサーがポッドキャストを通じて自身の価値観を発信することで、ファンを獲得できることなどがあげられます。

デジタル化が進む昨今、デジタルコンテンツの活用方法を理解することは、ビジネスでの成功や個人の情報発信力を高めるために非常に重要だといえるでしょう。

モバイルコンテンツ

モバイルコンテンツは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス向けに設計、最適化されたデジタルコンテンツを指します。

具体的には、モバイルアプリ、モバイルゲーム、メッセージアプリなどが挙げられます。これらのコンテンツは、モバイル端末の普及によりその重要性が飛躍的に高まりました。

スマートフォンで利用できる地図アプリや持ち歩いて勉強することができる英会話アプリ、いつでも写真を撮って投稿することができるSNSなどがあります。

これらのコンテンツのメリットとしては、いつでもアクセスできる携帯性にあり、ビジネスシーンでもメッセージチャットなどで頻繁に利用されています。

アナログコンテンツ

アナログコンテンツは従来の紙媒体のコンテンツを指し、書籍、雑誌、ポスター、フライヤーなどが含まれます。

昨今のデジタル時代においてもその価値は依然として高く、従来の新聞や雑誌はもちろん、特定のターゲット層に対してのアプローチとして販促目的での利用も行われています。

たとえば、地元イベントのポスターをコミュニティセンターや駅に掲示することで、地元民からの認知を高めたり、美容院や飲食店などの店舗ビジネスのオーナーがエリア内にチラシを投函するなどがあげられます。

最近では、あえて企業のブランドブックやカタログを配布し、ビジネスパートナーや顧客に企業の魅力を深く理解してもらう取り組みなども一部行われています。

Webコンテンツとデジタルコンテンツとの違い

Webコンテンツとデジタルコンテンツの違いとしては、まずアクセス方法が挙げられます。

Webコンテンツは主にインターネットブラウザを通じてアクセスされるのに対し、デジタルコンテンツはインターネットに限定されず、様々なデバイスやメディアを通じてアクセスされます。

形式と範囲においても、WebコンテンツはWeb技術を使用して作成され、主にインターネット上に存在するのに対し、デジタルコンテンツはより広範な範囲を持ち、あらゆるデジタル形式が含まれます。

さらに、配信方法においては、Webコンテンツは即時に公開・更新可能でリアルタイムでアクセスできるのに対し、デジタルコンテンツはダウンロードや物理メディアを介して配信されることがあります。

このように、Webコンテンツはデジタルコンテンツの一部であり、特定の技術と配信方法に特化しています。

コンテンツと一緒に知っておきたい関連語

ビジネス上でコンテンツを活用する際には、一緒に使われえる関連語も同時に理解しておく必要があります。

よってここからは、コンテンツと関連のある言葉の説明を行います。

コンテンツビジネス

コンテンツビジネスは、情報、エンターテインメント、教育など様々な形式のコンテンツを制作、配信、販売することをビジネスモデルとする分野です。

身近な例でいえば、noteを活用して記事を販売したり、Youtube上で動画の再生数を稼ぎ、広告収入を獲得するなどがあげられます。

その他にも、NetflixやAmazon prime video、Spotifyといった動画や音楽といったストリーミングサービスもコンテンツビジネスの一種です。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ターゲットに価値のあるコンテンツを提供し、見込み客を引き込み、関与を深めるマーケティング手法です。

具体的な手法としては、ブログ記事や電子書籍、ホワイトペーパー、動画、ポッドキャストなど多様なメディアを活用し、ユーザーの疑問や問題を解決する情報を提供します。

よく「コンテンツマーケティング=SEO対策」と誤解されることが多いです。コンテンツマーケティングとは、あくまでコンテンツを軸にマーケティングを行う手法を指しているため、SEO対策以外にもSNSでの発信やYoutube動画の作成・投稿なども含まれています。

コンテンツマーケティングについて詳しく知りたい方は下記の記事を確認してみてください。(想定読了時間5分)

コンテンツマーケティングとは?基礎知識や成功事例を紹介

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、記事を作成し、検索エンジンでの上位化させることで、流入を獲得する方法です。

今では多くの企業がマーケティング施策の一環として取り組んでいます。コンテンツSEOは、ただ記事を書くだけではなく、ユーザーの検索意図に沿った検索エンジンに評価される特殊な手法が必要になります。

その他にも、サイト被リンク評価といった総合的な評価によって成果が決まります。

コンテンツSEOについて詳しく知りたい方は、下記の記事を確認してみてください(想定読了時間5分)

コンテンツSEOとは?上位表示に有効な手法や成功事例を解説

コンテンツ制作

コンテンツ制作は、企画、設計、執筆、編集、視覚的要素の配置を通じて魅力的かつ効果的なコンテンツを作り出すプロセスのことを指しています。

具体的には、ブログの企画・執筆を行ったり、動画の企画と撮影、編集作業などが該当します。

現在では、コンテンツ制作全体を請け負う会社や事業も多く存在しています。

コンテンツクリエイター

コンテンツクリエイターは、テキスト、画像、動画などの形式でコンテンツ制作をする専門家を指しています。

具体的にコンテンツクリエイターに求められるスキルにはストーリーテリングやデザインスキル、動画編集スキルからSEOの知識まで幅広い技術が必要になります。

よって、彼らはひとえにコンテンツといえど、ブログ記事専門のライターやSNS運用に強みのあるクリエイター、動画編集者といったそれぞれの強みを持っていることが特徴です。

こういったスキルを駆使し、特定の業界で効果的なコンテンツ戦略を立案し実行することで、企業のマーケティング戦略における重要な役割を担っています。

実際に弊社も「合格率1%のテストを潜り抜けたプロのライターやエディターを活用したコンテンツ制作サービス」を展開しています。

コンテンツの制作に困っている方はぜひ下記のリンクからチェックしてみてください!

エディトル』:プロによる成果につながるSEO記事作成サービス

>>サービス一覧を見る!

キラーコンテンツ

キラーコンテンツとは、一度見たら忘れられない強い印象を残すコンテンツを指します。

このようなコンテンツは、その独自性や価値によって視聴者の心を掴み、他のチャンネルでも広く共有されることが多いです。

簡単な例を挙げると、日本観光でいえば「桜や富士山」、ゲーム業界でいえば「スーパーマリオやポケモン」が該当します。

このようなキラーコンテンツは、マーケティングにおいても有効であり、多くの人の興味関心を集め、集客を最大化することができます。

コンテンツが注目されている背景

2014年頃から、日本国内では「コンテンツ」をマーケティングに活用していく動きが強まり、これを「コンテンツマーケティング」と呼ぶようになりました。

今では多くの企業が自社でメディアを運用し、ソーシャルメディアでの発信も頻繁に行うようになり、私たちの生活はコンテンツによって認知・興味、そして購入を決めるようになりました。

ここからはコンテンツが注目されている背景について、実際の研究やデータをもとに紐解いていきます。 

顧客の購買行動の変化

コンテンツが注目されているその背景には、「顧客の購買行動の変化」が大きく影響しています。

アメリカのデータ分析会社CEB(現ガートナー)の研究によると、「購買プロセスの57%が営業担当者に会う前に完了している」という結果が出ています。

つまり、ほとんどの購買可否は情報収集段階で決められており、実際に営業パーソンを目の前にした際には、半分以上の検討は終了しているのです。

したがって、購買プロセスの早い段階で、役立つ情報を提供する記事コンテンツやホワイトペーパーによって顧客にアプローチしたり、ウェビナーやソーシャルメディアでコンテンツを届け、情報収集段階で目に留めてもらう努力が必要です。

このように顧客の情報収集が自立してきたことによって、自社情報をコンテンツとしていかに露出させることができるかが重要になってきました。

これこそコンテンツが注目されている背景の一つといえるでしょう。 

広告費の高騰

もう一つのコンテンツが注目されている背景には「広告費の高騰」があります。

Hubspot Japanが2023年に行った計732人の企業のマーケティング従事者への意識調査によると「広告費の高騰」に課題を感じている人は全体の62.3%との結果が出ています。

さらに「広告単価の上昇により広告以外のチャネルで見込み顧客の創出を迫られている」ことを課題だと回答した人の割合も全体の57%まで上りました。

つまり、マーケティングを広告のみに頼りきってしまうことに危機感を感じている企業が多いことがわかります。

こういった背景から、SEO対策に注力したり、ソーシャルメディアの運用を行うことによって、獲得単価を抑えつつ、見込み顧客の創出を狙っていく動きが強まっているのです。

企業がコンテンツをマーケティングに取り入れるメリット

コンテンツはターゲットに対して情報を届け、価値を提供することができます。

そして現在、多くの企業がマーケティングの戦略の一環としてコンテンツ発信を施策の一つとして取り入れています。

ここからは「企業がコンテンツをマーケティングに取り入れるメリット」についてお話していきます。

自社の認知や集客につなげられる

まず、メリットの一つ目は「自社の認知や集客へつなげられる」という点です。

コンテンツはユーザーに対して情報を届け、価値を提供するものです。

自社ブランドや商品に関する情報をコンテンツ化し、ターゲットに対して価値ある情報として発信することで、自然と認知や興味喚起、そして集客につなげることができます。

さらに、高単価商材や購入頻度が少ない商品であれば、コンテンツによってニーズがまだ発生していない潜在層へ継続的にアプローチすることが可能になります。

これによって、ニーズが顕在化した際に、自社ブランドや商品名を思い出してもらえる可能性が高まるのです。

このように、企業がコンテンツを発信することによって、ターゲットとの接触機会を増やすことができ、様々な方法で購買行動を促進させることができるのです。

自社に対するユーザーからの信頼度が上がる

ユーザーが求めている情報をコンテンツとして提供することで、自社に対するユーザーの信頼度を高めることにもつながります。

コンテンツを通じて業界の専門知識やトレンド、よくある課題への解決策を提供することで、ユーザーからの企業に対する信頼度を向上させることができます。

例えば、ホワイトペーパーで業界のトレンドを発信したり、事例記事などを執筆することで、読者はその情報を評価し、信頼を深めます。

特にBtoBマーケティングなどの単価が高い商品においては、取引の決定に大きな影響を与えます。

良いコンテンツは長期的な顧客関係の構築に非常に効果的で、企業のブランドイメージを強化する手助けとなるのです。

コンテンツが集客資産となり活躍してくれるから

一度作成したコンテンツは、継続的にターゲットを引き寄せる集客資産として活躍します。

たとえば、良質なブログ記事を執筆し、検索順位で1位をとれたとします。そうすれば、検索順位を落とさないための細かいメンテナンスを複数回行っていくだけで、

常にコンテンツに集客することができるようになります。

コンテンツと対局で語られるのが広告ですが、広告の場合、認知力やリーチ力はコンテンツに比べて強く、短期間で成果が出やすいものの、獲得のたびにコストが発生してしまいます。

それに対して、粘り強くコンテンツ発信ができれば、一度作ったコンテンツが永遠にターゲットを集客してくれるという集客資産を活用した状態を作り出すことができるのです。

マーケティングを成功に導くコンテンツ一覧

 ここで具体的に、マーケティングを成功に導くコンテンツを紹介していきます。

上記の図はOrbit Media StudiosのAndy Crestodina氏によって提唱された「コンテンツ周期表」です。

この周期表を確認することで、コンテンツの特徴とその効果を一目で確認することができます。

この周期表は

・周期表の上部に行けば行くほど、そのコンテンツは寿命が短い

・周期表の下部に行けば行くほど、そのコンテンツは寿命が長い

・周期表の左側に行けば行くほど、そのコンテンツは露出しやすい

・周期表の右側に行けば行くほど、そのコンテンツは露出しにくい

という構成になっています。

一つずつ解説していきます。 

SNS

SNSにおける投稿コンテンツの特徴はその拡散力です。一度投稿すれば、多くの人の目に留まりますし、人づてにシェアが生まれます。

しかしながらSNS投稿はタイムライン上で即座に流れてしまうので、コンテンツの寿命としては短いことも特徴の一つです。 

ブログ

ブログにおける記事コンテンツの特徴は、ユーザーに理解を促すことができる点です。自社に関連する情報を網羅できるため、自社に興味があるユーザーに商材理解やブランドの理解を促すことができます。

しかしながら、記事コンテンツの場合、流入経路がイメージできている必要があります。

検索エンジンからの流入を狙う場合、流入を獲得するために検索結果の上位に表示する必要があります。また、一度上位化できたとしても、それを維持するためのメンテナンスを徹底する必要があります。

ブログによるコンテンツは初期の企画や執筆、SEO対策の知識などが必須になります。

SEOコンサルティング』:サイト全体の戦略設計からプロが伴走

>>サービス一覧を見る!

ニュースレター・メールマガジン

ニュースレターやメールマガジンによるコンテンツは、自社に興味のあるユーザーへ定期的に情報を発信することができる効率的なチャネルです。

メールマガジンに登録するということは、いわゆる自社の見込み顧客として、リード登録されているということになります。

つまり、ある程度自社に興味があるユーザーに対してクローズドなコミュニケーションを生み出すことができるのです。

しかしながら、メールマガジンの成果は送付できるリスト数に左右されてしまいます。

よって、前段階の見込み顧客の獲得数(リード数)が少ないと、メールマガジンの効果も低くなります。

リード数が一定確保できない場合、リストが不足し、情報発信やリードナーチャリングが思うように進まず、最終的なコンバージョン率の向上が期待できません。 

ポッドキャスト

ポッドキャストをはじめとする音声コンテンツも今後、マーケティングでは重要になるでしょう。コンテンツの発信者のトーンが伝わりやすく、テキスト型のコンテンツよりも強力にユーザーへ作用します。

現に海外ではポッドキャストを活用したコンテンツ発信が盛んに行われています。

しかしながら、音声コンテンツであるため計測がしにくかったり、ユーザーに次の行動を喚起することが難しいことがデメリットとして挙げられます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーはユーザーのコンバージョンを生み出すためのコンテンツとして大変効果的です。

その領域の専門的な知識や、業務で使えるチェックリストなどをホワイトペーパーにすることで、ユーザーのフォーム入力のモチベーションを作り出すことができます。

これによって、見込み顧客の獲得(リード獲得)をより効率化を可能にします。

しかしながら、作成に時間と工数がかかることや、ブログ記事やソーシャルメディアなどのホワイトペーパーまで導線を作るコンテンツが不足している場合には成果が出にくくなってしまいます。

調査レポート

調査レポートは見込み顧客の獲得に大きく貢献するコンテンツです。

自社が調査の情報源となることで、多くの企業やターゲットから引用され、シェアされることが多くなります。

また、調査内容を一つに資料にまとめておけばダウンロードしたいユーザーを見込み顧客として獲得することも可能です。

しかし調査レポートの作成には時間とお金がかかるうえに、情報の集計やデータをもとにした考察など、作成がかなり困難を極めることがデメリットです。

事例コンテンツ

事例コンテンツは、主に自社商品へのニーズが顕在した層に対するコンテンツになります。

特にBtoBサービスをはじめとする高単価商材の場合、購入による損失リスクがどうしても購買判断の大きな障壁になってしまいます。

そこで、事例コンテンツを配信することで、ある程度購入によるリスクを軽減させることができ、購入判断を後押しすることができるのです。

プレスリリース

プレスリリースはユーザーの認知と興味喚起に効果的なコンテンツです。

主に新商品の発売や新機能のリリースといった、会社の情報が更新された際に発信されるのが一般的です。

通常、自社のWebサイトを更新するだけではターゲットユーザーに知ってもらうことは困難です。よって、プレスリリースを打つことによって認知を加速させ、興味喚起を行います。

動画

動画はコンテンツの中でも、膨大な情報を提供することに強みがあります。

近年ではYouTubeを活用したコンテンツ発信や、TikTokを使ったショート動画での発信がトレンドです。

視覚的な情報でストレスなく、かつ膨大な情報を伝達することができるため、近年のマーケティングのチャネルとして注目され始めています。

しかしながら、動画は制作に時間と工数がかかってしまったり、キャストが退職してしまうことで継続が難しくなるなどのデメリットが一定存在しています。

ランディングページ

ランディングページは、自社の商品を理解してもらい、問い合わせ・購入してもらうことに特化したコンテンツです。

Web広告やブログから流入したユーザーが見るページで、商品の紹介や他社にない強みなど売り上げを上げるために重要な役割を担うコンテンツです。 

ウェビナー

ウェビナーはオンライン上で1対多数に対して講義形式で情報を提供するコンテンツです。

見込み顧客の購入確度を高める目的で開催され、自社サービスの機能やスペックといった顕在層に向けた情報から、BtoBマーケティングやSEO対策のナレッジなどを発信しています。

しかしながら、企画や準備に重い工数が発生してしまうなどデメリットもあります。効果的な実施のためにはリソースの適切な配分と計画的なアプローチが必要です。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは、記事の内容などをわかりやすく画像化したものを指しています。

またインフォグラフィックは、視覚的に訴求しやすく、かつ様々なコンテンツに埋め込みやすいためマーケティングには欠かせない効果的なコンテンツです。

書籍

最後に、書籍を紹介します。

このコンテンツは主に、著者の権威を高めることができます。さらに、デジタル上のコンテンツではリーチできない層にも効果的にアプローチできます。

しかしながら、ご存じの通り書籍を出版するためには時間もお金もかかりますし、何よりコントロールできない要因が多く存在するため、再現性が高い施策とは言えないことが難点です。 

マーケティングにおけるコンテンツの活用事例(ウィルゲートの事例)

マーケティングにおいて、コンテンツは顧客との関係を構築し、ビジネスの成長を促進するために不可欠です。

例えば、深い知見をまとめた記事を発信することでターゲット顧客に専門知識を提供し、信頼を得ることができます。

また、購買意欲を高めるために、具体例や成功事例を含むコンテンツを提供することで、顧客エンゲージメントを向上させることも可能です。

このような戦略を用いることで、効果的なマーケティング活動を実現し、長期的な顧客育成が可能となります。

ここからはコンテンツの活用事例を、弊社ウィルゲートの実際の施策をもとにお話ししていきます。

自社や商品の認知と見込み顧客の獲得

まず、自社ブランドやサービスを認知してもらい、見込み顧客の獲得のために行っている施策をご紹介します。

ブログ・記事コンテンツ:プロモニスタ

弊社ウィルゲートは自社メディアとして「プロモ二スタ」を運営しています。

主に基幹事業であるSEO(検索エンジン最適化)に関する知識を発信しているメディアです。

特に「SEO」や「SEO対策」といったビックキーワードで1位を獲得しており、SEOに関する知識は業界でもトップクラスといえるでしょう。

さらに、ホワイトペーパーも各種充実しています。

近年Web業界で注目されている生成AIについても、いち早くキャッチアップし「生成AI×SEO対策」に関するホワイトペーパーを作成しています。

どのサービスで悩みを解決しますか?

1『SEOコンサルティング』:サイト全体の戦略設計からプロが伴走
2『SEO内製化支援プラン』:正しいSEOの知識で内製化を実現
3『Webコンサルティング』:サイト改善によるCV創出で成果最大化
4『TACT SEO』:SEOの工数を90%削減できるツール
5『エディトル』:プロによる成果につながるSEO記事作成サービス

>>サービス一覧を見る!

 

SNSでのコンテンツ:ソーシャルセリング

ウィルゲートはSNSの運用にも注力しており、主にX(旧Twitter)とFaceBookに注力したコンテンツ発信を行っています。

特に弊社の専務吉岡は、現在

・X(旧Twitter)フォロワー約5万人(@seoamigo

・FaceBook友達 約1万人以上

と幅広いネットワークを形成しています。

書籍ウィルゲート 逆境から生まれたチーム

弊社は2012年に書籍も出版しています。

代表の小島と専務の吉岡の2人が学生ベンチャーとして起業してから、従業員数200名以上になるまでの成長物語を綴っています。

「お金では買えない貴重な体験!」「読むと、勇気をもらえます!」といったうれしい声もいただいています。

ウィルゲート 逆境から生まれたチーム 

動画コンテンツ:(Youtube)びじおたチャンネル 

弊社の専務吉岡は動画コンテンツの発信にも取り組んでいます。

YouTube上で「ビジネスおたくチャンネル」を運用し、専務吉岡が中心となり、勢いのある社長や役員の方をお呼びしてビジネスの極意をお話いただくというチャンネルです。

 

見込み顧客の育成

自社ブランドやサービスに興味を持ったのち、即問い合わせや購入に進むユーザーはとんどいません。よってマーケティングでは「見込み顧客の育成」というプロセスが必須になります。

例えば、具体的なサービス事例や自社の開催するウェビナーのお誘い、キャンペーンの案内などのコンテンツを継続して配信し続けることで、より見込み顧客の関心を引くことができ、製品への信頼感を高めます。

特に、BtoB業界のような単価が高かったり、購入頻度があまり高くない商品は見込み顧客の育成(ナーチャリング)が売上を作っていくうえで重要なポイントになります。

メールマガジン:ウィルゲートのメールマガジン

ウィルゲートではメールマガジンも運用しています。

主にキャンペーンや機能リリースのお知らせや専務吉岡が中心となって開催しているウェビナーへの集客メールを配信しています。

継続的なメールマガジンの配布によって、見込み顧客とのコミュニケーションを実現しています。

ウェビナー:専務吉岡のSEO対策セミナー

ウェビナーはウィルゲートの一つの強みでもあります。

2020年のコロナウイルスの流行によって、オフラインのマーケティング施策が一切とまってしまったことを機に、ウェビナー施策に注力をはじめました。

徐々に集客やアポを獲得できるようになり、今では年間15,000人を集客し、毎月1,000万円の新規受注を生み出すまでに成長しました。

SEO対策に関するナレッジを中心に、オウンドメディア戦略やBtoBマーケティングなど幅広いテーマを深堀しつつお話しています。

定期的に開催しているので、興味のある方はぜひ下記リンクからご応募ください!

ーーー

【無料】セミナー情報はこちら

ーーー

また、ウィルゲートのウェビナーノウハウをインストールするコンサルティングサービスも提供しています。

・リードは獲得できるけどなかなか商談化しない

・ウェビナーからうまく商談化できない

・リードナーチャリングの体制を整えたい

という方はぜひ一度、無料相談してみませんか? 

ホワイトペーパー:AI時代のSEO攻略ガイド

弊社はホワイトペーパーの作成にも力を入れています。

SEO対策で使えるチェックリストや、AI×SEOの時流に乗った最新のホワイトペーパーを用意しています。

これらのホワイトペーパーは、SEO対策に課題がある業務担当者やこれからオウンドメディアに投資していきたいと考えている経営層のニーズに刺さるコンテンツとなっています。

・SEO対策をこれから始めていきたい

・コンテンツ作成をAIを使ってより円滑にしていきたい

と考えている方はぜひ下記のリンクから資料をダウンロードしてみてください。

ーーーーーーーーー

【無料】工数をかけずに検索1位を狙う!AI時代のSEO攻略ガイド【完全版】

 

【無料】コンテンツマーケティングを効率化したい方必見! ChatGPT活用ガイド含む厳選資料3点セット

 

【無料】コンサルタントのノウハウを凝縮!SEO対策チェックリスト

ーーーーーーーーー

事例コンテンツ

先ほど紹介したプロモ二スタの中で、実際にサービスを検討してくださっている人に向けた「事例コンテンツ」も充実させています。

ウィルゲートは複数事業を運営しており、それぞれに事例記事を作成しています。

・SEOコンサルティング

初めてのSEO対策で10位以内キーワードが50個以上増加!コンサルタントとの伴走で着実に積み上げた成果

・SEOツール「TACT SEO」

大手の参入で落ち込んだ検索順位が1位に返り咲き、売上4倍を記録。「TACT SEO」活用+SEO内製化支援プランを導入し、コロナ禍で競争激化した副業マーケットで成果を出した事例

・ライターチームの構築「EDITORU」

経験豊富な編集者とタッグを組み、月40本×2年間で960記事達成、セッション数が約50倍に!

・ソーシャルセリング

X(旧Twitter)支援コンサルティングを導入し、4か月で5000フォロワー超を獲得。競合ひしめく転職人材マーケットで「経営者アカウント」を再び成長軌道に乗せた事例

ユーザーにとって良質なコンテンツの定義とは

良質なコンテンツが重要なことや、マーケティングでは重要な立ち位置を占めることは理解できたかと思います。

しかし、具体的に良質なコンテンツとは何を指すのでしょうか。ここからはそんな良質なコンテンツを理解するためのヒントをお話します。

オリジナル性が高い情報がある

オリジナル性の高いコンテンツは、ユーザーに新たな視点や情報を提供し、唯一無二の価値をもたらします。

例えば競争の激しい業界では、同様の情報が多く存在します。その中で、オリジナルの研究データや独自の見解、専門家のインタビューなどを用いることで、他のコンテンツとの差別化を図ることができます。

具体的には、ビジネス向けのブログで自社の成功事例、最新の業界トレンドなどが該当します。これにより、コンテンツとその関連する商品が、ユーザーにとって一層価値あるものとなります。

ターゲットが知りたい情報が提供される

顧客が知りたい情報を提供することは、良質なコンテンツの前提条件といえるでしょう。ターゲットのニーズを深く理解し、的確に応えるコンテンツを制作しましょう。そしてそのためには「誰に」「どんなコンテンツを」「どのように届けるか」の3点の解像度を高める必要があります。

例えば、企業のSEO担当者に向けたコンテンツとしては、初心者がつまづき易いキーワード選定のポイントを記事として発信したり、記事の企画に使えるテンプレート資料をメールマガジンで配布するなどが効果的です。

このように、「誰に」「どんなコンテンツを」「どのようにして届けたいか」の解像度を上げることが、ターゲットが知りたい情報を提供できる質の高いコンテンツの発信につながるのです。

常にプラスアルファな情報提供がされている

良質なコンテンツは一般的な情報にとどまらず、常にプラスアルファな情報が提供されていることが重要です。

具体例として、「SEOとは?」というキーワードで執筆した記事に、一般的なSEOの定義を説明するコンテンツに加えて、よくある質問や失敗してしまう典型的な例などのユーザーに寄り添ったコンテンツが追加されていることが重要です。

これにより、ユーザーはより情報を自分ゴト化しやすくなり、行動に移しやすくなります。

こうした工夫が施されたコンテンツは、ターゲットが選択を行う上での最良の指針となり、表現力の高い訴求が可能となります。

SNSで拡散したいと思える情報がある

現代のデジタルマーケティングにおいて、SNSでの拡散は非常に重要な役割を占めています。

というのも、人々は友人や信頼する個人からの情報を重視する傾向が強く、これがコンテンツの拡散力に大きな影響を与えているのです。

そして、拡散されるコンテンツというのは「人々の心を動かすコンテンツ」です。単なる売り込みや商品紹介ではなく、ユーザーの課題や感情に寄り添った内容を中心としたコンテンツを作成しましょう。

たとえば、共感を呼ぶストーリーや役立つ情報、感動的なエピソードなどが効果的です。

これらのコンテンツは視聴者に価値を提供し、心を動かすことで、シェアされやすいという傾向があります。

良質なコンテンツを作るためのポイント

ここまで良質なコンテンツの定義についてお話してきました。

ここからは実際にコンテンツを作るためのポイントについてお話します。

ターゲットの課題の解像度を高める

見込み顧客が抱える課題を明確に理解することは、コンテンツの質を高めるために欠かせません。

具体的な課題やニーズを把握するためには、ユーザーインタビューやアンケート、データ分析が有効です。特にマーケティング担当者やコンテンツ制作を担当するクリエイターにとってこのプロセスは必要不可欠といえるでしょう。

インタビューやアンケートを通して、ターゲットが自社サービスに期待していることや解決したいと思っている課題を明確にし、課題に対する解像度を高めていきましょう。

ターゲットの課題に対して解決策となるコンテンツを作る

ターゲットの課題に対して解決策となるコンテンツは、一種の良質なコンテンツといえるでしょう。

例えば、経理に関するSaaSツールを提供している企業であれば、自社商品の紹介や機能説明といったコンテンツだけでなく、「委託販売の請求書の書き方」や「インボイス制度の合わせて社内規定を見直す際のポイント」といったターゲットの課題に対する解決策になるコンテンツの発信が重要です。

またこれらのコンテンツを、事例記事やホワイトペーパー、SNS投稿として広めていくことで、より多くのユーザーへコンテンツを届けることも重要です。

ニーズを喚起できる着地を用意できているか

ユーザーにとって価値ある情報を発信するだけでは、最終的に自社の売り上げにつなげることはできません。

よって、必ずユーザーを次のアクションへ移させること、いわゆるCV(コンバージョン)を生み出す工夫が必要になります。

例えば、研修サービスを提供する企業が「新人研修のコツ」というブログを執筆したとしますその際に、記事の中で「新人研修にお困りの方は弊社にお任せください!」といった文言と自社のサービスページへのリンクを設置することで、本当に新人研修に困っている人を自社の見込み顧客として獲得することができるのです。

このように、コンテンツはただ発信するだけでなく必ずその「着地」も用意しておく必要があるのです。

ーーーーーーーーーーー

Webコンサルティング』:サイト改善によるCV創出で成果最大化

>>サービス一覧を見る!

ーーーーーーーーーーー

公開したあとの効果測定を欠かさない

コンテンツを公開した後の効果測定を欠かしてはいけません。

測定は、次回以降のコンテンツを改善するために必要なフィードバックになります。

クリック率やコンバージョン率、ユーザーの滞在時間などの主要な指標を観察し、サイト全体のパフォーマンスを評価しましょう。

特に作成したコンテンツや施策がターゲットに刺さったかどうかを判断するうえでは、効果測定は大変重要になります。

優れたコンテンツを提供するためには、これらの測定結果をもとにした改善が不可欠です。

検索エンジンにとって良質なコンテンツとは

ここからは、弊社の主力事業でもあるSEO(検索エンジン最適化)を軸に「検索エンジンにとって良質なコンテンツとは?」というテーマでお話ができればと思います。

SEOは多くの企業が取り組んでいるにも関わらず、日々更新されるアップデートや理解が難しいアルゴリズムなどによって、そのナレッジが不透明です。

そのため、間違った認識のまま対策を進めてしまい、時間と工数をかけてもなかなか結果につながらないということも多々あります。

今回は、これからSEOに取り組む人にとっても、今SEOに取り組んでいるけれどなかなか成果が出ない人にとっても重要な「正しいSEO対策の方法」も併せてお話します。

E-E-A-T

検索エンジンに好まれるコンテンツは、E-E-A-T(専門性、権威、信頼性、経験)が重要視されます。

一つ一つお話していきます。まず専門性とは、その分野で高度な専門知識を持つことを意味し、通常SEO上では「その分野での知識やアドバイスがどれくらい多いのか」で判断されます。いわゆる、関連するキーワードの網羅性が見られています。

次に権威です。発信者の有力な情報源としての認知度を示しています。最近立ち上げたブログサイトと10年近く運営されているブログサイトでは情報の有力さに差があります。つまり、その発信者は有力なのかどうかがみられているのです。

信頼性は、ページの正確性や誠実性、安全性を見られています。またこの信頼性は専門性、権威性、経験の3つの要素をもとに判断されるため、信頼性単体を高めることはできません。

虚偽の情報を述べていたり、商品を売るためだけに作成した非SSL接続(HTTP通信)のページなどは対象になるでしょう。

最後に経験です。経験はユーザーが実際にその発信者の実体験のことを指しています。

例えば、「SNSマーケティングの手法大全」という記事を作成するとした際に、SNS運用を始めて1年の人と5年の人とでは、経験の差から記事の質に大きな差が生まれるのではないでしょうか。

このようにコンテンツの発信者自身の体験がちゃんと入っているか、そしてその体験は記事の質をちゃんと高めるものになっているかが評価基準になります。

これらのE-E-A-Tの要素を総合的に備えたコンテンツが検索結果で上位に表示するために必要な情報になります。

ユーザーの検索意図を満たしている

ユーザーが検索エンジンを使う際、何かしらの課題を解決できそうな情報を求めています。

したがって、コンテンツはユーザーの検索意図に的確に応えるものでなければなりません。そして検索意図を満たすためには、検索キーワードをもとにした入念なリサーチが不可欠です。

例として、狙いたいキーワードの関連キーワードを確認し、一緒に検索されているキーワードは何があるかを確認するなどの方法があります。

ユーザーの検索意図を理解しなければ、検索エンジンにもユーザーにとっても質の高いコンテンツを作成することはできません。

必ず、記事を執筆する前にはユーザーの検索意図を明確にしましょう。このように、ユーザーの検索意図を満たした質の高いコンテンツがどうかを判断する指標を「コンテンツ評価」といいます。

TACTのCTA

弊社も効率的に関連キーワードを抽出し、検索意図を確認できるツールを開発しています。

30秒で無料登録が可能なのでぜひとも弊社の「TACT SEO」を試してみてください。

TACT SEO』:SEOの工数を90%削減できるツール

>>サービス一覧を見る!

適切なサイト内の構造でストレスを感じさせない

記事を更新し続けると、どうしてもサイト内の構造が複雑になってしまいます。

常に、サイト内のユーザーは情報を迅速に探したいと考えています。そのため、適切にカテゴリー分け、リンクの設置などを活用して情報を整理し、必要な情報にアクセスできる仕組みを整えることが重要です。これを「内部対策」と呼びます。

ユーザーが必要な情報に素早くアクセスできるということは、サイトとしても質が高いということを指し示すので、自然と検索エンジンからの評価も高まります。

コンテンツの質だけでなく、コンテンツへのアクセスのしやすさという点も考慮しておくべきです。

サイト自体が信頼されている

良質なコンテンツを作成するだけでなく、Webサイト全体の信頼性を確保することも重要です。

信頼されるWebサイトかどうかを判断する代表的な評価基準として「被リンク評価」というものがあります。

これは、その他の信頼されるWebサイトからの被リンクが多いか否かを評価する指標です。

以前の検索エンジンは、この被リンク評価を重要視して評価する傾向が根強くありました。現在はある程度緩和されたものの、いまだに企業サイトなどの被リンク評価が高まりやすいサイトが上位に表示される傾向は残っています。

それほどに検索エンジンはサイトの信頼性を重要視しているのです。

記事コンテンツ制作の流れをわかりやすく解説

ここまでSEO(検索エンジン最適化)を軸に「検索エンジンにとっての良質なコンテンツ」を発信してきました。ここからは実際に、記事コンテンツを制作していくプロセスについてお話していきます。

企画

記事コンテンツ制作の初めのステップは企画です。

対策キーワードを選定する

まずは狙いたいターゲットを思い浮かべ、彼らのニーズを詳細に理解することが不可欠です。

例えば、SEO対策でうまく成果が出せずにいる担当者は、SEO対策に関するナレッジやポイント、コツなどを求めているでしょう。よって、「SEO対策 コツ」「SEO対策 やり方」などのキーワードで検索するでしょう。このようにして、どのキーワードを対策していくべきかを明確にします。

その後、GoogleキーワードプランナーやAhrefsなどのSEOツールを活用して、「狙いたいキーワードはどれくらいの見込みがあるのか」を見ていきます。

ここでよくある間違えが「検索ボリュームの多いキーワードから対策する」というものです。

検索ボリュームが多いキーワードはビッグキーワードといわれ、先述した被リンク評価が高いサイトや、すでにしっかりとSEO対策をやり切ったサイトが上位ページを占めている可能性が高いです。

つまり、自社サイトの成熟度やサイトの評価などを鑑みず、いきなりビッグキーワードを狙ったとしても、なかなか上位化できずいたずらに工数と時間がたってしまいます。

対策キーワードの選定で間違ってしまうと、この後の記事作成の工程がすべて台無しなってしまうため、慎重に取り組んでいきましょう。

ターゲットに刺さる見出し構成を作成する

次に、記事の見出し構成を作成する作業に移ります。ターゲットに刺さる記事を作るためには、すでに上位に表示されている記事をよく観察することが大切です。

上位表示されているということは、そのキーワードの検索意図に応えられている記事ということを示しています。すでに評価されている記事をもとに見出しを構成することで、自身のサイトもより評価されるサイトに近づけることができるのです。

ただ上位表示されている記事を丸パクリするのは検索エンジンからの評価を逆に落としかねないので注意する必要があります。

加えて見出し構成では、H1からH6までを論理的かつ階層的に組み立てることで、読者がスムーズに内容を把握できるよう配慮しましょう。必ず同じ粒度の見出しは同じタグでそろえることを意識していきましょう。

執筆

次に、実際の記事コンテンツの執筆に移ります。

記事コンテンツを執筆する

記事コンテンツを執筆する際は、関連キーワードを本文中に含めることを意識しましょう。

関連キーワードとは、狙いたいキーワードと一緒に検索されているキーワードのことを示しています。つまり、本文中に関連キーワードが含まれる記事とは、ユーザーが求めている情報をしっかりと網羅できている記事であるということを示しています。

関連キーワードを本文中に含め、ユーザーの検索ニーズをより多く満たす記事を作成していきましょう。

ただ注意点としては、関連キーワードはただ含めるのではなく「キーワードに紐づく情報」も一緒に入れましょう。やみくもにキーワードを本文に入れ込んだとしても、あくまで検索エンジンやユーザーはコンテンツを評価しているため、意味の通らない低品質な記事になってしまいます。

監修する

執筆が完了したら、初心者でも効果的なコンテンツ制作を行うために監修を必ず行いましょう。

専門家に記事をチェックしてもらい、内容の正確性を保証できればベストです。

加えて、作成した本文が読みやすい構成になっているかや、ターゲットに適したトーンやニュアンスになっているか確認することが重要です。

監修によって最終的な品質チェックを行うことで、ユーザー体験を最大化させることができます。

リライト

最後に、リライトについてお話します。実はSEOにおいて最も上位表示に影響をあたえるのが「リライト」です。

その手法をしっかりと理解し、成果につながるリライトを行っていきましょう。

効果測定を行う

Google AnalyticsやSearch Consoleなどの主要な分析ツールを活用し、公開した記事コンテンツのパフォーマンスを詳細に測定しましょう。

具体的には、表示順位、ページビュー、滞在時間、コンバージョン率などの重要な指標を追い、それらのデータから改善点を見出します。

また自社サイトの数字だけでなく、競合サイトの状況も同時に観測できるとよいです。競合サイトが獲得できていて、自社が獲得できていないキーワードや、順位が負けてしまっているキーワードなど、次の対策のめども立ちやすくなります。

課題をもとに、コンテンツの追加を行う

記事を作成したのちにリライトを行いましょう。リライトのポイントは、「削除はせずにコンテンツを追加し続けること」です。

リライトでよくある失敗が、「評価されていないと思って複数見出しを消したら、より順位が悪化してしまって、流入数がなくなってしまった」というものです。

コンテンツ自体を消して、再度コンテンツの内容を刷新してしまうと、評価対象のコンテンツ自体を消しかねません。

リライトは必ず「ユーザーに求められているコンテンツを追加していく」ことを意識しておきましょう。

これからは「AI活用×コンテンツ」がトレンドに

最後に、今後のコンテンツのトレンドについてお話します。

これからは「AI活用×コンテンツ」がトレンドになっていくと想定しています。

AI×コンテンツの利用例コンテンツの企画・アイデア出しに活用

AI技術は、コンテンツの企画やアイデア出しの際に大変便利なツールです。

AIは膨大なデータを分析し、トレンドや消費者の関心を特定することができます。これにより、市場のニーズに合ったテーマを見つけることができ、コンテンツの企画・作成がより容易になっていくでしょう。

さらに、AIは過去の成功事例を学習し、似たような成功する可能性の高いアイデアを提案することも可能です。

例えば、人気の記事コンテンツや動画の内容を分析し、似たようなコンテンツを生成するためのヒントを得ることも可能です。

このように、AIを活用することで、コンテンツの質と効率を大幅に向上させることができます。

また、「perplexity」など情報の収集や検索に最適なAIツールも続々リリースされているため、試して見るのもよいかもしれません。

AI×コンテンツ利用例②記事コンテンツに活用

AIは記事コンテンツの作成においても多岐にわたる役割を果たします。

例えば、Chat GPTを活用すれば、自動で記事を生成したり、文章の校正・修正を行うことができます。これによって、時間のかかる面倒な記事作成や修正の時間を大幅に削減することができます。

また、AIは大量のデータを短時間で処理し、重要な情報を抽出して文章にまとめる能力があります。

つまり、記事を執筆するうえでの事前調査をまとめる手間も省くことができ、短い時間で質にこだわったコンテンツを作成することも可能です。

ただ1点注意するべきなのは、「必ず最後は人の目でコンテンツを確認すること」です。

あくまでAIが生成した文章なので、中には情報が古いものや間違っているものも混在しています。必ず最後には人の目を通して最終確認するようにしましょう。

AI×コンテンツ利用例③画像・動画生成に活用

画像や動画の生成においても、AIは革新的なツールとして利用されています。

その勢いは止まらず、あの「お~いお茶」で有名な伊藤園のCMがAIで生成されたという記事が世間をにぎわせました。

近年、Chat GPTはChat GPT 4-oというタイプに成長し、高品質な画像や動画を自動生成できるようになりました。プロモーション用の動画を作成する際に、AIがシナリオを基に映像を編集・生成することで、制作時間とコストを大幅に削減することができます。

また、画像の加工や修正もAIが得意とする分野です。

Chat GPTGeminiをはじめとするAIは、写真の修正や背景の変更、さらには新しいアートワークの生成など、クリエイティブな作業をサポートする役割も担うことができます。このように、AIはビジュアルコンテンツの制作をより迅速かつ効率的に行う手助けをします。

AI×コンテンツ利用例④音楽の生成に活用

音楽の生成においても、AIは革新的な役割を果たしています。

AIは膨大な音楽データを学習し、新しい楽曲を自動で作曲することができます。

例えば、特定のジャンルやムードに合ったバックグラウンドミュージックを生成することで、動画制作やゲーム開発のプロセスを支援します。

さらに、AIは特定のアーティストのスタイルを模倣して新曲を作成することも可能です。

これにより、音楽プロデューサーや作曲家は、創作のインスピレーションを得たり、新しい音楽のアイデアを探索する手助けを受けることができます。

AIを活用することで、音楽制作の可能性が広がり、より多様で創造的な音楽が生まれることが期待されています。 

マーケティングではコンテンツの作成が重要!

マーケティングの根本は「ユーザーとのコミュニケーション」です。

そしてコミュニケーションを生み出すためには、ユーザーとの接点を持つことが必要になります。コンテンツはそんな「ユーザーとのコミュニケーションの接点」になりうるといえるでしょう。

私たちも実生活で、いきなり道端で営業をかけられたり、突然押し売りをされると嫌悪感を感じてしまいます。

だからこそ、企業はマーケティングにコンテンツを取り入れ、少しずつ安心感や信頼を感じてもらうことが重要になります。

質の高いコンテンツの作成と、それをターゲットに届ける経路を考え抜くことが重要なのではないでしょうか?

 ウィルゲートの実際のSEO対策の事例

最後に、弊社ウィルゲートのSEO対策の支援事例を複数ご紹介します。

ウィルゲートでは、実際にサービスを導入していただいたお客様からの声と共に、施策に至った背景や内容をサイトに掲載させていただいております。

記事内では、その中からピックアップしてご紹介いたします。

支援事例1:SBI損保株式会社様(損害保険事業を営む会社様)

抱えていた課題

競合他社と比べて、サイトのコンテンツ量が充実していない

実際に行った施策内容

外部編集サービス「EditorU(エディトル)」を導入し、毎月1~5本程度のコラム記事の執筆を開始。

重要ワードの網羅性とサイト内の内容の重複などの内部施策・外部施策・コンテンツ施策の3軸における課題を一つ一つ根気強く改善。

得られた成果

「自動車保険」に検索ワード単体で最高1位を獲得。

トラフィック率も114%、コンバージョン(自動車保険見積り開始)は123%に増加。

「自動車保険」のビッグワード検索で最高1位も獲得!「エディトル」「TACT SEO」を活用しながら、コンサルタントと二人三脚でマーケティング部門を強化している事例 

支援事例2:経験豊富な編集者とタッグを組み、月40本×2年間で960記事達成、セッション数が約50倍に!|株式会社KG情報様 

抱えていた課題

社内のリソースだけで毎月投稿できる記事本数が少なく、全くセッションが稼げない状況。

実際に行った施策内容

外部編集サービス「EditorU(エディトル)」を導入し、毎月40本ペースで記事を公開

得られた成果

検索順位の1位を獲得した記事が230本、全体の7割以上(960本中700本)が上位10位以内へのランクインを達成。

2名の編集者で毎月40記事、2年間で960記事を作成し、エディトル導入後のセッション数は45倍まで成長。

経験豊富な編集者とタッグを組み、月40本×2年間で960記事達成、セッション数が約50倍に! 

支援事例3 : TACT SEOとSEO内製化支援プランを導入し、施策開始4ヶ月でセッション数10倍増を達成。人員リソースがなくても「AIとの二人三脚」で内製化を図れた事例|社会人サークル「ロアフレンド」様

抱えていた課題

大きな予算をかけられないので広告出稿の代替手段としてSEO対策を実施したい。

実際に行った施策内容

SEOツール「TACT SEO内製化支援プラン」を活用し、記事コンテンツの企画と作成を効率化。

記事企画から作成までを効率化しつつ、SEO対策の内製化を推進。

得られた成果

施策開始翌月から約1000セッション増加。

その後も毎月3000セッションずつ伸びていき、最終的に1万セッション獲得を達成。

施策開始4か月でセッション数約10倍にまで成長。

支援事例4: ツール導入後2ヶ月でUU数160%アップ SEO未経験者含む8名が4ヶ月間で520本のリライトを実現!| 株式会社WonderSpace

抱えていた課題

2021年5月以降指輪関連の記事の総PVが大幅に下がったことを受けて、記事の上位表示・流入拡大を目的にした大幅なリライト施策の実施。

実際に行った施策内容

SEOツール「TACT SEO」を活用し、同サイト内での内容の重複、リンク切れ、内部リンクの品質、重要なキーワードの数、共起語などの観点からリライトを実施。

得られた成果

TACT SEO導入後2ヶ月で、ユニークユーザー数157%UP、PV数161%UP。

また、Googleのアップデートの影響で順位が50位以下まで落ちていた主要記事が10位以内に回復、約520本の記事の平均順位が最大9位上昇。

\SEOのお悩みはウィルゲートにご相談ください/

• ⾃分なりに改善したがSEO成果があがらない
• 方針を考えたいがどう分析していいのかわからない
• 費用を抑えて内製でコンテンツマーケティングを推進したい
• 自社の体制にあった形で記事作成を外部に依頼したい

ウィルゲートは社内の時間を抑えてアウトソースしたい会社から、できる限り費用を抑えて社内でコンテンツSEOを推進したい会社までSEOを中心としたコンテンツマーケティングをご支援しています。

無料でのご相談も承りますので、お気軽にお問合せください。

アバター
プロモニスタ編集者
  • Facebook
  • Twitter
ページトップ