SEOで重要なドメインパワーとは?チェック方法や上げ方を解説

342

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

「ドメインパワーという言葉とよく聞くけどどのような指標なの?」

「ドメインパワーを調べる方法はあるの?」

このような疑問を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ドメインパワーはサイトの信頼性、引用数を示すスコアのことを指し、Googleの検索上位を目指すために重要な指標となっています。ドメインパワーが不足していると、ドメインパワーの強いサイトよりも検索上位を獲得しにくくなります。

ドメインパワーは簡単に上げられるものではありませんが、地道な取り組みによって向上させることができます。

本記事ではドメインパワーとは何か、ドメインパワーの上げ方を紹介します。

ドメインパワーの計測におすすめのツールも紹介するので、サイト運営にお役立てください。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、Googleの検索エンジンからみたWebサイトの信頼性のことです。

Googleは様々な指標をもとに検索順位を決定していますが、なかでもドメインパワーは重要な指標の一つとなっています。

より多くのアクセスを集めるためには、ドメインパワーの強化が重要になります。

ドメインパワーを強化するSEO観点のメリット

ドメインパワーを強化すると、SEOにおいて以下のメリットが生まれます。

  • 検索結果で上位表示されやすくなる
  • インデックスされやすくなる

ドメインパワーの強化はWebサイトのアクセス増加につながります。

それぞれのメリットについて解説します。

検索結果で上位表示されやすくなる

ドメインパワーを強化することで、検索結果で上位表示されやすくなり、サイトへの流入数の増加が期待できます。

ドメインパワーは検索順位を決める際の評価項目の一つです。そのため、ドメインパワーが強いほど検索結果上で上位表示されやすくなり、検索流入経由のアクセスが増加します。

ドメインパワーが強いWebサイトはGoogleからの信頼性が高く、ユーザーにとって価値のあるコンテンツだと判断されやすくなります。

例えば全く同じコンテンツをドメインパワーが強いサイトと弱いサイトで公開した場合、ドメインパワーが強いサイトの方が上位表示されやすくなります。

検索上位に表示されるとアクセス数が増えるため、ドメインパワーを上げることでサイトの流入数を増やすことができます。

インデックスされやすくなる

ドメインパワーを強化することで、検索結果にも早く表示されるようになります。

Googleの検索順位は下記の処理を行って決定されます。

  1. 検索エンジンロボット(クローラー)の巡回:クロール
  2. データベースへの保存:インデックス
  3. 数百ものアルゴリズムによるサイト評価

検索結果に表示されるためには、まずクロールされることが必要です。

ただし、世界で毎日膨大な数のページが公開されており、ドメインパワーの弱いサイトではクローラーの巡回に時間がかかってしまいます。

検索エンジンのクローラーはドメインパワーの強いサイトを優先的に巡回するため、インデックスされやすくなります。検索エンジンから迅速に評価を得て、検索結果にいち早く表示されるようになります。

▼インデックスについて詳しく知りたい方はこちら

インデックス(index)とは?確認方法とSEO評価を解説

ドメインパワーが得られるまでの期間

ドメインパワーは簡単に上げられるものではなく、明確に「これをすれば○か月でドメインパワーが強くなる」という指標はありません。

ある程度時間をかけて、地道にドメインパワーを上げるための施策を実施し続けることが重要です。

ドメインパワーを高める方法

ではどのようにしてドメインパワーを強化すると良いのでしょうか。

ドメインパワーの向上は、主に次の方法があります。

  • 良質な被リンクを獲得する
  • 定期的に高品質なコンテンツを公開する
  • サイトを長く運営し続ける

上記の方法はいずれか一つに絞って実施するのではなく、全て実施し続けることが重要です。

それぞれの方法について解説します。

良質な被リンクを獲得する

良いサイトはWeb上でのサイテーション(引用、言及)が増えるため、被リンクが多くなります。

そのため良質な被リンクが集まれば集まるほど、Googleに「このサイトは信頼性が高く、役に立つと評価されているコンテンツだ」と認識されて、ドメインパワーが強くなります。

ただし”良質な被リンク”という点が重要なポイントです。

売買された被リンクやリンク設置目的のサイトからの被リンクが集まるサイトは、悪質なリンクの多いサイトとみなされ、反対にペナルティを受ける可能性があります。

「良質な被リンク数が何本あればドメインパワーが○上がる」といった基準はありません。品質の高いコンテンツを作成し、ユーザーがリンクを貼りやすいようSNSボタンを設置するなど、ユーザーの利便性を高めることに労力を割くようにしましょう。

▼被リンク獲得について詳しく知りたい方はこちら

上位化を狙うための外部施策、何する?施策内容を徹底解説

定期的に高品質なコンテンツを公開する

高品質なコンテンツを公開し続けることで、Googleから評価に値するドメインとして認められ、ドメインパワーを強化することができます。

たとえ被リンクが多く、クローラーの巡回頻度が高いWebサイトでも、低品質なコンテンツばかりだとかえってマイナスの評価を受ける可能性が高いです。

高品質なコンテンツとは下記のようなコンテンツのことを指します。

  • 情報の正確性・最新性が高いコンテンツ
  • 難解な物事をわかりやすく解説したコンテンツ
  • 独自の調査などそのサイトでしか入手できないコンテンツ

上記はあくまで一例ですが、ユーザーに便利なサイトと認識してもらうことが重要です。そのためにユーザーのことを第一に考え、高品質なコンテンツを定期的に投稿するように心がけてください。

サイトを長く運営し続ける

ドメインパワーはサイトの運営年数も重要な要素となっています。

サイトを長く運営し続けるとドメインパワーも上がります。

ただし、単に年数の長いサイトであるだけでなく、先述の「質の高いコンテンツの定期更新」を継続することが重要です。

コンテンツの新規公開・修正・更新などを全く行わず、ただWebサイトが存在している古いだけのサイトではドメインパワーが上がりません。

運営年数も明確に”何年”といった基準はありませんが、地道に質の高いコンテンツの投稿・更新を継続することが重要です。

ドメインパワーをチェックする方法

ドメインパワーはチェックツールで調べることができます。

チェックツールは無料ツール・有料ツール、ドメインパワー以外の測定機能を備えたツールなど、様々な種類があります。

自社サイトだけでなく、競合サイトのドメインパワーを測定したいときなどでも活用できるので、サイトの規模や用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

ただし、各ツールで算出されたドメインパワーはそれぞれのツール独自に算出されたものです。

異なるツール間での比較ができないので、使うツールは1種類に限定するようにしてください。

無料ツール

サイトの立ち上げから間もない場合、ドメインパワーのチェックには無料ツールがおすすめです。

有料ツールの場合はドメインパワー以外にもチェックできるポイントが多くなりますが、立ち上げから間もないサイトの場合は機能を持て余してしまう可能性があります。

無料ツールは使用できる機能が限定されている分、使い方もシンプルで初心者にも扱いやすいです。

無料ツールには次の2つのツールがおすすめです。

  • パワーランクチェックツール
  • Moz

それぞれのツールの特徴を紹介します。

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールは会員登録不要でドメインパワーを数値化できるツールです。

下記の手順でドメインパワーを測定できます。

  1. パワーランクチェックツールにアクセスする
  2. ドメインの検索窓に測定したいURLを入力する
  3. 「チェック」ボタンをクリックする

以上で下記の情報を取得できます。

  • パワーランク
    • ドメインパワーに該当するスコア。100点満点で表示。
  • WHOIS情報(取得日)
    • サイトのドメインの取得日。サイトの運営年数に該当する。
  • Wayback Machine(最古データ)
    • ページのアーカイブを見られる「Wayback Machine」のリンク。アーカイブが残る一番古いページを閲覧できる。アーカイブが残っている場合は指定した日付のページも閲覧可能。

例えばAmazonをパワーランクチェックツールにかけた場合、パワーランク97.1と表示されます(2022年1月17日時点)。100点満点なので、Amazonのパワーランクは非常に高いことがわかります。

ただしパワーランクチェックツールはアカウント未登録の場合、測定は1日1回に限られています。

無料アカウント登録とメルマガ登録をすることで、1日3回まで上限が引き上げられます。

競合サイトの調査などに活用したい場合はアカウント登録をしましょう。

▼パワーランクチェックツールはこちら

パワーランクチェックツール

Moz

Moz

Moz(モズ)はアカウント登録が必要ですが、ドメインパワーに加えて、実際の被リンク数やランキングしているキーワード数まで調べることができます。

情報の質が高く、パワーランクチェックツールよりも深い分析が可能です。

主に次のスコアを測定できます。

  • ドメインオーソリティ
    • ドメインパワーに相当。
  • ルートドメインのリンク
  • ランキングキーワード
  • スパムスコア

上記以外にもどんなKWDで流入を獲得しているか、どんなサイトからリンクを獲得しているかなど、細かい情報まで確認できます。

同じくAmazonをドメイン分析にかけた際は、ドメインオーソリティ94、ルートドメインのリンク832.5Kと表示されます(2022年1月17日時点)。

被リンク数が非常に多く、ドメインパワーも非常に高いことがわかります。

Mozは会員登録の手間がありますが、分析頻度が高い人におすすめのツールです。

▼Mozはこちら

Moz

有料ツール

有料ツールは無料ツールに比べて調査できる項目が多く、情報の精度も高いため、中規模〜大規模のサイト運営をしている人におすすめです。

有料ツールでおすすめのチェックツールは次の2種類です。

  • ahrefs
  • Rank Tracker

月額料金はプランによって異なるため、用途やサイト規模に合ったものを選ぶようにしてください。

ahrefs

ahrefs

ahrefs(エイエイチレフス)は、自社サイトだけでなく競合調査に非常に便利なチェックツールです。

検索バーに調査したいURLを入力するだけで、下記のような情報を取得できます。

  • UR
    • URL Rankに該当し、ページ単位のパワーをスコア化したもの。
  • DR
    • ドメインパワーに相当し、100点満点で算出。
  • Backlinks
    • 被リンク数。
  • Refering domains
    • リンクを貼っているドメインの数。
  • Organic keywords
    • 検索結果画面から流入した際のKWDの種類。
  • Organic traffic
    • 自然検索で流入した月間の想定トラフィック数。

上記はスコア化されたマクロの数値で、詳細画面ではそれぞれ細かなミクロのデータを確認できます。

サブドメインを含むドメイン単位の測定だけでなく、URL単位での測定も可能です。

自社サイトだけでなく、競合はどんなページでリンクを獲得しているか、自然検索ではどんなキーワードでの流入が多いのかなども調査できます。SEOの分析において非常に便利なツールです。

運営年数が長くなり、ページ数も増え、競合分析をもとにしたSEO対策を本格化したいという方におすすめのツールです。

月額料金は利用できる検索回数などに応じて、99ドル〜999ドルまでの複数のプラン展開となっています。

個人での利用の場合は、99ドルのライトプランがおすすめです。年払いの場合は月当たり82ドルまで割引されるため、長期利用を検討している方は年払いを選択しましょう(2022年1月17日時点)。

▼ahrefsはこちら

ahrefs

Rank Tracker

Rank Tracker

Rank Trackerは被リンク調査だけでなく、SEO対策にも活用できるツールです。

登録したKWDの検索順位を定点で測定してくれる機能や、登録したキーワードをグループごとに管理できる「キーワードマップ」の機能など、SEO順位チェックツールとしての機能性が高いです。

自社サイトのURLを入力することで、テーマ性や流入キーワードが似ている競合サイトを抽出し、サイトの特徴の違いを比較できる「ドメインの競合他社」ツールが特徴で、自社サイトや競合サイトの強み・弱みを調べることができます。

「ページInLinkランク」「ドメインInLinkランク」などで、ドメインパワーもスコア化でき、競合と自社サイトを比較できます。

Rank Trackerは無料プランもありますが、個人向けには検索回数制限のない299ドル/年のプロフェッショナルプランがおすすめです(2022年1月17日時点)。

定点でSEOのモニタリング調査を行いたいという方にはRank Trackerがおすすめです。

▼Rank Trackerはこちら

Rank Tracker

ドメインパワーを高める際の注意点

ドメインパワーを強化する際は下記の点に注意してください。

  • 中古ドメインは使わない
  • ドメイン変更する際は、正しく移行する

注意点を守らないと、ドメインパワーが狙った通り上がらなくなる恐れがあります。

中古ドメインは使わない

被リンクを強化する際、中古ドメインは使用しないようにしてください。

中古ドメインはドメインの取得年数が古い上に、貼られている被リンクも多いために高いドメインパワーを得やすいように思えます。

しかし先述した通り、定期的な更新がない古いだけのサイトは意味がありません。

また、中古ドメインは良い・悪いに関わらず過去運用していた際に獲得した被リンクやサイトの評価を引き継ぎます。そのため、中古ドメインによっては、過去運用していた際に獲得したサイトのテーマと関係のない膨大な被リンクが増える・過去運用した際に受けた悪いサイト評価(ペナルティ含む)も引き継ぐ、などの事態が起こりえます。それによって、中古ドメインを使用して新しくサイトを運営し始めたとしても、Googleからのサイト評価が落ちてしまう恐れがあります。

あらかじめ高いドメインパワーを得られるため、中古ドメインの売買が活発に行われています。しかし中古ドメインの選び方によっては、新規で取得したドメインに比べてドメインパワーが上がりにくくなってしまう可能性もあります。これからサイトを立ち上げようと考えている方は、できるだけ自身でドメインを取得するようにしてください。

ドメイン変更する際は、正しく移行する

Googleはドメイン単位でWebサイトを評価しています。

途中でドメインを変更してしまうと、サイト立ち上げから培ったSEO評価がリセットされてしまい、ゼロの状態からSEO評価を得なおす必要が生じます。

ドメイン評価も引き継ぐために、ドメインを変更する際はそれぞれのページに301リダイレクト設定をする必要があります。

少し手間がかかりますが、正しく設定しないとまた0からサイト運営をしなければならないため、正しく移行するように注意してください。

▼301リダイレクト設定について詳しく知りたい方はこちら

301リダイレクトとは?行うべき理由や設定方法、注意点を徹底解説

まとめ

本記事ではドメインパワーについて解説しました。

ドメインパワーはSEO評価を高めるうえで非常に重要な指標です。

高品質なコンテンツを長い間投稿し続け、ユーザーを第一に考えたサイト運営を継続することがドメインパワー強化に重要です。

ドメインパワーは無料ツール・有料ツールどちらでも調べることができます。

サイト立ち上げ直後は無料ツールで計測し続け、競合調査などが必要になったタイミングで有料ツールの契約を検討するのがおすすめです。

本記事を参考にドメインパワーの値を競合に近付け、検索上位獲得を目指しましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

SEO対策をプロにお任せしたい方へ

👇サイトの全体戦略設計から分析までサポートします!お気軽にご相談ください👇

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。