SEOのリライトとは?手順・記事の選定方法を解説

4134

SEO対策を実施する中で、過去作成し上位表示できていたコンテンツの順位が下落してしまうことがあります。

検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しているため、一度コンテンツを上位表示できたからといって、その順位がキープされるとは限りません。そのため、SEO対策において、上位表示されるコンテンツの傾向を随時調査し、評価の高いコンテンツに書き変えていく「リライト」を実施することが重要です。

本記事では、SEOにおいてリライトが重要である理由や、実際にリライトする際の記事の選び方・手順・注意点について解説します。既存のコンテンツが伸び悩んでいる方は、是非ご覧ください。

SEOのリライトとは?

リライトという言葉自体の定義は、「ある文章を目的に合わせて書き直すこと」を意味しています。しかしながら、ただ「読みやすい表現に書き換える」「わかりやすいように内容を付け足して補足する」だけだと、SEOにおけるリライトとは言えません。

SEOにおけるリライトとは、「検索エンジンの評価基準に則って、評価されるコンテンツに書き換えること」を意味します。

▼SEOで評価されるコンテンツについて詳しく知りたい方はこちら

https://www.willgate.co.jp/promonista/seo-how-to-start-it/

https://www.willgate.co.jp/promonista/contentseo-merit-step/

SEO対策においてリライトが重要である理由

SEO対策においてリライトが重要である理由は、記事を公開した後も継続して検索結果で上位表示されるコンテンツの傾向を調査し、評価の高いコンテンツに書き変えていく必要があるためです。

Googleが公式に出している様々な発表から予測するに、Googleアルゴリズムには数百の要素があると言われています。Googleはそれらの要素に日々細かな変更を加えており、その中にはパンダアップデートやペンギンアップデートのような大規模なものから、微調整レベルの小さなアップデートまで様々なアルゴリズム変更が存在します。

Googleのアルゴリズムが日々変化しているため、記事が一度上位表示したからと言って、それが永久に継続するわけではありません。その時々の検索結果のトレンドを随時追いながら、検索エンジンに評価されるコンテンツに改良していく必要があります。

新規コンテンツを作成するだけでなく、過去のコンテンツを定期的に「メンテナンス」する必要があるのです。

https://www.willgate.co.jp/promonista/google-algorithm/

SEOでリライトすべき記事の選び方

SEOでリライトする記事を選ぶ際、確認すべき指標は下記2つです。

①検索順位

②CTR(クリック率)

CTR(クリック率)は、ユーザーの検索結果に表示されたコンテンツがクリックされた割合を指します。クリック数や表示回数はGoogle Search Consoleの「検索結果」にて確認できます。

▼CTRの計算式

CTR(%)=クリック数÷表示回数(×100)

上記2つの指標を踏まえて、対策すべき記事は下記です。

検索順位が伸び悩んでいる記事

検索順位が高いほどユーザーの目に触れやすいものの、上位化していない記事を片っ端からリライトしていくのは非現実的です。そのため、優先順位をつけて対策することが重要です。

特に優先順位が高いのは、検索順位6〜20位前後の「あと一歩でクリック率が高い5位以内に上位表示する」または「あと一歩で1ページ目に上位表示する」記事群です。

これらの記事群は、検索エンジンから評価を受けているものの、「最もユーザーの目に触れる順位に上位表示させるにはあと一歩決め手に欠ける」と判断されているものです。そのため、競合記事と比較し、足りないコンテンツやキーワードを加えるなど、少しの改良で上位に食い込めるポテンシャルを持っています。

CTRが低い記事

CTRが低い記事は、検索結果の画面に表示されているタイトル・ディスクリプションの訴求力が弱いことが考えられます。

2019年に米国のSEO専門家であるBrian Dean氏が行った調査結果によると、自然検索の順位ごとのCTRは下記表のような数値でした。
たとえ上位表示されていたとしても、下記表のCTRと比較して大きく下回る場合は、検索結果に表示される要素(タイトル・ディスクリプション)に改善余地がある可能性が高いです。

引用:https://backlinko.com/google-ctr-stats

▼キーワード選定についてより詳しく知りたい方はこちら

https://www.willgate.co.jp/promonista/seo-kwdchoice/

SEO対策でリライトする際の3STEP

SEO対策におけるリライトは、3STEPで実施します。

STEP1:リライトする記事を選定する

まずはリライトを実施する記事を選定します。

先ほど解説した記事の選び方を参考に、リライト対象の記事を選びましょう。

選定した記事をどれから着手すべきかの優先度は、キーワードの検索ボリュームを加味して決めましょう。キーワードの検索ボリュームが多いほど、上位表示した時の流入増加が見込めます。

STEP2:リライトする記事を分析する

リライト対象記事の分析について説明する前に、検索エンジンがどのようなコンテンツを評価する傾向にあるかを理解しておきましょう。

SEOで上位表示するために必要な項目は、重要度の高い順に以下のように分けられます。

①コンテンツ評価が高い

②被リンク評価が高い

③Googleガイドラインに則ったコーディング

検索エンジンはこれらの項目を総合的に評価しています。それぞれの項目に対して、適切な施策を実施することが重要です。

リライトによって改良されるのは、主に最も重要度の高い①のコンテンツ評価の部分です。

実際にコンテンツ評価を高めようとした際、「どこをどのようにリライトすればSEO評価が高まるのか」を分析し、改善すべき点を確実に対策する必要があります。

手動での調査だと、対策キーワードで実際に検索して、上位表示されている記事との差分を地道に見ていく必要がありますが、対策キーワードが多いほど手間がかかってしまいます。そのため、ツールを活用して分析を実施するのがおすすめです。

「TACT SEO」の「上位表示分析」機能を用いると、対策キーワードで上位表示されている競合ページと自サイトのページを分析することができます。対策キーワードを入力するだけで、不足している関連語・共起語、内部リンクなど、実施すべき内部対策項目が簡単に調査できるため、調査にかかる時間を大幅に削減することが可能です。

STEP3:リライトを実施する

対象の記事を選んだら、実際にリライトを進めましょう。

ここでは、リライトにおいて特に重要な、コンテンツ評価を高めるための要素を解説します。

タイトルや見出しに対策キーワードを含むように変更する

タイトルや見出しに対策キーワードを含めましょう。

タイトルタグ・見出しタグ(hタグ)はSEO対策において重要なタグで、記事の内容や構造を検索エンジンに正しく伝える役割を持っています。

タイトル・見出しに対策キーワードを含めることで、記事のテーマと内容の関連性を検索エンジンに伝えることができ、SEO評価の向上に繋がります。

内容を簡潔にまとめたディスクリプションを設定する

ディスクリプションは、ユーザーが「このページに自分が知りたいことが載っているか」を判断する重要な材料です。

直接的なSEO効果はないものの、内容を端的に示したメタディスクリプションを設定することで、クリック率を高める効果が期待できます。

競合が含んでいるキーワード・要素を含むように変更する

STEP2で調査した、競合記事は含んでいるが自社記事が含んでいないキーワード・要素を記事内に含めましょう。

記事内に既にある要素の中に、含めるべきキーワードが入れられそうであれば、その箇所へのキーワード追加・表現の言い換えのみの変更で済むこともあります。記事内に入れられそうな箇所がない場合、要素として足りていない可能性が高いので、コンテンツを追加する必要があります。

十分な文字数にする

上位表示されている競合記事が何文字なのかは、上位表示されるために必要な記事のボリュームの目安になります。

上位表示されている競合記事と比較して、文字数があまりに少ない場合は、必要な要素が抜けている可能性があるので、足りない要素がないか、見比べてみるのがおすすめです。

「TACT SEO」の上位表示分析では、対策キーワードで上位表示している競合記事の平均文字数を簡単に取得できます。

自社オリジナルのコンテンツを含められないか検討する

コンテンツの質が高くなればなるほど、検索エンジンに評価される可能性が高まります。

自社で開催しているセミナーの資料や顧客事例、独自調査の結果など、「このサイトならでは」の情報は競合記事にはない武器になります。コンテンツの質が上がると検索エンジンからの評価も高まるので、記事内容にマッチするオリジナルコンテンツがある場合は、盛り込むことができないかを検討してみましょう。

注意点は、自社のオリジナルコンテンツを記事内に含めようとするあまり、ユーザーから見て不自然な含め方になってしまう可能性があることです。リライトの本来の目的は、オリジナルコンテンツの追加ではなく、ユーザーの検索意図に沿った価値の高いコンテンツに改善することなので注意しましょう。

内部リンクを設定する

関連性の高い記事に発リンクしましょう。内部リンク対策は、①のコンテンツ評価を向上させるためではなく、③のGoogleガイドラインに則ったコーディングの対策項目です。

対策キーワードと関連性が高いページへの発リンクを増やすことで、クローラビリティが向上します。検索エンジンのクローラーはリンクを辿ってページを巡回するため、内部リンクを増やすとクローラーが巡回しやすくなります。それによって、検索エンジンにページを認識してもらえるまでの時間を短縮することができるため、より早く、ページの内容を検索エンジンに伝えることができます。

対策キーワードとの関連性が高く、ユーザーにとって有益なページには積極的に発リンクしましょう。

SEOでリライトする際の注意点

リライトの基本は加筆修正です。基本的に元記事の内容の削除はせず、加筆する形で修正を行いましょう。

理由としては、元記事の内容を安易に削ってしまうと、元記事で評価されていた部分まで削除してしまい、かえって評価を落としてしまうリスクがあるためです。

テーマと関係性がない・情報に誤りがあるなどの場合を除き、元記事の内容は残し、新たな要素を加えるという方法で修正するのがベターです。

構成の順序を変更するのは問題ないので、文脈が不自然で読みづらい場合は、要素を入れ替えてよりわかりやすい内容にできないかを検討してみましょう。

SEOのリライト実施後は効果計測をしよう

記事のリライトが完了したら、得たい成果が出ているかどうか効果計測しましょう。

キーワードによりますが、リライト実施後、早ければ数週間で上位化するケースもあります。リライトが完了し、記事を公開したタイミングと同時に、効果計測体制も整備しておくのがおすすめです。

記事の効果計測で見るべき最重要指標は検索順位です。一般的に検索順位が上がれば流入も増加する傾向があるので、セッションやPVも併せて計測しましょう。

「TACT SEO」にキーワードを登録しておくと、検索順位を計測することができます。登録後の任意の期間で検索順位を取得したり、順位の推移をグラフで見たりすることができるため、報告資料を作成する際にも便利です。

セッション・PVはGoogle公式ツールの「Google Analytics」で計測可能です。対象の記事群のみに絞ったレポートを作成できる「カスタムレポート」機能を活用し、専用のレポートを作るのもおすすめです。

まとめ

本記事では、SEOにおいてリライトが重要である理由や、実際にリライトする際の記事の選び方・手順・注意点について解説しました。

Googleのアルゴリズムは常に変化しています。検索上位をキープし続けるためには、記事を作成して終わりではなく、常にアルゴリズムアップデートの動向をチェックし、検索エンジンに評価されるコンテンツに改良していくことが重要です。

検索トレンドに沿ったコンテンツはサイトの資産になります。サイトの流入が伸び悩んでいる担当者の方は、是非リライトの実施を検討してみてください。

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

 

 

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。