ビジョンアップデートとは?ローカル検索やSEOとの関係性を解説

136

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

ビジョンアップデートとは、呼び方が異なる地名でもユーザーに最適化した検索結果を表示させることを目的にした、Googleのアルゴリズムアップデートです。

2014年からビジョンアップデートの適用が開始され、現在は自然検索結果とローカル検索のアルゴリズムが統合されています。

本記事では、ビジョンアップデートの概要やアップデートの変更点、ベニスアップデートとの違いについて解説します。

「ビジョンアップデートのことがよくわからない」

「ビジョンアップデートとベニスアップデートの違いを教えてほしい」

このような疑問・要望がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

ピジョンアップデートとは?

ビジョンアップデートとは、呼称が異なる施設名や地名でもユーザーに最適化した検索結果を表示させることを目的にした、Googleのアルゴリズムアップデートです。

例えば、「スターバックスコーヒー」と「スタバ」は異なる呼称ですが、言葉の意味やユーザーが求める検索ニーズは一緒です。求めるニーズは同じなのに、それぞれのキーワードで異なる検索結果が表示されたらユーザーは困惑してしまいます。

そのような困惑を防ぐために、Googleはビジョンアップデートを実施しました。ビジョンアップデートが実施された後は、「スターバックス」と「スタバ」のどちらのキーワードで検索しても、同じ検索結果が表示されるようになっています。

ではビジョンアップデートがどのように始まったのか見ていきましょう。

ビジョンアップデートは、2014年7月に英語圏の国や地域にのみ適応が開始されました。その後、自然検索結果とローカル検索のアルゴリズムが統合されたのです。

補足ですがローカル検索結果とは、ユーザーが検索行動を行った位置をもとに返される検索結果のことです。ビジョンアップデートと合わせてこちらも覚えておきましょう。

現在は日本でもビジョンアップデートが適用されています。

マイナーではあるものの、検索結果に大きな影響を与えるアップデートの1つなので、SEO担当者や店舗・施設の運営者の方はしっかり理解しておきましょう。

ピジョンアップデートの変更点

ビジョンアップデートの変更点についてまとめました。

  • 通常検索と7パックの変更
  • 地名表記の微妙な違いを検出

それぞれどのような影響を与えるのか、変更点を詳しく解説します。

通常検索と7パックの変更

7パックとは、地名を含む検索で表示される地図形式の検索結果のことです。検索した際に、7箇所の店舗や施設の情報が表示されることから7パックと呼ばれるようになりました。

7パックにおけるピジョンアップデートでは、以下のポイントが変更されました。

  • 表示される7パックの枠の数が3つほどに減る、または表示されない
  • 7パックと通常の検索結果画面両方に表示されていた場合、重複状態が解消され、いずれかのみに表示される

▼「表参道 カフェ」で検索した際の現在の検索結果画面

「表参道 カフェ」で検索した際の現在の検索結果画面

地名表記の微妙な違いの検出

続いての変更点は、「地名表記の微妙な違いの検出」です。

例えば、「三茶」と「三軒茶屋」は検索クエリは異なるものの、同じ地名です。ビジョンアップデートによって、実際に検索すると同じ検索結果が返されるようになっています。

「三茶」で検索した際の検索結果画面

「三軒茶屋」で検索した際の検索結果画面

もう一つ例を挙げると、複合キーワードで「伊達市」と打った場合です。ビジョンアップデート以前の検索エンジンは、伊達市が北海道と福島県に同じ市が存在するため、どちらのエリアを指しているのか判断できませんでした。

しかし、ベニスアップデートによって、ユーザーの位置から推測して的確に検索結果を返せるようになっています。

つまり、ユーザーにとって一番関連のあるサイト・コンテンツが表示されるということです。

ベニスアップデートとの違い

ビジョンアップデートと混同される言葉で「ベニスアップデート」があります。名称は異なりますが、どちらも地名や地域に関係するアップデートです。

ベニスアップデートとは、ユーザーが検索行動をとった位置情報を活かして、最適な検索結果を表示させることを目的にしたGoogleのアルゴリズムアップデートのことです。

例えば、表参道で「カフェ」と検索すると、表参道周辺のカフェが検索結果に表示されます。

表参道で「カフェ」と検索した際の検索結果画面

このように表参道周辺の店舗や施設の情報が表示されるのは、ベニスアップデートの影響によるものです。

Googleは日々ユーザーの利便性向上を追求しているため、このようなアップデートが実施されました。

ビジョンアップデートと似ていますが、その役割は異なるため、主な違いを併せて覚えておくとよいでしょう。

ベニスアップデートとは?SEOに及ぼす影響やキーワード例を解説

まとめ

本記事では、ビジョンアップデートの概要やアップデートの変更点、ベニスアップデートとの違いを解説しました。

ビジョンアップデートとは、呼称が異なる施設名や地名でもユーザーに最適化した検索結果を表示させることを目的にした、Googleのアルゴリズムアップデートです。

例えば、「スタバ」と「スターバックス」や「三茶」と「三軒茶屋」の検索クエリは異なるものの、同じ意味と判断できるため表示される検索結果は同じです。

店舗や施設を運営されている方、あるいはマーケティング担当者として活動されている方なら、知っておくべきアップデートと言えます。

本記事で解説した内容をもとに、ビジョンアップデートの概要を詳しく理解しておきましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。