ベニスアップデートとは?SEOに及ぼす影響やキーワード例を解説

149

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

ベニスアップデートとは、ユーザーが検索行動をとった位置情報を活かして、最適な検索結果を表示させることを目的にしたGoogleのアルゴリズムアップデートのことです。

ユーザーの利便性の向上を目的に、Googleがベニスアップデートを実施しました。

大型アップデートと比べるとマイナーなアップデートに分類されるものの、ベニスアップデートはWebサイトのアクセス数に多く関わってくるので、それによって起こる影響を詳細に理解しておく必要があります。

とはいえ、まだまだベニスアップデートのことを詳しく知らない方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ベニスアップデートの概要やビジョンアップデートとの違い、アルゴリズムの影響について解説します。

「ベニスアップデートって何?」

「ベニスアップデートで起こる影響を知りたい」

このような疑問・要望がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

ベニスアップデートとは?

ベニスアップデート(別表記:ヴェニスアップデート)とは、ユーザーが検索行動をとった位置情報を活かして、最適な検索結果を表示させることを目的にしたGoogleのアルゴリズムアップデートのことです。

特定の地域や場所に関連性の高い検索キーワードに対して、その場所に適した検索結果が反映される仕組みをローカル検索と呼びます。

例えば表参道で「カフェ」と検索すると、表参道周辺のカフェが検索結果に表示されます。

表参道で「カフェ」と検索した際の検索結果画面

地域名を入れて検索せずともニーズにマッチした検索結果が反映されるのは、ユーザーの現在地から情報を読み取っているからです。

このように、検索キーワードが場所に関連するキーワードだった場合、検索行動をとった場所に紐づいた検索結果が表示されるようになったのは、ベニスアップデートの影響によるものです。

つまり、SEOの評価基準が変わっているため、上位表示を実現するにはベニスアップデートに適した対策が必要となります。

では、ベニスアップデートと似たような言葉で、ビジョンアップデートがありますが、どのように違うのでしょうか。

次の章で両者の違いを詳しく見ていきましょう。

ピジョンアップデートとの違い

ベニスアップデートと同様に、ピジョンアップデートも地域に関係のあるアップデートです。「呼称が異なる施設名・地名でも最適化した検索結果を表示する」という役割があります。

例えば、「三茶」と「三軒茶屋」は検索クエリは異なるものの、同じ地名で同じような検索ニーズです。実際に上記のキーワードで検索すると、同じ検索結果のページが反映されます。

「三茶」で検索した際の検索結果画面 「三軒茶屋」で検索した際の検索結果画面

このように、呼称や名称が異なるキーワードでも、ユーザーに最適化された検索結果やコンテンツが反映されるのは、ビジョンアップデートによるものです。

一見ベニスアップデートと似ているようにも思えますが、その役割や概要は異なりますので、しっかり違いを覚えておきましょう。

ベニスアップデートの影響

ベニスアップデートが実装される前は、単一のキーワードである「カフェ」というワードでは、全国各地で検索したとしても同じような検索結果しか反映されませんでした。

検索結果で上位表示を実現できていた「美容室」や「飲食店」は多くのアクセスを獲得できていたのです。

しかしベニスアップデートの実装後は、検索された場所によって検索結果が異なるため、アクセスが分散されるようになりました。アクセスが減少した施設や店舗がある一方で、アクセスが増えるようになったページもあるわけです。

とはいえ、ユーザーにとっては検索結果が最適化されるようになったのは事実です。その影響のおかげで、ユーザーの利便性が向上したのは間違い無いでしょう。

そのため、検索結果で上位表示を獲得し多くのアクセスを狙うなら、ベニスアップデートに適した対策が必要となってきます。

対象となるキーワード(地域+名称など)でどのくらい検索されているか分析し、上位表示を実現するための対策を行いましょう。

影響されたキーワードの例

では、ベニスアップデートで影響を受けたキーワードの一例を見ていきましょう。

ベニスアップデートでは、以下のような店舗やエリアに関係するキーワードが影響を受けています。

  • カフェ
  • レストラン
  • 病院
  • 不動産
  • 美容院
  • ジム
  • マッサージ、エステサロン
  • 居酒屋

どのワードも地域と関連のあるキーワードばかりです。表参道にあるカフェもあれば、函館にある病院もあるでしょう。

前述のとおり、ユーザーがどの場所で検索するかによって、検索結果の反映のされ方が異なります。

もし上記に該当するキーワードと関連のある店舗や施設を運営しているのであれば、ベニスアップデートの仕組みを詳しく理解しておくことをおすすめします。

今後もアルゴリズムの変化が起こらないとは限らないため、日々情報のチェックが重要です。

まとめ

本記事では、ベニスアップデートの概要やビジョンアップデートとの違い、アルゴリズムの影響について解説しました。

ベニスアップデートとは、ユーザーが検索行動をとった位置情報を活かして、最適な検索結果を表示させることを目的にしたGoogleのアルゴリズムアップデートのことです。

2014年の12月からアップデートが始まったと言われており、それに伴って地域と関係のあるキーワードの検索結果に変化が起きるようになりました。

今後もアルゴリズムに変化が起きないとも限らないため、店舗や施設を運営している方は、日々情報をチェックするようにしましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。