キーワード出現率とは?SEOとの関係性や出現率の調べ方を解説

532

キーワード

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

キーワード出現率は、Webページ内でキーワードが出現する割合のことです。

「SEO対策の指標の1つとして、キーワード出現率は重要だ」

このような話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、検索エンジンが進歩したことによって、今のSEO対策でキーワード出現率の重要度は下がっています。

本記事では、キーワード出現率とSEOの関係性や調べ方、キーワード出現率を確認するべきタイミングについて解説します。

「キーワード出現率について詳しく教えてほしい」

「キーワード出現率はSEO対策において重要な指標なの?」

このような要望・疑問をお持ちの方はぜひ最後までご覧ください。

キーワード出現率とは?

キーワード出現率とは、対象となるワード(単語)が、Webページ内にどのくらいの頻度で出現しているかを表す割合のことです。

例えば、Webページ内に300の単語が含まれているとして、そのうち対象のキーワードが15語あるとしたら、キーワード出現率は5%になります。

次の章では、キーワード出現率とSEOの関係を詳しく解説していきます。

キーワード出現率とSEOの関係性

SEO

かつてのSEO対策では、キーワード出現率が検索順位に大きな影響を与えていました。

理由としては、「Webページ内に対象キーワードを多く含むほど、検索エンジンのクローラーが重要なキーワードだと認識してくれている」と考えられていたからです。つまり、キーワード出現率が高いほど検索順位が上がりやすいことになります。

一方で、Webページに対象キーワードを過剰に含めすぎた場合は、Googleからペナルティを受けることになります。その対処法として、「ペナルティを受けない程度にキーワードを盛り込む場合、どのくらいの割合にすべきなのか」という、キーワード出現率のベストな比率について議論されるようになり、様々な意見が飛び交うようになりました。

しかしながら、検索エンジンのクローラーの精度は日々上がっており、今はWebページの文脈を読み取ってコンテンツの評価ができるようになっています。そのため、今のSEO対策では、「テキスト内にどれだけ多くのキーワードが含まれているか」の指標であるキーワード出現率自体の重要性は低いです。

Google公式からも「文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイト運営をしてください」と提示されており、無理やりキーワード出現率を高くしてもユーザービリティを損ねるだけで、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があることがわかっています。

あくまで、SEO対策で重要なことはユーザーにとって有益なコンテンツを作成・公開することです。キーワード出現率が高ければ検索順位が上がる、というのは間違いであることを覚えておきましょう。

 引用:https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/irrelevant-keywords?hl=ja

キーワード出現率の調べ方

キーワード出現率は、無料ツールを利用することで調査することができます。

今回は、「ohotuku.jp」という無料キーワード出現率取得ツールを例にして、調べ方の手順を画像付きで解説します。

ohotuku.jpのサイトを開いたら、キーワード出現率を調べたいWebページの以下の情報を入力して、「チェック」をクリックしましょう。

  • URL
  • キーワード
  • 出現率目標
  • 表示件数

キーワード出現率取得ツール

すると、キーワード出現率が「グラフ」や「ランキング順」で表示されます。

キーワード出現率取得ツール

ohotuku.jpの特徴として、Webページで出現しているキーワード比率を最大50位まで表示することができます。また、「総単語数」や「ユニーク単語数」、「キーワード出現数」といった、より具体性のある情報まで調べることが可能です。

先ほどの章で解説した通り、キーワード出現率が検索順位に大きな影響を及ぼすことはありません。しかし、キーワード出現率の結果を参考にして、不足キーワードを補充したり、充足キーワードを省いたりすることで、ユーザーにとって読みやすい記事を作ることができます。

ツールをうまく活用して、ユーザーが読みやすい記事作りを心がけましょう。

キーワード出現率を確認するタイミング

記事をリライトするタイミングでキーワード出現率を確認することで、よりユーザーの検索ニーズに沿った高品質な記事を作ることができます。 

具体的に解説していきます。

コンテンツのリライト

writing

対象キーワードで自社記事がなかなか上位表示できない場合は、すでに検索上位にいる競合記事とキーワード出現率を比較し、リライトの参考指標として分析するのが有効な手段です。

なぜなら、すでに検索エンジンで上位表示されている競合記事は、ユーザーの検索ニーズや情報を満たしている可能性が非常に高いからです。競合記事と比較し、自社記事に不足しているキーワードをコンテンツ内に追加することで、検索順位の向上に繋げることができます

例えば、「SEO」というキーワードで上位表示させたい場合、競合記事をキーワード出現率ツールで調べれば、記事内にどのくらい「SEO」というキーワードが含められているかを確認することが可能です。自社記事と比較して競合記事のキーワード出現率が高かった場合は、自社の情報量が不足していると考えられるため、今一度キーワードを含められないか確認する必要があります。

その際、「競合よりもキーワード出現率が低いからとりあえずキーワードを含めよう」のように闇雲にリライトをすると、文脈を無視した読みづらい文章になってしまう可能性があります。

あくまで記事全体を見て、自然な文脈を損ねないようにキーワードを含めつつ、リライトするのがポイントです。

▼リライトについて詳しく知りたい方はこちら
SEOのリライトとは?手順・記事の選定方法を解説

SEO対策において、キーワード出現率よりもタグの使い方が重要

 SEOで上位表示させるには、キーワード出現率よりもメインキーワードを含んだタグを適切に設置することが重要です。

中でも、メインキーワードを含めるべきタグは次の3つです。

titleタグやhタグは、検索エンジンに記事の内容を正しく伝える役割を持つタグです。メインキーワードを含めることで、検索エンジンにページとキーワードとの関連性が伝わりやすくなり、SEO評価へと繋がります。特にtitleタグは、SEOに大きな影響を及ぼすタグなので、メインとなるキーワードを必ず含めるようにしましょう。

上記の2つのタグとは違い、メタディスクリプションタグには直接的なSEO効果はありません。しかし、メインキーワードを適切な数含めることでタイトルのクリック率を向上させる効果が期待できます。結果としてSEOに間接的な好影響を与えることができるため、メタディスクリプションタグにもメインキーワードを含めるようにします。

SEOで上位表示を狙うなら、ユーザーにとって有益な情報を伝えるのはもちろんのこと、タグを適切に設定し検索エンジンにページ内容を正しく伝えることが重要です。タグにメインキーワードを含めて、検索エンジンの最適化を図りましょう。

▼SEOキーワードについて知りたい方はこちらもおすすめ

関連キーワードとは?SEO対策の基本と取得ツールについて解説
SEO対策に重要なキーワード選定方法を4つのステップで解説

まとめ

本記事では、キーワード出現率とSEOの関係性や実際の調べ方、確認するタイミングについて解説しました。

キーワード出現率とは、対象となるワード(単語)が、Webページ内にどのくらいの頻度で出現しているかを表す割合のことです。

以前のSEO対策では、キーワード出現率を上げることが有効な手段でしたが、今は検索エンジンが進歩したことによって重要性は低くなっています。

しかし、キーワード出現率を参考にしてコンテンツのリライトに活かすことで、検索ニーズを網羅したユーザーにとって有益な記事を作ることができます。

高品質な記事を作るために、キーワード出現率をうまく活用しましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

SEO対策をプロにお任せしたい方へ

👇サイトの全体戦略設計から分析までサポートします!お気軽にご相談ください👇

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。