被リンクのSEO効果って?獲得方法や注意点を解説

548

SEO

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

SEO対策において、被リンク獲得は必要不可欠な施策です。

本記事では、被リンクの基礎知識とSEO効果、被リンクの獲得方法、獲得時の注意点について解説します。被リンク獲得にお悩みのサイト運営者の方は是非ご覧ください。

▼外部施策について知りたい方はこちらもチェック!
上位化を狙うための外部施策、何する?施策内容を徹底解説

被リンクとは

被リンクとは、外部サイトから自分のWebサイトへ向けられたリンクのことです。

別名「バックリンク」「inbound links」などとも呼ばれます。

被リンク

被リンクのなかでも、外部サイトから自然に貼られたリンクをナチュラルリンクと呼び、SEO評価によい影響を与えます。

ナチュラルリンクとは?期待できるSEO効果と獲得方法を解説

例えば、「自社のアンケート結果が外部サイトの記事で紹介され、参照元として自社のリンクが貼られた」といったケースです。

検索エンジンから自然とユーザーが紹介したくなるような有益なコンテンツを提供しているとみなされるため、ナチュラルリンクの数はSEO評価において重要視されます。

このように、被リンクはWebサイトの有益性を担保する基準の1つです。

多くの良質な被リンクを獲得したり、知名度や権威性のあるWebサイトからの被リンクを獲得したりすることで、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)を高めることができます。

SEOにおける「権威性」の重要性|E-A-T・YMYLについて解説

SEOにおける被リンクの効果

SEOにおいて、被リンクは評価に大きく影響を与えます。

被リンクを増やすことの重要性やメリットについて解説します。

①サイト / ページ評価の向上

被リンクを獲得したページは、検索エンジンによって「外部サイトからおすすめされた質の高いサイト / ページ」と解釈されます。

Googleは、「Google が掲げる 10 の事実」において、「どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としている」と明言しています。

被リンクは外部サイトからの投票のような意味合いを持っているので、有益なページであるかの客観的な指標になっています。

そのため、良質な被リンクを多く獲得しているほど、「多くの投票を集めた有益なページである」と検索エンジンから認識されて、サイト / ページのSEO評価が向上します。

Googleが提唱しているE-A-Tは、次の3つの要素から構成されています。

  • E=Expertise(専門性)
  • A=Authoritativeness(権威性)
  • T=Trustworthiness(信頼性)

(参考)検索品質評価ガイドライン

(参考)検索アルゴリズムの仕組み

②クローラビリティの向上

被リンクを獲得することで、クローラビリティが向上します。

クローラビリティとは、「クローラーがページを検出する際の見つけやすさ」のことです。

ページが評価されるためには、下記2つが実行される必要があります。

  • クロール:検索エンジンのロボット「クローラー」が世界中のページを巡回し、ページ情報を取得すること
  • インデックス:クロールによって検出したページにアクセスし、各ページの内容を分析した結果、得られた情報をデータベースに保存すること

しかしながら、クローラーはリンクを辿って日々膨大な数のページを巡回しているので、ページを見つけてもらうには時間がかかります。

被リンクを獲得すると、外部ページからクローラーが巡回しやすくなり、ページを見つけてもらいやすくなる(=クローラビリティが向上する)ので、ページが評価されるまでの時間を短縮することができます。

結果的に、早くクローラーが回ってきてインデックスのスピードも早くなることが期待できます。

被リンクの種類

被リンクを獲得してSEO評価を向上させるためには、良質な被リンクを獲得する必要があります。低品質な被リンクをいくら集めても評価が上がらず、逆に下がってしまう可能性もあります。

良質な被リンク

被リンクは、質・量・ドメイン数が重要視されます。

質については、以下のようなサイトからの被リンクが良いとされます。

  • 対象サイトとの関連性が高いサイト
  • リンクを多く獲得しているサイト(検索エンジンからの評価が高いドメインのサイト)

(参考)検索アルゴリズムの仕組み

質の低いリンク(スパムリンク)

以下のようなリンクは「質の低いリンク」としてGoogleのガイドラインに違反する場合があります。

  • 故意に設置されたリンク
  • 低品質なサイトからのリンク

被リンクは数が多ければよいものではありません。

Googleの検索アルゴリズムの全容は公開されていないものの、Googleの公開情報から、被リンクの質が重要であることが見て取れます。

購入したリンクに限った話ではありませんが、悪質なリンクはペナルティを課せられます。

ペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムアップデートでは、スパムサイトを特定することが明言されました。スパムと判断された場合は削除され、上位表示どころか検索結果画面に表示すらされないでしょう。

「パンダとペンギンアップデート」の違い Googleガイドラインを理解してペナルティを回避

特に、被リンクの購入はNGです。

Googleはスパムリンクを認識しており、評価を無効化するため買っても意味がありません。

むしろ、Webサイトに悪影響を及ぼす場合があるため、被リンクの購入はやめましょう。

知らず知らずのうちに、不正行為にあたる方法を用いてしまうリスクがあるため、被リンクに関する正しい知識を得ることが大切です。

Googleのリンクスパムアップデートとは?概要と対策

(参考)Google検索セントラル「リンク プログラム

(参考)Google検索「検索アルゴリズムの仕組み

良質な被リンクの獲得方法

外部サイトから良質な被リンクを獲得する施策のことを、リンクビルディングと呼びます。

ここでは、リンクビルディング手法の例として、実践しやすい被リンクの獲得方法を2つ紹介します。

①ナチュラルリンク:ユーザーがシェアしやすいコンテンツを作成し拡散を期待する

ナチュラルリンク

STEP1:拡散されるコンテンツを企画・作成する

前提として、読んでくれたユーザーに「他の人にもシェアしたい」と思ってもらえるような質の高いコンテンツを企画・作成しましょう。

ユーザーに寄り添ったコンテンツを発信することで、自然とSNSやWeb上でユーザーが紹介してくれるようになります。

「ほかの人にも知ってほしい」と思ってもらえるような情報やデータ、体験談をコンテンツに盛り込むことが大切です。

内容の質を上げるのはもちろんのこと、見やすいようにレイアウトを工夫したり、情報の更新体制を整備したり、常にユーザー目線に立ったコンテンツ発信を心がけましょう。

▼高品質コンテンツについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

コンテンツSEOとは?上位表示に有効な手法や成功事例を解説

コンテンツマーケティングとは?基礎知識や成功事例を紹介

STEP2:SNSなどで露出し、シェアを促す

せっかく質の良いコンテンツを作成しても、多くの人に見てもらえないと被リンクの獲得は難しいでしょう。

そこで、コンテンツを公開した後はSNSでも露出しましょう。

より多くのユーザーの目に止まるようになり、シェアを促進することができます。

シェアを促進するための豆知識として、コンテンツの下にSNSのシェアボタンを設置しておくと、内容が有益だと感じたユーザーがシェアしやすくなるため、設置をおすすめします。

SNSのシェアボタン

SNSを運用していないのであれば、メルマガの配信やプレスリリースも被リンク獲得に有効な手段です。

プレスリリースとは、PRサイトや報道機関、マスコミなどの媒体社に対して企業の情報(新商品のリリースやアンケート結果など)を告知することです。

特にアンケートや図解といった作成にコストがかかり、かつユーザーや企業が事業に活用したくなるようなものは被リンクを獲得しやすい傾向にあります。

プレスリリースに「引用する際にはリンクを記載する」といった注意書きをしたり、nofollowの被リンクのサイト運営者にdofollowにしてもらうよう働きかけることも有効です。

ナチュラルリンク獲得の手法について詳しく知りたい方は『【事例で解説】コンテンツマーケティング時代のSEOとは?被リンク獲得の手法3選』を参考にしてください。

②獲得型リンク:外部サイトから自サイトに発リンクする理由を作る

獲得型リンクの例1:事例記事へのリンク設置を依頼する

STEP1:事例記事の作成

自社クライアントとの取り組み内容や成果をまとめた事例記事を作成します。

▼ウィルゲートではこのような事例記事を作っています!

事例 | プロモニスタ

STEP2:サイト掲載のお知らせ→リンク設置の依頼

事例記事の公開後は、クライアントサイトのお知らせ欄やニュースページなどで「プロモニスタに掲載されました」のように、事例記事のリンク付きで紹介してもらうように依頼します。

▼例:ウィルゲートの企業サイトのニュース欄

ウィルゲートの企業サイトのニュース欄

獲得型リンクの例2:「暮らしニスタ」のリンクビルディング施策

株式会社ウィルゲートと株式会社主婦の友社が共同で運営している主婦向けメディア「暮らしニスタ」にて、実際に行ったリンクビルディング施策の事例を紹介します。

STEP1:暮らしニスタで紹介記事を作成・公開できないか検討

クライアントの事例記事のように、暮らしニスタでも紹介記事を作成してリンクを獲得できないか?を検討しました。

検討の結果、「暮らしニスタ」で公開しているふるさと納税に関するコンテンツの1つとして、ふるさと納税を導入している市区町村の紹介記事を作成・公開し、市区町村のサイトにリンクを掲載してもらう、という獲得型のリンクビルディング施策を実施しました。

ふるさと納税に関するコンテンツ

STEP2:市区町村へのテレアポ実施

ふるさと納税を実施している市区町村をリスト化し、

  • 地域の魅力やふるさと納税返礼品を紹介する記事を作成してもいいか
  • 無料で紹介記事を作成する代わりに、市区町村のサイトに紹介記事のリンクを掲載していただけないか

の2点について電話で打診しました。

電話にて許諾をいただいた / 興味を持っていただいた市区町村のご担当者様には、取り組みの詳細を記載した企画書をメールで送付しました。

STEP3:暮らしニスタで市区町村の紹介記事を作成・公開

紹介記事作成・リンク掲載の許諾をもらった市区町村のご担当者様には、写真や紹介文の案など、紹介記事に盛り込む素材を頂き、編集チームで記事を作成しました。

記事原稿に問題がないか、市区町村のご担当者様に最終チェックをしていただいた後、「暮らしニスタ」上で公開しました。

▼市区町村の紹介記事の一例

暮らしニスタの市区町村紹介記事

STEP4:市区町村のサイトに、暮らしニスタのリンク掲載を依頼・チェック

市区町村の紹介記事の公開後、市区町村のサイトに掲載を依頼しました。

掲載を依頼する際に意識したポイントは、以下の2点です。

①サイトのどの部分に掲載してほしいかを明確に伝える

「お知らせ欄」「新着情報」など、各サイトによって掲載場所の呼び方が異なるため、掲載希望箇所を明確に示すことで、スムーズにやり取りできました。

②サイトにリンクを掲載した後、完了連絡をしてもらうように依頼する

リンクを掲載してもらったとしても、「rel=”nofollow”」が入っていたり、アンカーテキストが最適化されていなかったりすると、被リンクのSEO効果を得ることができません。

そのため、掲載してもらった後は掲載完了のご連絡をいただくよう依頼し、リンクが正しく掲載されているかチェックしました。

▼nofollowタグについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

nofollow属性とは?SEOにおける意味と使い方を解説

Googleの品質ガイドラインには、相互リンクの獲得のみを目的としたページの作成は順位に悪影響を及ぼすと記載されていますが、相互紹介を目的としていればガイドラインの違反にはあたりません。

自サイトで実行できそうなリンクビルディング施策はないか、是非検討してみてください。

獲得型リンクの例3:他サイトへ記事を寄稿する

他社サイトにコンテンツを寄稿して自サイトあてにリンクをもらうことで被リンク獲得につながります。

被リンク獲得だけでなく、コンテンツのプロモーションになるためメリットは大きいです。

他サイトへ記事を寄稿する方法を解説します。

STEP1:寄稿先のメディアを探す

検索エンジンを使って「寄稿 募集」「寄稿 業界名」といったキーワードで検索をしたり、業界内で知名度のあるメディアから寄稿者募集のページやバナーがないかを探したりして、寄稿先のメディアを見つけましょう。

自サイトのターゲットユーザーが読んでいそうで、寄稿するコンテンツと相性の良さそうなメディアを見つけたら、寄稿を申し込みます。

寄稿の交渉をする際は、相手側に被リンクを送る条件といった対等な交渉が好ましいです。

STEP2:寄稿するコンテンツを作成する

寄稿先のメディアが決まったら、コンテンツを作りましょう。

コンテンツのなかには自サイトへ誘導するリンクを載せることで、被リンクを獲得できます。

寄稿者の紹介文などに自サイトのリンクを貼ると自然です。

不自然な形で無理やりリンクを埋め込んだりしなければ、Googleからスパムリンクとみなされることはありません。

このように寄稿は自サイトの認知度を高める工夫の1つとして有効です。

寄稿による被リンクを獲得する手法について詳しく知りたい方は『【事例で解説】コンテンツマーケティング時代のSEOとは?被リンク獲得の手法3選』を参考にしてください。

被リンク獲得の注意点

注意点

正しい知識がないまま被リンク獲得施策を実施してしまうと、誤って不正行為に該当する行為をしてしまいペナルティを受けてしまうリスクがあります。

被リンク獲得施策を行う際は、以下の点に注意しましょう。

有料リンクを設置しない

検索順位を上げる目的で、有料で被リンクを購入・設置するのはGoogleのガイドラインに違反するため、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。

しかしながら、検索結果の操作ではなく宣伝を目的としてリンクの売買が行われる場合は違反に当たりません。その場合はページランクを渡さないようにrel=”nofollow” 属性または rel=”sponsored” 属性をタグに付与するようにしましょう。

関連性の低いページからの被リンク獲得は避ける

被リンク獲得において、対象ページと被リンクの獲得元ページの関連性が高いことが重要です。

Googleの検索エンジンは、「ユーザーにとって有益な情報か否か」を基準に評価しているため、関連性の低いコンテンツがリンクされていても高評価には繋がりません。

サイトのSEO評価の向上を目指すなら、関連性の低いページからの被リンクは避けるべきです。

相互リンク募集のサイトやディレクトリサイトなどを使った被リンク獲得はマイナス評価になる可能性もあるため、控えましょう。

低品質なページからの被リンク獲得は避ける

Googleのガイドラインに反する低品質なページからの被リンクは、自サイトのSEO評価にも悪影響を及ぼす可能性があります。

SEO評価が下がるリスクを回避するために、下記に該当するようなコンテンツからの被リンクは避けましょう。

隠しリンクを利用しているコンテンツ

隠しリンクは、ユーザーから視認されづらいように設置されているリンクです。

アンカーテキストを背景色と同じ色にしたり、フォントサイズを極端に小さくし、目立たなくしたりすることなどが該当します。

自動生成されたコンテンツ

プログラムにより自動的に生成されたコンテンツをワードサラダと呼びます。ワードサラダは、内容のない無意味なページであるため、このようなページから被リンクを獲得してしまうと、自サイトのSEO評価にも悪影響を及ぼします。

ワードサラダはSEOに悪影響を及ぼすのか?誕生した背景も解説

このように、検索エンジンアルゴリズムの裏をかいた悪質な方法で検索順位を上げようと試みるSEO手法をブラックハットSEOと呼びます。
リンクに関する手法以外にも、避けるべきSEO手法があるので、併せて確認しましょう。

ブラックハットSEOとは?ホワイトハットSEOとの違いや手法

万が一、意図しない形で低品質サイトからの被リンクを獲得してしまった場合は、「削除」または「否認操作」を行うことで、マイナスな影響を回避できます。

基本的には、問合せフォームなどを通して、被リンクを受けているサイトの運営者に削除依頼・削除してもらうことが望ましいです。

しかしながら、運営者と連絡がつかないなどの理由で削除ができない場合もあります。その場合は、「サイトへのリンクを否認する」の手順に則って対応しましょう。

獲得した被リンクを確認する方法

獲得した被リンクを確認する方法には、以下のようなツールを活用しましょう。

順番にツールを使った被リンク確認方法をご紹介します。

Google Search Console(サーチコンソール)

Googleの公式ツールである「Google Search Console(サーチコンソール)」で獲得した被リンクを確認する方法をご紹介します。

Google Search Consoleのサイドメニューの「リンク」をクリックすると、被リンクの獲得数やページが表示されます。

Google Search Consoleの被リンク確認方法

Google Search Consoleでは、外部リンクの数以外に「上位のリンク元サイト」も調査できます。どのようなサイトから被リンクを獲得しているのかを確認し、自サイトとの関連性が低い、または低品質なサイトからの被リンクがあった場合は削除・否認の判断を下す必要があります。

有料でも被リンク調査できるツールはありますが、まずは無料ツールから始めるのをおすすめします。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggestでは、調査したいWebサイトのURLやドメインを入力して検索ボタンをクリックすれば、簡単に確認することが可能です。

トップページの検索窓にWebサイトのURLやドメインを入れて「検索」をクリックすると、右側に「被リンク」という項目の結果が表示されます。

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefsでは、自サイトや競合サイトの獲得した被リンク状況を確認できます。

調査したいURLを入力し、「被リンク」をクリックするとリンク元のページやそのページのドメインランクなどの被リンク評価が取得できます。

Hanasakigani

Hanasakigani

Hanasakigani

Hanasakiganiの「マイサイト被リンクチェックツール」では、被リンクの重要度を調査できます。

トップページから「マイサイト被リンクチェックツール」を選び、調査したいURLを入力して「チェックする」をクリックしましょう。

すると、被リンクの数やページタイトル、URL、アンカーテキスト、nofollowwのあり・なしを取得できます。

また、「競合サイト被リンクチェック」では、対策キーワードと自サイトのURLを入力して「チェックする」をクリックすることで競合と被リンク状況の比較ができます。

Link Explorer(Moz)

Link Explorer(Moz)

Link Explorerでは、被リンクがスパムであるかどうかを判定する機能があります。

トップページの検索窓に調査したいURLを入力し、「Get free link data」をクリックしましょう。

すると、ドメインパワーやページランク、被リンク数と推移、スパムの可能性などのデータを取得できます。

さまざまな被リンク調査ツールがありますが、欲しいデータによってツールを使い分けましょう。

まとめ

本記事では、被リンクの基礎知識とSEO効果、被リンクの獲得方法、獲得時の注意点について解説しました。

SEO対策において、被リンク獲得は重要な役割を担っています。

しかしながら、数多く獲得するために、不正な方法で被リンクを獲得したり、低品質な被リンクを獲得したりすると、SEO評価に悪影響を及ぼす可能性があります。

現在獲得している被リンクを調査し、低品質な被リンクがある場合には否認の対応を行いましょう。

また、コンテンツを作成する際には、ユーザーが思わず引用したくなるような魅力的な内容になっているかを考えながら作成しましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

SEO対策をプロにお任せしたい方へ

👇サイトの全体戦略設計から分析までサポートします!お気軽にご相談ください👇

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。