Googleアナリティクスのページ別訪問数とは?他の指標との違いも解説

273

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

ページ別訪問数とは、特定のページが閲覧されたセッションのことです。

セッション内にどれだけを同じページに訪問しても、ページ別訪問数は「1」とカウントされます。

普段からGoogle Analytics(アナリティクス)でアクセス解析を行なっている方であれば、馴染みのある指標だと思います。

しかし、あまりアクセス解析を行なっていない方にとっては、他の指標や情報と混在してしまっているのではないでしょうか。

本記事では、ページ別訪問数の概要やGoogle Analytics(アナリティクス)での確認方法、ページ別訪問数とよく間違えられる指標について解説します。

「ページ別訪問数の意味がよくわからない」

「ページ別訪問数の確認方法について知りたい」

このような疑問・要望がある方はぜひ最後までご覧ください。

ページ別訪問数とは?

ページ別訪問数とは、特定のページが閲覧されたセッション数のことです。

セッションとは、ユーザーがWebサイトに訪問してから離脱するまでの一連の流れのことを指しますが、それを特定ページに絞り込んだ指標がページ別訪問数になります。

英語では、「Unique Pageviews=重複のないページビュー数」とも呼びます。

例えば、下記の画像の場合だと、ページAのページ別訪問数は「3」です。Cさんのように、閲覧開始ページがページBで、その後リンク経由でページAに遷移した場合であっても「1」としてカウントされます。

ページ別訪問数

ちなみに他のページのページ別訪問数は、ページBが「2」で、ページCが「1」です。

少しややこしく感じるかもしれませんが、アクセス解析では重要な指標のため、しっかり覚えておきましょう。

アクセス解析についてより詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

アクセス解析とは?基本から分析方法まで徹底解説!

次の章では、ページ別訪問数とよく間違えられやすい指標を3つ紹介します。

ページ別訪問数と間違えやすい指標

ページ別訪問数と間違えやすい指標を3つまとめました。

  • PV(ページビュー)数
  • セッション数
  • UU(ユニークユーザー)数

ページ別訪問数とそれぞれの指標の違いを詳しく解説します。

PV(ページビュー)数

PV(ページビュー)数とは、Webページが閲覧された回数のことで、Webサイトのコンテンツがどのぐらい見られているか表す指標です。

Googleアナリティクスでは最も一般的な指標で、PV(ページビュー)数が増えれば増えるほど、多くのWebページが閲覧されていると判断できます。

PV(ページビュー)数はページ別訪問数とは異なり、何度もWebページを読み込んだり、一旦離脱して再訪問した場合にも1としてカウントされます。そのため、ページ別訪問数よりもPV(ページビュー)数の方が必然的に数値が大きくなるのです。

例えば、ユーザーがSEO経由でページAを訪問し、その後にページBの閲覧をしてWebサイトを離脱した場合は、PV(ページビュー)数は「2」と計測されます。先の例えの続きで、ユーザーがページBを閲覧した後に、Webサイトを再読み込みして離脱した場合は、PV(ページビュー)数は「3」になります。

PV(ページビュー)数

上記の画像のように、1回のセッションの中に、ユーザーが回遊した分だけのPV(ページビュー)数が含まれているようなイメージです。

PV数とは?セッション数・UU数との違いやアクセスを増やす方法を紹介

セッション数

セッションとは、ユーザーがWebサイトに訪問してから離脱するまでの一連の流れのことです。ページ別訪問数との違いは、ページ単位かサイト単位かどうかにあります。

  • セッション数:サイト単位のセッション
  • ページ別訪問数:ページ単位のセッション

Webサイトにアクセスしてから離れるまでをセッション数「1」としてカウントし、途中でセッションが途切れない限りは何ページ閲覧しても、セッション数は「1」とカウントされます。

セッション数

つまり、Webサイトを何度も読み込んだり、たくさんのWebページを閲覧したとしても、カウントされるセッション数は「1」です。

1つ補足ですが、セッションは以下のいずれかの条件が該当する場合に、別のセッション数として再カウントされるので注意しましょう。

  • 一切の操作をせず、30分経過した場合
  • 日付を跨いだ場合
  • 異なる流入元リンクから再アクセスした場合

セッション数とは?計測のルールや確認方法について解説

UU(ユニークユーザー)数

UU(ユニークユーザー)数とは、一定期間内においてWebサイトを訪問した人数を表す指標のことです。

別名で、AU(アクティブユーザー)数とも呼ばれます。

下記の図を例にすると、Aさん・Bさん・Cさんという3人のユーザーがサイトを訪問しているので、その場合のUU(ユニークユーザー)数は「3」になります。

UU(ユニークユーザー)数

もしAさんが、翌日に再検索をしてページAに訪問した場合は、UU(ユニークユーザー)数は変わらず「3」のままですが、ページ別訪問数はプラスでカウントされます。このように、UU(ユニークユーザー)数とページ別訪問数は似ていますが、明確な違いがあるため覚えておきましょう。

UU数とは?アクセス増加に重要?セッション数・PV数との違いや計測方法を解説

Google Analytics(アナリティクス)での確認方法

Google Analytics(アナリティクス)で、ページ別訪問数のデータを確認する方法を見ていきましょう。

手順は次のとおりです。

Google Analytics(アナリティクス)の画面を開き、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順で選択します。

ページビュー数の隣に「ページ別訪問数」が表示されるので、確認してみましょう。

ちなみに、デフォルトで表示されている指標なので特別な設定は不要です。

Google Analytics(アナリティクス)でページ別訪問数を確認する方法

まとめ

本記事では、ページ別訪問数の概要やGoogle Analytics(アナリティクス)での確認方法、ページ別訪問数とよく間違えられる指標について解説しました。

ページ別訪問数とは、特定のページが閲覧されたセッション数のことです。セッション内にどれだけ同じページを訪問しても、「1」としてカウントされます。

例えば、AさんがページAからページBにアクセスした場合は、それぞれのページのページ別訪問数は「1」です。そして、BさんがページCからページAにアクセスした場合のページAのページ別訪問数は、「2」としてカウントされます。

少しややこしく感じるかもしれませんが、マーケティング活動で役立つ指標なので、覚えておくのがおすすめです。

早速Google Analytics(アナリティクス)で、ページ別訪問数を確認してみましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。