301リダイレクトとは?行うべき理由や設定方法、注意点を徹底解説

43

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

「リダイレクトに種類があるのは知っているけど、その違いまではよくわからない」というサイト運営者の方もいるのではないでしょうか。

正しくリダイレクトを設定することでSEO評価を引き継いだり、ユーザーやクローラーを新しいURLへ誘導できたりします。

本記事では、301リダイレクトの役割や行うべき理由、設定方法について解説します。

301リダイレクトとは

301リダイレクトとはhttpヘッダーに含まれるステータスコードの1つで、URLが恒久的に変更される際に利用する転送処理のことです。

主にドメイン変更やサイト移転、URLの正規化などの用途で使われます。

参考:やらなきゃ損!SEOで見落としがちなURLの正規化

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

301リダイレクトと302リダイレクトは転送の期間が異なります。301リダイレクトは恒久的な転送に使い、302リダイレクトは一時的な転送に使います。

どちらを設定すべきか悩んだ場合には、以下理由から基本的に301リダイレクトを設定するのが望ましいです。

  • 一時的にURLを転送するシチュエーションは少ない
  • Google公式で、301リダイレクトを「Google 検索とユーザーを確実に正しいページに導くための最善の方法」として推奨している

Google「リダイレクトとGoogle検索」

301リダイレクトを行うべき理由

なぜURLを変更する際に301リダイレクトをしなければならないのでしょうか。3つの理由について解説します。

旧URLのSEO評価を引き継ぐため

301リダイレクトを設定することで、旧URLのSEO評価を新URLに引き継げます。

しかし、301リダイレクトには注意点が2点あります。

  1. 301リダイレクトを設定しても、評価の一部は失われてしまい、自然検索流入が一定数減少する可能性がある
  2. SNSのいいね・はてなブックマークの登録数は引き継れずリセットされる

このように、301リダイレクトを行っても、新URLにSEO評価が完全には引き継がれない可能性があることを認識しておきましょう。

大量のエラーページが生まれ、無駄なクロールが発生するのを防ぐため

301リダイレクトの設定をしなければ、検索エンジンのクローラーのクロール対象となってしまいます。

その結果、すでに存在していないページがクロールされて大量のエラーページが生まれてしまうため、301リダイレクトを設定して適切に対応する必要があります。

ページのインデックスが遅くなるのを防ぐため

301リダイレクトを設定しないと新サイト・ページのクロールが遅れ、インデックスも遅れてしまいます。

そのため、スピーディにSEO評価を得るために301リダイレクトを設定する必要があります。

インデックス(index)とは?確認方法とSEO評価を解説

旧URLにアクセスしたユーザーを新URLに遷移させるため

旧URLのリンクからアクセスできなくなるため、301リダイレクトを設定することで移管後の新URLにユーザーがアクセスできるようにする必要があります。

新URLへの転送後も、しばらくは検索結果に旧URLが表示されたり旧URLのブックマークからのアクセスがあったりするため、旧URLからアクセスするユーザーは存在します。

もし、ページを移管せずに削除する場合には404エラーページを設定し、ユーザーにページがなくなったことを知らせましょう。

404エラー

似たエラーの1つに403 Forbiddenがありますが、403 Forbiddenについては以下のページで解説していますのでご参照ください。

403 Forbiddenとは?意味、原因と解決方法解説

301リダイレクトの設定方法

301リダイレクトを設定するには「.htaccessファイル」に転送先を記述してサーバーにアップするため、.htaccessファイルが使えるサーバーであることが前提です。

.htaccessとは、Webサーバーで利用されるApacheのコントロールを設定するファイルです。

URLの変更には様々なパターンが考えられるため、パターン別に設定方法を解説します。

URLの正規化を行う場合

URLの正規化とは、同じ内容のページが複数のURLで存在する場合に、検索エンジンからの評価を集めたいURLを統一することです。

検索エンジンからの評価を集めたいURLを統一することで、SEO評価の分散を防ぐために必要な作業です。

URLを正規化しないと、検索エンジンからの評価が分散してしまう可能性があり、検索順位にも良い影響を及ぼさないため早めの対処が必要です。

URLの正規化が必要なケースは以下のような場合です。

1.wwwの有り無しが存在する場合

2.index.htmlやindex.phpなどの違いが存在する場合

3.PCサイトとスマホサイトを別URLで展開している場合

4.一覧ページや詳細ページ等、内容の似ているページが複数存在する場合

(不動産や人材などに代表される検索サイト、ECサイトなど)


例えば、サイトURLの末尾にindex.htmlがつく場合には、以下の方法で正規化を行いURLを統一します。

(記述例)

例:index.htmlありをindex.hhtmlなしにリダイレクト

RewriteEngine on

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index\.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ https://www.〇〇.com/$1 [R=301,L]

 

ドメイン単位で転送を行う場合

サイトの移転などでドメイン自体を変更した場合に、新しいドメインのURLへアクセスさせるために必要な設定です。転送元・転送先で同じファイル構造である必要があるため注意してください。

(記述例)

https://www.AAA.com/ から https://www.BBB.com/ にリダイレクト

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.AAA\.com$

RewriteRule ^(.*)$ https://www.BBB.com/$1 [R=301,L]

ページ単位で転送を行う場合

ディレクトリの構造が異なっていたり、同じサイト内で転送させる場合、ページ単位での設定が必要です。ページからページへ転送するときの記述例を確認しましょう。

(記述例)

https://www.〇〇.com/AAA/ から https://www.〇〇.com/BBB/ にリダイレクト

RewriteEngine on

RewriteRule ^AAA/$ https://www.〇〇.com/BBB/ [R=301,L]

WordPressで転送を行う場合

WordPressで301リダイレクトを行う場合、「Redirection」という便利なプラグインを活用することをおすすめします。

Redirectionをインストール・有効化したら転送元・転送先を入力するだけで301リダイレクトの設定が完了します。

redirectionWordPress「Redirection」|https://ja.wordpress.org/plugins/redirection/

https://www.〇〇.com/AAA/aaa/ から https://www.〇〇.com/BBB/bbb/ へリダイレクトする場合は、以下のように設定します。

ソースURL:AAA/aaa/

クエリパラメータ Exact match in any order

ターゲットURL:https://www.〇〇.com/BBB/bbb/

SSL(https)に変更する場合

SSLとは、セキュリティを考慮し、Web上でユーザーとの通信を暗号化するための技術です。httpだったURLを、SEO評価を損なうことなくhttpsに移行したい場合に301リダイレクトを設定します。

(記述例)

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://www.〇〇.com/$1 [R=301,L]

301リダイレクトの確認方法

301リダイレクトの設定が正しくできているか確認するには、ステータスコード確認ツールを活用しましょう。ohotuku.jpが提供するリダイレクトチェックに転送元となるURLを入力するだけでステータスコードを確認できます。

ohotuku.jp「リダイレクトチェック」|https://ohotuku.jp/redirect_checker/

301リダイレクトの注意事項

301リダイレクトには4つの注意点があります。知らずに設定してしまうとSEO評価に悪影響を与えることになりかねないため、確認しておきましょう。

robots.txtの記載の有無を確認する

robots.txtとは、検索エンジンに該当URLをクロールしないように制御するためのファイルです。

robots.txtの記載があると、301リダイレクトを設定してもクローラーがクロールせずにリダイレクトが進まないことがあります。そのため、リダイレクト時にはrobots.txtの記載を削除しておくことが推奨されています。

robots.txtとは?意味やSEO効果、設定方法を徹底解説

新旧両方でXMLサイトマップを用意する

新旧両方のサイトでXMLサイトマップを用意することにより、検索エンジンが301リダイレクトを検出しやすくなり、スムーズに新URLに移行できます。

ただし、いつまでも旧サイトのXMLサイトマップを置いておく必要はありません。新サイトへの移行が完了して、旧サイトのインデックスがほとんどなくなったタイミングで削除して問題ありません。

XMLサイトマップとは?役割やSEO効果、作成方法を解説

サイト内のURLの記載を変更する

301リダイレクトを設定後、サイト内のURL記述の変更を忘れないようにしましょう。

例えば、内部リンクやcanonicalタグ、構造化データなどで使用しているURLです。

内部リンクとは?役割やSEO(検索エンジン最適化)対策への効果

canonical(カノニカル)タグとは?SEOの関係性やURL正規化の定義を解説

構造化データによるマークアップのメリットや書き方、検証方法まで解説

関連性の薄いページへの転送は避ける

関連性の薄いページへのリダイレクトは避けましょう。適切・不適切な例は以下の通りです。

〇記事Aから記事A’に転送

×記事Aからトップページに転送

不適切なリダイレクトを実施すると、ページの評価が引き継がれず順位下落の要因になります。

移転先の新サイトで該当するページがなくなる場合は、404エラーコードの使用や、コンテンツ内容が似ているカテゴリページへの転送を検討しましょう。

まとめ

本記事では301リダイレクトについて解説しました。

旧URLの検索エンジンの評価を損なわずに、新URLをスムーズにクローラーに認識してもらえます。

Webサイトの移管や、URLの正規化をするときに301ダイレクトの設定を行わなければ、それまで積み重ねてきたSEO評価が損なわれかねません。

301リダイレクトの設定をするときには注意点やミスに注意し、不備があった場合には正しい形に修正しましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。