サイト改善
ウェブサイト改善の必要性とは?具体的な流れについて徹底解説
86

今日のデジタル時代において、企業にとってウェブサイトは顧客への認知拡大や売上向上に大きな影響を与える存在です。そのため、ウェブサイトを改善してパフォーマンスを高めることは、ビジネスの成果に直結すると言えます。

本記事では、サイト改善の必要性や、ウェブサイトを成功に導くためのステップを紹介します。

目次

サイト改善の必要性

ウェブサイトのパフォーマンスは企業のブランドイメージや売上に直結するため、最適化することが重要です。

ここでは、サイト改善が必要な理由について解説していきます。

 ウェブサイトのパフォーマンスがビジネスにどのように影響するのか

ウェブサイトのパフォーマンスは、ユーザーがサイトを訪れた際の印象を決定づけ、その後の行動を大きく左右します。

表示速度の遅さ、ナビゲーションの分かりにくさ、コンテンツの不足などはすべて、ユーザーに悪影響を及ぼす恐れがあり、コンバージョン率の低下や、売上機会の損失にも繋がります。

 なぜウェブサイトのトラフィックやコンバージョン率を改善する必要があるのか

ウェブサイトのトラフィックは潜在的な顧客の流入量を示し、コンバージョン率はそのトラフィックがどの程度ビジネス成果に貢献しているかを示します。

この2つの指標に問題があると、マーケティング努力に関わらずビジネスが停滞する原因となります。

トラフィックの質の向上やコンバージョン率の改善は、企業が成長し続けるための必須条件です。

サイト改善をする主要な目的

ウェブサイトの改善は、コンバージョン率の向上、SEOの最適化、リピート訪問率の増加など、さまざまな目的を達成するために行われます。サイトを改善することで、より多くの訪問者を魅了し、彼らのニーズに応えることができます。以下では、これらの目的を達成するための具体的なアプローチを紹介します。

 コンバージョン率の向上

コンバージョン率を高めるためには、ユーザーがサイト上で目的のアクションを起こしやすい環境を整える必要があります。例えば、購入プロセスを簡略化し、明確なCTA(Call to Action)を設置することで、ユーザーが商品の購入やサービスの申し込みを容易に行えるようにします。また、ユーザーの購買意欲を刺激するための魅力的なコンテンツの提供も重要です。

 SEO最適化の強化

SEO最適化の強化は、サイトの検索エンジンでの可視性を高めることを目的とします。これには、キーワードの適切な使用、高品質なコンテンツの作成、メタデータの最適化、モバイルフレンドリーなデザインの採用などが含まれます。SEOの強化により、検索結果でのランキングが向上し、より多くの潜在的な顧客にサイトを見てもらう機会が増えます。

 リピート訪問率の増加

リピート訪問率を増加させるためには、ユーザーに再訪の価値を感じさせる必要があります。これには、定期的なコンテンツの更新、パーソナライズされたユーザー体験の提供、利便性の高いナビゲーションなどが有効です。また、ニュースレターやソーシャルメディアを通じて、ユーザーとの関係を維持し、彼らをサイトへ戻すきっかけを作ります。

 

サイト改善で着目すべきポイント

ウェブサイトの分析を行う際には、ページビュー数、訪問者の流入源、検索キーワードなど、さまざまな指標を考慮する必要があります。

これらのデータは、サイトのパフォーマンスを評価し、改善点を特定するために不可欠です。以下では、これらのポイントについて詳しく説明します。

 ページビュー数(PV数)

ページビュー数は、サイトの人気度やコンテンツの魅力を測る基本的な指標です。

ページごとのビュー数を分析することで、ユーザーが最も関心を持っているコンテンツや、改善が必要なページを特定できます。

 訪問者の流入元

訪問者がどのような経路でサイトにたどり着いたかを知ることは、マーケティング戦略を策定する上で重要です。

流入元は、直接アクセス、検索エンジン、リファラル(他のサイトからのリンク)、ソーシャルメディアなど多岐にわたります。

 検索キーワード

ユーザーがサイトにたどり着くために使用した検索キーワードを分析することで、訪問者のニーズや関心を理解することができます。

また、SEO戦略を見直し、より効果的なキーワードに焦点を当てることが可能になります。

 訪問者の特性

年齢、性別、地理的位置などの訪問者の特性を把握することで、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツやデザインの最適化が行えます。

 競合サイトの傾向分析

競合他社のウェブサイトも分析することで、自社サイトの強みや改善点を見極めることができます。

競合サイトのデザイン、コンテンツ、機能を比較することで、市場における自社の立ち位置を理解し、差別化を図ることが可能です。

 利用デバイス

訪問者が使用するデバイス(スマートフォン、タブレット、デスクトップなど)を把握することで、サイトのデザインや機能を最適化し、すべてのユーザーに最適な体験を提供できます。

 訪問のタイミング

訪問者がサイトにアクセスする時間帯や曜日を分析することで、最も効果的なコンテンツの公開時期やマーケティング活動のスケジューリングが可能になります。

 広告経由の訪問

広告キャンペーンを通じてサイトに訪れたユーザーの行動を分析することで、広告の効果を評価し、ROI(投資対効果)の最適化が図れます。

広告経由の訪問者の行動パターンを把握することで、より効果的な広告戦略を策定できます。

 

サイトの課題に応じた改善策の例

高い直帰率・離脱率に対して

ウェブサイトが高い直帰率や離脱率を示している場合、ユーザーがサイトに引き留まる動機を提供する必要があります。

サイトデザインの見直し、ロード速度の向上、ファーストビューの充実などが効果的な改善策となります。

サイトデザインの見直し

サイトデザインは、ユーザー体験に大きな影響を与えます。古臭いデザインや複雑なナビゲーションは、ユーザーを疲れさせます。

現代的で洗練されたデザインに更新し、直感的なナビゲーションを採用することで、ユーザーがサイト上での行動を続けやすくなります。

カラーパレット、フォントの選択、画像の品質にも注意を払い、訪問者にポジティブな印象を与えるよう努めましょう。

ロード速度の向上

ロード速度の遅いサイトは、ユーザーの離脱を招きます。

ページのロード速度を改善するためには、画像の最適化、キャッシュの利用、不要なプラグインの削除などが有効です。高速化されたサイトは、訪問者の快適な体験を提供し、彼らをサイトに留めることができます。

ファーストビューの充実

サイトにアクセスした際に最初に目にする「ファーストビュー」は、ユーザーの第一印象を形成します。

魅力的なヘッダー画像、明確なメッセージ、誘導的なCTA(コール・トゥ・アクション)を配置することで、訪問者の関心を引きつけ、サイト内深くへの誘導を促します。

 

訪問者数が少ない場合

訪問者数が少ない場合、サイトのコンテンツや内部リンク構造を改善することが求められます。

コンテンツの質の向上

コンテンツは、ウェブサイトの心臓部です。高品質で関連性の高いコンテンツを提供することで、訪問者の関心を引き、共有される可能性も高まります。

ブログ記事、イラストや図表、動画など、様々なフォーマットのコンテンツを作成し、ターゲットオーディエンスに価値ある情報を提供しましょう。

内部リンクの強化

サイト内のページ間で適切な内部リンクを設置することで、訪問者がサイト内で迷子になることを防ぎ、関連するページへの流入を促進します。

これは、SEOの観点からも有益で、サイトの構造を検索エンジンに理解させ、ページランクの向上にも繋がります。

 

低いコンバージョン率に対して

コンバージョン率が低い場合、目標達成までのフローの最適化、フォームの再設計、CTAボタンの改良などが有効です。

目標達成までのフローの最適化

コンバージョンまでのプロセスを簡素化し、ユーザーフレンドリーにすることが重要です。

例えば、購入プロセスを簡潔にし、不必要なステップを減らすことで、訪問者が簡単に目標を達成できるようにします。

フロー内での誘導も明確にし、訪問者が混乱することなく目的を達成できるように配慮することが重要です。

フォームの再設計

複雑または長過ぎるフォームは、ユーザーにストレスを与え、コンバージョン率の低下を招きます。

フォームを簡潔にし、必要最小限のフィールドのみを設けることで、訪問者が簡単に情報を入力し、アクションを完了できるようにします。

CTAボタンの改良

CTAボタンは、ユーザーのアクションを促す重要な要素です。

魅力的なデザイン、目立つ位置、明確なメッセージを持つCTAボタンは、訪問者の目を引き、コンバージョンに直接影響します。色やサイズ、文言のテストを行い、最も効果的なCTAボタンを見つけましょう。

サイト改善のプロセス

ウェブサイトを成功に導くためには、ただ目に見えるデザインを整えるだけでは不十分です。

実際に成果を生むウェブサイトへと導くには、計画的かつ継続的な改善プロセスが必要です。

ここでは、サイトの改善プロセスについて理解を深め、実際にどのように進めれば良いのかを説明します。

1. ウェブサイトの目的を設定する

    ウェブサイトの核となるビジネス上の目標であるKGI(重要目標達成指標)を設定します。

この目標は、「製品のオンライン売上を20%増加させる」のように具体的かつ測定可能であることが必要ですここで設定した目標は、サイトのデザイン、ユーザビリティ、コンテンツ戦略を構築する基盤となります。

2. 現状の分析を行なう

    次に、既存のウェブサイトのパフォーマンスを客観的に評価します。Google Analyticsを使い、どのページが最もトラフィックを獲得しているか、どのコンテンツが最もエンゲージメントを生んでいるか、またどのページがユーザーによる離脱の原因となっているかを分析しましょう。

また、ヒートマップツールを用いれば、ユーザーがサイト上でどのような行動をしているか、視覚的な理解も得ることができます。

3. 改善点を特定する

    分析を通じて明らかになった問題点や機会を洗い出します。

例えば、特定のページにおいて高い離脱率がある場合、ユーザーが求めている情報が不足しているか、ナビゲーションが複雑すぎる可能性が考えられるでしょう。これらの問題を特定し、優先順位をつけて改善計画を立てます。

4. 戦略を立案する

    特定された問題点を解決するために戦略を策定します。

ここでは、サイトの再構築やSEO戦略の再考、コンバージョン率の最適化など、具体的なアクションプランが形作られます。

目的に応じて最適な技術や手法を選定し、目標達成への道筋を明確にしたら、具体的な目標としてKPI(重要業績評価指標)を設定します。

5. 改善施策を実行する

    改善計画に基づき、実際にウェブサイトの更新や再設計を行います。これにはデザインの更新、コンテンツのリライトなどが含まれます。

この段階では、改善施策の実施に伴う予算の管理とスケジュールの策定も重要です。

6. 結果を評価する

    改善実施後には、その効果を評価することが不可欠です。新たに実施された変更がサイトのパフォーマンスにどのように影響を与えたかを分析し、目標達成に対する貢献度を測定します。

7. PDCAサイクルを回す

    サイト改善は一度実行するのみではなく、PDCAサイクル(Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善))を回すことが大切です。

この継続的なプロセスにより、ウェブサイトを繰り返し改善し続けることで、市場やユーザーのニーズに応じて最適化することが可能となります。

フィードバックや新しいデータを取り入れ、常にサイトを改善し続ける体制を整えることが、長期的な成功に繋がります。

 

 サイト構造を最適化するためのポイント

ウェブサイトの内部構造を最適化するためには、ユーザーの視点で情報へ直感的にアクセスできるよう設計することが必要です。

ここでは、ウェブサイトの各要素を改善する具体的な方法と手法について詳しく説明します。

 階層構造の明確化

【ページ階層の計画】

ウェブサイトを構築する際には、トップページから階層構造になるよう設計します。これはサイト内の各ページがどのように連携するかを理解するのに役立ちます。

【カテゴリー分け】

各ページを適切なカテゴリーに分類し、ユーザーが情報を予想通りの場所で見つけられるようにします。

同様のトピックやサービスは同じカテゴリーにまとめ、分かりやすく整理されたサイト構造を形成します。

 グローバルナビゲーションの簡素化

【メニュー項目の削減】

 メインのグローバルナビゲーションに表示するメニューには、最も重要な項目のみを掲載します。

メニュー項目が多すぎるとユーザーが混乱してしまうため、シンプルさが重要です。

【ドロップダウンメニューの利用】

 階層が深くなる場合は、ドロップダウンメニューやメガメニューを利用してサブカテゴリーや関連ページへのアクセスを提供します。

 内部リンク戦略

 【リンクの整理】

 ページの内容に基づいて内部リンクを設定します。

これにより、ユーザーが必要な情報を簡単に見つけられるようにすると同時に、ウェブサイトのSEO評価を高めることが期待できます。

【ナビゲーションリンク】

フッターやサイドバーに、サイト内の重要なページへのナビゲーションリンクを表示します。

これにより、ユーザーはどのページからでも主要なページへ簡単に戻ることができます。

【パンくずリストの設定】

パンくずリストは、 ユーザーがウェブサイト内でどの階層にいるのかを把握するのに役立ちます。

通常、ページの最上部に設置します。

 

 ゴールの設定とそれを支えるコンテンツ配置

ウェブサイトの目標を設定し、それを達成するためのコンテンツを戦略的に配置することで、コンバージョン率を高めることができます。

 具体的な目標の設定

ウェブサイトの目的を明確に定義し、それに基づいて各ページの役割を決定します。

例えば「製品情報ページでの問い合わせ数を月間50件以上にする」といった具体的な数値目標を設定します。

 コンテンツの整理

ユーザーの興味やニーズに合わせてコンテンツを作成し、それをウェブサイト内の適所に配置します。

購入意欲の高いユーザーには製品ページを、情報を求めるユーザーにはハウツー情報が掲載されたブログ記事を提供します。

 ウェブサイトのユーザビリティを高めるためのポイント

ユーザビリティの高いウェブサイトは、訪問者にとって使いやすく、ストレスのない体験をします。

 直感的なユーザーインターフェース

ユーザーがウェブサイトを利用する際に、無意識のうちに期待する動作ができるようにデザインします。

例えば、ロゴがホームページへのリンクであるなど、一般的なウェブの慣習に従います。

 アクセシビリティ

視覚障害を持つユーザーや高齢者も含め、全ての人が読みやすいように十分なコントラストとフォントサイズを確保します。

 インタラクションデザインの導入

ユーザーがアクションを行った際には、成功またはエラーの明確なフィードバックを提供することで、ユーザーが次に取るべきアクションを理解できるようにします。

 サイト表示速度を最適化する方法

ウェブサイトの読み込み速度はユーザーエクスペリエンスに直接影響します。

以下は表示速度を最適化するための方法です。

 画像の最適化

画像はウェブページの重要な要素ですが、ページの読み込み速度を遅くする主要な原因の一つでもあります。

適切な画像フォーマットの選択や、容量の大きい画像はサイズの見直しや圧縮するなど、必要に応じて調整することが重要です。

 キャッシュの最適化

ブラウザキャッシュを適切に設定することで、ページを再訪問するユーザーのロード時間を短縮し、サーバーの負担を軽減します。

 CDN(コンテンツ配信ネットワーク)の使用

CDNは世界中に分散したサーバーを利用してコンテンツを配信します。

これにより、ユーザーの地理的位置に関係なく、コンテンツのロード時間を最小限に抑えることができます。

 CSSやJavaScriptファイルの圧縮

CSSとJavaScriptファイルを圧縮し、不要なコードを削除することで、ページの読み込み時間を減らします。

また、可能であれば、複数のファイルを一つに統合することでHTTPリクエストの数を減らします。

ウェブサイト改善に役立つツール

ウェブサイトの分析と改善には様々なツールがあり、これらを活用することでデータに基づいた効率的なサイト最適化を行うことができます。

以下に、主要なツールとその具体的な活用方法を紹介します。

 Google Analytics4

Google Analytics4(GA)は、Google公式が提供するアクセス解析ツールです。以下で、主な機能について説明します。

 トラフィックの分析

Google Analytics4を使ってサイトのトラフィックデータを収集・分析する際には、以下の手順を踏むことが一般的です。

【データ収集】

GAトラッキングコードをウェブサイトの全ページに設置し、訪問者情報の収集を開始します。

【オーディエンス分析】

「オーディエンス」の項目で、ユーザーの属性情報(年齢、性別、地域、言語等)を確認します。

【流入元】

「集客」の項目では、どのチャンネル(ダイレクト、リファラル、ソーシャルなど)がどれだけのトラフィックをもたらしているかを分析します。

【リアルタイムデータ】

リアルタイムレポートを使用して、現在サイトを訪問しているユーザー数とその行動を観察します。

 コンバージョンの測定

コンバージョンの追跡は、ウェブサイトのビジネス成果に直結する重要な要素です。

【目標の設定】

Google Analytics4でコンバージョンを追跡するためには、「イベントの作成」機能を使うかGoogleタグマネージャー(GTM)を利用して、イベントを作成する必要があります。

 Google Search Console

Google Search Consoleは、SEO対策を行なう上で便利なGoogle公式の無料ツールです。以下で、主な機能について解説します。

 検索パフォーマンスの分析

Google Search Consoleでは、ウェブサイトの検索エンジンにおけるパフォーマンスを把握することができます。

【検索クエリの分析】

「検索パフォーマンス」の「クエリ」タブで、ウェブサイトにトラフィックをもたらしている検索クエリを確認します。

【ページ別パフォーマンスの確認】

「ページ」タブで個々のページが検索結果でどのように表示されているかを把握し、改善の余地を探します。

 サイトの問題点の特定

Google Search Consoleを使ってウェブサイトの問題を診断する方法には以下のようなものがあります。

【クロールエラーの報告】

ウェブサイトのクロール中にGooglebotが遭遇した問題(404エラーなど)を確認できます。

【インデックスカバレッジ】

インデックスされたページの数と、インデックスされていない理由を示すレポートを見ることができます。

 改善の提案の受け取り

Google Search Consoleは、ウェブサイトのSEOを改善するための具体的な提案を行うことがあります。

【モバイルユーザビリティの問題】

モバイル端末での表示に問題がないかをチェックし、提案された問題の解決を行います。

【パフォーマンス改善の提案】

 ページの読み込み速度や構造化データのエラーなどについての提案を受け取り、修正を行います。

 ヒートマップツール

ヒートマップツールは、ウェブページ上のユーザー行動を視覚化する強力なツールです。

【設置方法】

 ヒートマップツールをウェブサイトに組み込むためには、ツール内で取得したコードスニペットをページに挿入します。

【データの収集と分析】

訪問者のクリック、マウスの動き、スクロール深度などのデータを収集し、熱量分布として表示します。

 Google PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは、ウェブページのパフォーマンスを分析し、改善のための具体的な提案を提供します。

【分析の実行】

ウェブサイトのURLをツールに入力し、分析を実行します。

【レポートの確認】

生成されたレポートでは、ページのロードパフォーマンスが分かりやすいスコアで表示されます。

【改善提案の適用】

レポートで指摘された問題点(例えば、画像の圧縮やスクリプトの最適化)を修正し、ウェブサイトの速度を改善します。

サイト改善についての学習におすすめの本

ウェブサイトの改善に向けた学習におすすめの書籍を、以下で紹介します。

    「プロが教える Googleアナリティクス実践テクニック」(著者:大倉 裕治、於保 真一朗)

    「WordPressで加速させる! ソーシャルメディア時代の〈新〉SEO実践マニュアル」(著者:松尾 茂起)

サイト改善の知識を深めることは、自社に合った改善策を見つけ出し、実行に移すために重要です。

常に業界の動向を追いかけ、新しいツールや手法に精通していくことが、ウェブサイトのパフォーマンスを持続的に向上させる鍵となります。

この記事では、サイト改善をする必要性から具体的なプロセスまで解説しました。

上述した内容を参考に、自社のウェブサイト改善を図ってみてはいかがでしょうか。

 

アバター
プロモニスタ編集者
  • Facebook
  • Twitter
ページトップ