サイト改善
コホート分析とは?魅力とその実践的な活用方法
114

デジタルマーケティングの世界で、顧客の動向や行動を深堀りする際の重要な分析手法として、「コホート分析」が挙げられます。

この記事ではコホート分析の基本と、企業がどのようにして活用しているのかを解説します。

企業のコンテンツマーケティング担当者の方は、本記事を参考にコホート分析を自社の戦略へ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

コホート分析の基本を知ろう

コホート分析とは何か、その重要性を理解することで、活用の幅が一気に広がります。

コホートの基本的な意味から、なぜこれがマーケティングにとって欠かせないのかという理由までを説明します。

 

コホート分析とは?

 

コホート分析は、特定の時点や期間でのユーザーグループの行動を時間の経過とともに分析する手法です。

例えば、あるアプリに1月に登録したユーザーが、その後の月々でどれだけアクティブであるか、どのような行動をしているかを調査する際に使用されます。

 

コホート分析の基本的な意味

  コホート分析は、同じ時期や条件でのユーザーグループの行動や指標の変化を追跡し、分析する方法です。

通常の時系列分析とは異なり、コホート分析はユーザーの「ライフサイクル」に焦点を当てています。

これにより、例えば新しい機能のリリースやキャンペーンが、特定のユーザーグループに対してどれだけの影響があったのかを詳細に分析することができます。

 

コホートとは何か?

  「コホート」は、特定の期間や条件に基づきグループ化されたユーザーのことを指します。

例として、2023年1月にサービスを開始したユーザー、あるイベント後の一週間で新規登録したユーザーなどがコホートとして扱われます。

このようなユーザーグループを時系列で追跡することで、ユーザーの行動や反応の変化を見ることができます。

 

コホート分析を行うメリット

 

デジタルマーケティングの現場では、単に「ユーザー数が増えた」「売上が上がった」といった単純な指標だけでなく、その背後にある深い洞察が求められています。

コホート分析は、そのようなユーザーの深層心理や動向を理解するための鍵となる分析方法です。

 

ユーザーの動向をより詳細に分析できる

  一般的な時系列分析では、トレンドや季節性などの変動を捉えることができますが、具体的なユーザーグループの動向までは詳しく分析することは難しいです。

コホート分析を用いると、特定の期間やイベントでのユーザーグループの行動の変化を詳細に分析することができるため、例えば新機能の導入やキャンペーンの効果を具体的なユーザーグループにおける行動として詳細に把握することができます。

 

リテンションレート向上のヒントを得られる

  リテンションレートは、ユーザーがサービスやアプリを継続的に利用しているかどうかを示す指標です。

高いリテンションレートは、ユーザーがサービスに満足しており、継続的に利用していることを示すため、ビジネスにおいて非常に重要な指標となります。

コホート分析を通じて、特定のユーザーグループのリテンションレートを詳細に分析することで、ユーザーがサービスから離れる原因や、リテンションレートを向上させるための施策を考えるヒントを得ることができます。

  

コホート分析は、ユーザーの深層の動向や行動を理解し、それに基づいた最適なマーケティング施策を考え出すための分析手法です。

上記の内容を理解し、実際のマーケティングの現場で活用してはいかがでしょうか。

 

 

具体的な方法とその活用

 

コホート分析は、ユーザーグループの時間経過に伴う行動を追跡・分析する手法です。

以下で、コホート分析の具体的なやり方や活用方法を説明します。

 

コホート分析の手法

 

マーケティングの現場では様々なツールが利用されていますが、コホート分析には特定の手法やツールが求められます。

それらの中でも主要なものに焦点を当てて紹介します。

 

前向きコホートの特徴

  前向きコホートは、特定の時間やイベントを起点にして、それ以降のユーザーの動きを追跡する方法です。

例えば、新しい商品の販売開始日やキャンペーンの開始日を起点に、それ以降の購入者や参加者の行動を分析するのが一般的です。

この方法のメリットは、特定の変更やイベントの影響をはっきりと捉えることができることです。

一方、継続的な追跡が必要となるため、リソースの確保が求められることもあります。

 

ExcelやGoogle Analytics (GA4)での手法

  Excel

Excelを使う場合、データの取得と整理が重要になります。特定のコホートを基に、日次や週次、月次などの期間での行動データを集計し、それを時系列で並べることで、コホートの動向を視覚的に捉えることができます。

特に、条件式やピボットテーブル機能を活用することで、効率的な分析が可能となります。

 

  Google Analytics (GA4) 

GA4は、ユーザーの行動データを簡単に取得できるツールです。

コホート分析のレポート機能を活用することで、特定の期間や条件に基づくユーザーグループの動向を手軽に確認することができます。

また、カスタムレポートやセグメントの機能を使うことで、より詳細な分析も実施できます。

 

コホート分析で着目するポイント

  1. 初回の行動からの変化

コホートの最初の行動やイベントからの変化注目して、ユーザーの継続率や離脱率を確認します。

  2. 特定の時点のピークや谷

 何らかの外部要因や内部の変更によって、特定の時点でユーザーの行動が大きく変わることがあります。

それらのピークや谷を特定することで、効果的な施策や課題点を発見することができます。

  3. 長期的な傾向

短期的な変動だけでなく、長期的な傾向も確認して、ユーザーのロイヤルティーや満足度の変動を捉えることが重要です。 

 

 

マーケティング戦略での活用法

 

マーケティングの現場では、コホート分析は顧客の行動や傾向を理解し、効果的な戦略を策定するために不可欠となっています。

以下で具体的な活用例とその効果を詳細に解説します。

 

コホート分析の事例紹介

SaaSプロダクトの事例

 あるSaaS製品では、新規登録後のユーザーが最初の一週間以内にどれだけアクティブに製品を使用するかをコホート分析で追跡しました。

結果として、初めての3日間にアクティブに製品を使用したユーザーは、長期的にも高い継続率を示すことが明らかとなりました。

ゲームアプリの事例

あるゲームアプリでは、新しいゲームのステージがリリースされた後、どれだけのユーザーがそのステージをクリアしているかをコホート分析で確認。

これにより、ステージの難易度やユーザーの離脱点を正確に把握し、最適化を行うことができました。

 

顧客行動の把握と離脱率の改善策

  コホート分析を用いて、特定の時期やイベント後にユーザーがどれだけサービスを利用し続けるかを追跡することで、離脱しやすい時期や要因を特定できます。

これにより、タイムリーなフィードバックやオファーを提供することで、ユーザーの離脱を防ぐ対策を打つことが可能となります。

 

キャンペーン経由のコンバージョン数の分析

  特定のマーケティングキャンペーンを実施した後、そのキャンペーンを経由して訪れたユーザーのコンバージョン数や継続率をコホート分析で確認することで、キャンペーンの効果やROIを正確に測定することができます。

これにより、どのキャンペーンが最も効果的か、またどの部分に改善が必要なのかを明確にすることができます。

 

コンバージョンまでの所要時間の把握方法

  ユーザーが初めてサービスを利用してから実際にコンバージョン(例: 購入、登録など)に至るまでの時間をコホート分析で追跡することで、コンバージョンが発生するまで平均的な時間を把握することができます。

これにより、マーケティングのタイミングや戦略を最適化し、ユーザーをより効果的にコンバージョンへと導くことが可能となります。 

コホート分析をマーケティング戦略に組み込むことで、ユーザーの行動や傾向をより深く理解し、効果的な施策を策定することができます。

上記の内容を参考に、実際の業務に活かしてみてください。

 

 

グロースハックとコホート分析の関連

 

グロースハックは、製品やサービスに関する情報を収集し、改善のための仮説を実行していくマーケティングの手法です。

コホート分析は、グロースハックにおいて重要なツールとして位置づけられています。

以下では、グロースハックとコホート分析の関係性や、その活用例について詳しく解説します。

 

グロースハックとは?

グロースハックは、限られた資源の中で、製品やサービスの成長を促進するための戦略や実験を行う手法を指します。

これには、データの収集・分析、迅速な仮説検証、そして効果的な施策の実施が含まれます。

コホート分析は、グロースハックを実行する上で、データの分析やユーザー行動の把握に便利な手法として用いられています。

 

コホート分析を活用するメリット

・迅速なフィードバックの取得

 コホート分析を行うことで、新しい施策や機能がユーザーにどのような影響を与えるのかを迅速に把握することができます。

 

・ ユーザーセグメントの特定

どのユーザーセグメントが高いリテンションを示すのか、またどのセグメントが離脱しやすいのかを特定し、ターゲティングを最適化することができます。

 

・施策の効果測定 

ある特定のマーケティング施策やキャンペーンが実際にどれだけの効果を持っているのかを、データに基づいて測定することができます。

 

実際の活用例

新機能の効果測定

あるWEBサービスが新しい機能をリリースした後、コホート分析を用いてその機能の導入率や活用度を測定。

これにより、新機能の導入率を向上させるための最適なコミュニケーション手法を策定することができました。

 

プロモーションキャンペーンの効果

 あるEコマースサイトが特定のプロモーションキャンペーンを行った後、コホート分析を使用してそのキャンペーンを通じて獲得したユーザーの購入動向やリピート率を詳細に分析。この情報を基に、次回のキャンペーンの戦略を最適化しました。 

グロースハックを実行するためには、コホート分析のようなデータ分析が不可欠です。上記の内容を参考に、実際の業務に活かしてみてください。

 

 

おすすめのコホート分析ツール

 

コホート分析は、ユーザーの動向を時系列に沿って詳しく把握するための分析方法です。そのため、その分析をサポートするツールの選択は非常に重要です。

ここでは、おすすめのコホート分析ツールについて詳しく解説します。

 

ツールの紹介

データ分析のニーズに応じて、さまざまなツールが利用可能です。以下に、主要なコホート分析ツールの特性やメリットを紹介します。

 

Google Analyticsの特徴

・全体的な解析

ウェブサイトやアプリの全体的なトラフィックを分析することが可能。ユーザーの属性や行動、コンバージョンまで幅広い分析が行えます。

・無料プランあり

多くの中小企業にとって十分な機能が、無料で利用できます。

・GA4

新しいGoogle Analyticsのバージョンで、より詳細なユーザー行動の分析やコホート分析に特化しています。

・導入の容易さ

多くのウェブサイトやCMSとの連携が容易で、導入障壁が低いです。

 

ExcelとTableauの特長

Excel

・柔軟性

データのカスタム分析や計算が容易に行えます。

・普及率

ほとんどのビジネスマンが利用経験があるため、共同利用が容易です。

・初期コスト

 基本的な機能は比較的低コストで手に入れられます。

 

Tableau

・ビジュアル分析

データを視覚的に表現することで、直感的な理解をサポートします。

・大量のデータ処理

 大量のデータセットもスムーズに取り扱うことができます。

・ダッシュボード機能

複数のデータを一覧できるダッシュボードを作成し、共有することが容易です。

 

これらのコホート分析ツールの選び方は、分析の目的や取り扱うデータの量、そして予算などの要因に応じて異なります。

自社のニーズに合わせて、最適なツールを選択してください。

 

 

 

アバター
プロモニスタ編集者
  • Facebook
  • Twitter
ページトップ