リンク否認ツールとは?低品質な被リンクを無効化する方法

105

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

リンク否認とは、自サイトに向けられたリンクのうち、品質の低いリンク評価を無効にしてもらえるようGoogleに申請をかけることを指します。

質の低いリンクがサイト評価に悪影響を及ぼしている可能性がある場合、リンク否認を申請することでサイト評価が改善する可能性もあります。

ただし、リンクスパムアップデートなどによって、すでにGoogleは低品質なリンクの評価を無効化しています。

またリンク否認ツールは効果が強く、誤った使い方をすると適切なリンクも否認してしまうリスクもあるので使い方には注意が必要です。

「リンク否認ツールの正しい使い方は?」

「リンク否認ツールを使う際の注意点は?」

本記事では上記のような疑問に回答します。

記事を参考にリンク否認を正しく使用するようにしましょう。

リンクの否認とは?

リンクの否認とは、自サイトに向けて設置されたリンクのうち、低品質なリンクを否認することを指します。

被リンクの質や本数は検索順位の結果に大きな影響を及ぼすため、不自然、低品質なリンクを否認することで、SEO評価を適切に保つことができます。

ただしペンギンアップデートやリンクスパムアップデートによって、すでにスパムリンクは評価が無効化されるようになりました。このため自らリンク否認作業をしなくても、Googleがリンクの質を自動的に判断し、低品質なリンクについては無視してくれます。

▼ペンギンアップデートについて詳しく知りたい方はこちら

「パンダとペンギンアップデート」の違い Googleガイドラインを理解してペナルティを回避

しかし、明らかな削除対象リンクを発見した場合は、リンク否認ツールを使って即時対策するのがおすすめです。

低品質なリンクとは

リンクのうち、ユーザーにとって意味がなく、サイトの検索順位操作を目的としたリンクは低品質なリンクとしてみなされます。

例えば下記のようなリンクを指します。

  • リンク収集目的のサイトからのリンク
  • コピーコンテンツからのリンク
  • 有料で売買されているリンク

Googleは公式に、「リンクプログラム」にてサイトの検索順位操作を目的としたリンクを禁止しています。

参考:リンク プログラム

低品質なリンクは、Googleのガイドラインに反するため、リンクの効果が無効化されるだけでなく、手動ペナルティの対象になります。

ペナルティを受けた場合は、サイトのSEO評価が大幅に下がってしまう可能性があるため、低品質な発リンク・被リンクは削除するようにしましょう。

▼外部リンクについて詳しく知りたい方はこちら

外部リンクとは?SEO対策における重要性と獲得方法を解説

リンク否認ツールとは?

外部サイトから低品質なリンクを受けている場合、Googleの提供する「リンク否認ツール」によって実施できます。

リンク否認ツール

サイトへのリンクを否認する

リンク否認ツールは、低品質なリンクのリストを作成しアップロードすることで、該当のリンクの評価を無効化できます。

機能としてのリンクの存在は残りますが、Googleの評価は無効化され、低品質なリンクによるSEO上のリスクを軽減できます。

ただしリンク否認ツールはサイトの検索順位に悪影響を及ぼす可能性もあります。

使用する際は慎重に申請してください。

リンク否認ツールの使い方

リンク否認ツールはGoogle Search Console(サーチコンソール)上で利用できます。

下記の手順でリンクの否認を申請できます。

  1. 自サイトが獲得している被リンクの確認
  2. 低品質な被リンクの精査
  3. 否認するリンクのリストを作成
  4. ファイルのアップロード

それぞれの手順について詳しく解説します。

①自サイトが獲得している被リンクの確認

まずは自サイトが獲得している被リンクの一覧を抽出し、その中から否認するリンクを選定する必要があります。

獲得しているリンクはGoogle Search Console(サーチコンソール)で以下の手順で簡単に確認できます。

  • 左側のサイドメニューの「リンク」を選択
  • 外部リンクの項目の「上位のリンク元サイト」の「詳細」を選択する
  • 右上のエクスポートボタンを押し、ファイルをダウンロードする

以上でリンク元のドメイン一覧を抽出できます。

Google Search Console(サーチコンソール)は無料ツールのため誰でも利用できます。

より詳細なリンク調査を行いたい場合は、「Ahrefs」や「OpenSiteExploer」など有料ツールを使いましょう。ドメインの強さなどによってフィルターをかけることもでき、品質の悪いリンクを見つけやすくなります。

リンク調査について便利な有料・無料ツールについては以下のページで解説しています。

参考:被リンクのSEO効果って?獲得方法や注意点を解説

②低品質な被リンクの精査

リンクの抽出ができたら、一覧から低品質なリンクを洗い出しましょう。

Googleはリンクプログラムで、低品質なリンクの例を以下のように挙げています。

  • PageRank を転送するリンクの売買
  • 過剰な相互リンク
  • 相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成する
  • アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン
  • 自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成する
  • 第三者のコンテンツ所有者に対し、必要に応じてアウトバウンド リンクに修飾属性を適用するかどうか選ぶ権利を与えずに、特定の利用規約や契約、または同様の取り決めの一部として、リンクを義務付ける

参考:リンクプログラム

リンクプログラムを見ながら、自サイトに不利益をもたらすリンクを精査し、リストアップしましょう。

リストアップの際は必ずリンクの貼り方を目視し、上記に該当するかしないか慎重に判断してください。

リンク否認ツールで申請してしまうと、低品質ではないリンクも否認してしまいます。

もしも有効なリンクを否認してしまうと、SEO評価を下げてしまう恐れがあるため、リンクの品質は慎重に判断するようにしてください。

③否認するリンクのリストを作成

否認したいリンクのページまたはドメインが決まったら、アップロードするためのリストを作成しましょう。

詳しい方法は以下の通りです。

  • リストはテキストファイル(.txt)に記載
  • 否認するURLまたはドメインを1行につき1つ指定する
  • 「domain:」のプレフィックスを付けることでドメインまたはサブドメイン全体を無効化可能
  • 「#」で始まる行は無視されるため、コメントを記載してメモ代わりに使うことができる

以上を踏まえ、以下のように記述しましょう。

#否認するページ

https://aaa.bbb.com/aaa/ssss/

https://aaa.bbb.com/aaa/cccccc/

#否認するドメイン

domain:ddd.eee.fff.com

ファイルは最大で100,000行、または2MBまで記載できます。

参考:サイトへのリンクを否認する – Search Console ヘルプ

④ファイルのアップロード

最後に作成したテキストファイルを否認ツールのページからアップロードしてください。

以下の手順でアップロードができます。

  1. 「サイトへのリンクを否認する」へアクセスする
  2. 適用するサイト・プロパティを選択し、「リンクの否認」を選択する
  3. 表示される注意をよく読み、「リンクの否認」をクリックする
  4. 「ファイルを選択」から③で作成したテキストファイルをアップロードする
  5. 「○件のドメインと○件のURLが含まれています。」の結果を確認し、誤りがないか見直す
  6. 「送信」を選択する

以上でリンクの否認申請が完了します。

アップロード後、否認処理が完了してもGoogleから通知は来ないので、正確な反映のタイミングはわかりません。

申請から数日間~数週間かかることがほとんどなので、気長に待ちましょう。

誤って否認すべきではないリンクをリストに含めて送信してしまった場合は、リストから削除したものを再度アップロードしてください。

送信結果は上書き保存されるため、アップロード後はリンクとして評価の対象に含まれるようになります。

否認ツールの注意点

リンク否認ツールを利用する際は以下の点に注意してください。

  • リンクの否認は慎重に実施する
  • リンク無効化が完了しても連絡はない

リンク否認ツールは効果が非常に強いため、誤った使い方をすると適切なリンクも否認してしまい、かえってSEO評価を下げてしまう可能性もあります。

それぞれ詳しく紹介します。

リンクの否認は慎重に実施する

リンクの否認は強い効力を発揮する反面、適切なリンク評価も無効にしてしまうリスクも伴います。

怪しい被リンクを見つけた場合、リンク否認ツールの使用は最終手段として認識してください。

まずは、リンク元サイトの運営会社・管理者に連絡し、リンクを削除してもらうように依頼するようにしてください。

連絡しても返答がない、または断られた場合など、削除に対応してもらえなかったときの最終手段としてリンク否認ツールを利用するようにしてください。

参考:サイトへのリンクを否認する

リンク無効化が完了しても連絡はない

リンク否認ツールで申請後、Googleがリンクの無効化を実施するまでは数週間かかることもあります。

また、リンク無効化が完了しても連絡が来ることはなく、いつ無効化されたか正確なタイミングはわかりません。

もしも誤った申請をしてしまった場合、リンク否認が認められた瞬間に突然検索順位が下がる可能性もあります。申請後は定期的に検索順位などをチェックしておくようにしてください。

まとめ

本記事ではリンク否認について解説しました。

リンクはSEOの評価に大きな影響を及ぼすため、質の悪い被リンクばかり集まったサイトはSEOの評価が上がりにくくなる可能性があります。

質の悪いリンクはGoogle Search Console(サーチコンソール)のリンク否認ツールで評価を無効化できます。

以下の手順でリンクの否認申請ができます。

  1. 自サイトが獲得している被リンクの確認
  2. 低品質な被リンクの精査
  3. 否認するリンクのリストを作成
  4. ファイルのアップロード

ただし、リンク否認ツールは非常に強力なため、適切なリンクも否認してしまう可能性もあります。

品質の悪いリンクをみつけたら、まずはサイト運営者へリンクを削除してもらえるよう依頼することから始めましょう。

リンク否認ツールの利用は削除を断られたり、返答がもらえなかったりした時の最終手段として利用するようにしてください。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。