コピペチェックとは?無料で使えるツール5つと仕組みを解説

247

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

コピペチェックとは、コピー&ペーストの略称で、インターネット上のテキストをコピーし、別のコンテンツ内に貼り付けることです。

時として便利なコピペ機能ですが、コンテンツ作成を楽するために悪用をするとデメリットしかありません。最悪の場合、Googleからペナルティを受け、検索順位が大きく下がる可能性があります。

そのようなことを防ぐために、作成したコンテンツはコピペチェックをする必要があります。

本記事では、コピペチェックがSEOに重要な理由やコピペチェックツールを選ぶ際のポイント、無料で使えるおすすめのコピペチェックツールを解説します。

「コピペチェックはなぜ必要?」

「おすすめのコピペチェックツールを知りたい」

このような疑問・要望がある方はぜひ最後までご覧ください。

コピペチェックとは?

コピペとは、コピー&ペーストの略称です。

既にインターネット上に掲載されているテキストをコピーして、別のコンテンツ内に貼り付けることを指します。

後述しますが、当然コピペのような行為はGoogle側も推奨しておらず、もし行なった場合はペナルティの対象となり、検索順位が大きく下がる可能性があります。また、コピペ元の記事を掲載しているサイトから、著作権違反として訴えられるリスクもあります。

そのような事態になってしまっては、自社サイトへのアクセスが下がるだけでなく、ユーザーからの信頼も失ってしまうでしょう。

とはいえ、膨大なコンテンツから「これはコピペか否か?」を判断するのは非常に困難なことです。社内にある人材や時間、資金などのリソースは限られているため、「できることなら効率化したい」と思われているのではないでしょうか。

そこで役立つのが、コピペチェックを簡単に実施できるツールを活用することです。コピペチェックツールを使うことで、確認作業を効率化できるのはもちろんのこと、記事の品質向上にも繋がります。

次の章では、コピペチェックの活用シーンについて解説します。

活用シーン

コピペチェックは記事作成の最終チェックによく使われます。

自社で記事を内製した場合は言わずもがなですが、外部ライターに外注して記事を作成した場合でも、最終的には自社の発信コンテンツとして見なされるため、内容に責任を持つ必要があります。

もし他社サイトからのコピペが見つかってしまうと、最悪の場合Googleからペナルティを受けてサイトの評価にマイナス影響を与えるのみならず、会社の信用を落としかねません。

そのため、外注ライターに依頼した記事の場合はもちろんのこと、社内で内製した場合であってもコピペをしていないか注意しましょう。

とはいえ、記事をチェックするにしてもSEOライティングの基礎知識が必要になります。

下記の記事でSEOライティングの基礎知識や要点を解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

SEOライティングの基礎と知っておくべき13のポイント

コピペチェックはSEOにおいてなぜ重要なのか?

では何故、コピペチェックがSEOにおいて重要と言われているのか詳しく見ていきましょう。

Googleが定義している「品質に関するガイドライン」の中で、「無断複製されたコンテンツ」は不正行為とみなされています。

理由は、独自性のあるコンテンツを発信しなければ、ユーザーにとって付加価値を生み出しているとは言えないからです。

つまり、コピペしたようなコンテンツは検索エンジンに評価されず、上位表示されることもありません。

また、前述したとおり、コピペしたコンテンツは著作権侵害に当たる可能性があります。もしも訴えられるようなことになれば、自サイトの信頼性を失い、今後のサイト運営が厳しくなる可能性もあるでしょう。

ではコピペしたコンテンツとは、どのようなものが該当するのでしょうか。

Google公式からは「無断複製されたコンテンツ」の例として、以下の項目が挙げられています。

  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
  • なんらかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
  • ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

引用:Google検索セントラル 無断複製されたコンテンツ

上記に該当するコンテンツを掲載しないためにも、コピペチェックが重要です。コピペがなくて、独自性のある価値が高いコンテンツを発信すれば、自サイトのSEO評価も上がります。

SEO評価を上げるためにも、コピペチェックは忘れず行いましょう。

コピペチェックツール選定時のポイント

コピペチェックツールを選ぶ際のポイントをまとめました。

  • 費用
  • チェック可能文字数
  • ツールの使いやすさ

それぞれのポイントを詳しく解説します。

費用

コピペチェックツールには無料と有料の2種類があります。

当然のことながら、有料ツールであれば性能は増えますし、それに伴って活用シーンの幅も広がります。しかしながら、無料ツールであってもメリットはあります。

例えば、レポート機能がある有料ツールは業務を効率化できる一方で、そのような機能はないものの完全無料のツールであれば、その分のコストを抑えられます。

自社サイトの用途に対するコストパフォーマンスを加味して、費用感の合ったツールを選定しましょう。

チェック可能文字数

無料ツールの場合は、チェックできる文字数に制限があります。

そのため、長文記事を作成するメディアで、一度に多くのテキストをチェックしたい場合は、無料ツールでは賄いきれない可能性があります。

あらかじめチェックしたい文字数や使用頻度を考慮して、ツールを選定するようにしましょう。

ツールの使いやすさ

メディアによっては、複数の担当者が存在する場合があります。

もしツールが使いにくくては、担当者によって慣れるまでに時間が掛かったり、ツールとの相性が悪くて逆に作業効率が悪くなるかもしれません。

ですので、どの担当者でも使いやすく、ストレスなく使用できるかを加味してツールを選定しましょう。

特に有料ツールの導入を検討する場合は、無料版で使用感を試してから導入するのがおすすめです。

おすすめのコピペチェックツール(無料)

本章では、無料で使えるおすすめのコピペチェックツールを5つ紹介します。

  • CopyContentDetector
  • こぴらん
  • sujiko.com
  • 剽窃チェッカー
  • chiyo-co

それぞれのツールが持つ特徴を詳しく紹介しますので、ぜひご覧ください。

CopyContentDetector

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、株式会社ウェブサークルが提供する無料で使えるコピペチェックツールです。

無料版と有料版に分かれており、無料でも25〜4,000字までのテキスト量をコピペ判定できます。また、除外するドメインを設定できたり、他コンテンツとの「類似度」や「一致率」を定量的に示してくれるなど、非常に汎用性の高いツールと言えます。

さらには、コピペの疑いがある場合は「コピーの疑い」「要注意」というように、段階ごとに表示されます。「良好」と判定されれば、コピペの可能性は限りなく低いです。

このように視認性が高く、CSVファイルの読み込みも可能なため、誰にでも使いやすいツールです。

https://ccd.cloud/

こぴらん

こぴらん

こぴらんは、無料で使えるコピペチェックツールです。

ツールの画面はシンプルで見やすく、操作も方法も簡単で、コピペチェックしたいテキストをコピーして入力欄に貼り付けるだけです。コピペチェックできる文字数は25〜4,000文字なので、長文コンテンツでない限り問題はありません。

また、こぴらんには公開した記事をコピペチェックできる機能が付いており、うまく活用すれば作業を効率化できます。

シンプルな設計でどの担当者にも使いやすいツールと言えます。

https://copyrun.net/

sujiko.com

sujiko.com

sujiko.comは、コンテンツ同士の類似を判断する際に使える無料コピペチェックツールです。

コピペチェックしたいコンテンツと比較対象となるコンテンツのURLを入力し、「判定」ボタンをクリックするだけで、類似度をチェックします。

また、自社コンテンツをコピーした疑いのあるコンテンツのコピペチェックもできます。もしも疑惑がある場合は、チェックしてみると良いでしょう。

http://sujiko.jp/

剽窃チェッカー

剽窃チェッカー

剽窃チェッカーは、主に学生がレポートのコピペを確認する際に使われるコピペチェックツールです。

2,000文字までの範囲なら無料で使えます。

他のツールのように類似度や一致率を判断することはできませんが、サイトを読み込むスピードは早いため、速度を重要視される方に特におすすめです。

https://plagiarism.strud.net/

chiyo-co

chiyo-co

chiyo-coは、CLOCO株式会社が提供する無料のコピペチェックツールです。

コピペチェックだけでなく文章の類似度の判断もでき、クラウド型のツールなので、ソフトウェアのようにダウンロードする必要がありません。

ただし、ツールを使うためには会員登録が必要です。登録初月は10カウント分無料で使えますが、それ以降は有料となります。

 https://kagemusya.biz-samurai.com/

まとめ

本記事では、コピペチェックがSEOに重要な理由やコピペチェックツールを選ぶ際のポイント、無料で使えるおすすめのコピペチェックツールを解説しました。

改めておさらいすると、コピペとはコピー&ペーストの略称です。インターネット上で掲載されている文章をコピーして、他コンテンツで掲載することを指します。

コピペしたコンテンツをサイト内に掲載すると、SEOにマイナスの影響を及ぼし、最悪の場合Googleからペナルティを受ける可能性があります。またそれだけではなく、コピペ元のコンテンツを掲載しているサイトから、著作権を侵害しているとして訴えられるリスクもあるでしょう。

そのようなリスクを回避するために、外注・内製問わず作成したコンテンツは、コピペチェックするようにしましょう。

今までコピペチェックをしていなかったサイト運営者の方は、本記事で解説したコピペチェックツールの選び方やおすすめのツールを参考にしてみてください。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。
Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。