クローキングとは

32

こんにちは。ウィルゲートが提供するSEO分析ツール「TACT SEO」ライターチームです。

クローキングとは人間であるユーザーと、ロボットである検索エンジンのクローラーに対して、コンテンツやページを異なる形で表示することです。

クローキングとは

この場合Googleが認識しているページと、実際にユーザーが訪れるページに乖離が発生してしまい、ユーザーが混乱する可能性があるため、Googleではクローキング行為を禁止しているのです。

Googleの品質に関するガイドラインからみるクローキングとは

Googleの品質に関するガイドラインには下記のような行為において、クローキングとみなされると紹介されています。

  • 検索エンジンにはHTMLページ、人間のユーザーには画像やFLASHのページを表示する行為
  • アクセスしてきた「User-agent」がクローラーの場合にキーワードやリンクを挿入し、人間には分かりにくい形で、不正な順位操作をしようとする行為

意図しないクローキングに注意

クローキングを使ったスパム行為はGoogleによって感知されるうえ、ペナルティを課せられる可能性がとても高いです。
クローキングによるスパム行為自体かなり古い手法ですので、最近ではあまり目にすることがありませんが、サイトの設定を間違えるなど意図しない形でクローキングのようになってしまう可能性はありますので、気をつけるようにしましょう。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

Pocket

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。