MEOとは

MEOとはMap Engine Optimizationの略称で、Google MAP向けの地図エンジンで最適化を図ることを指します。

検索エンジンで「地域名+キーワード」で検索すると、自然検索結果の上段にGoogleマップの枠が表示されます。マップ上には検索した地域とキーワードに該当する店舗が表示され、実際にその地域にある目的の場所が探しやすくなっています。

画像は「東京(地域名)+飲食店(キーワード)」で検索した結果一覧ページです。

地域密着型の集客に効果

MEO対策は地域とキーワードを組み合わせて検索されることを目的としているように、限定した地域での集客に効果があります。

例えば、フラワーショップやヘアサロンのような店舗集客は、特定エリアでサービスを求めるユーザーに対して「地域名+サービス名」のような組み合わせで検索結果に対応するMEO対策です。

キーワード検索に地域名を加えるユーザーは、その場所でキーワードに関連したサービスを探していることが考えられます。MEO対策をして上位表示されることで、優良な見込み客獲得に役立つのです。

MEO施策

Googleマップで会社を探しやすくしてもらうには、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録して会社情報を入力しましょう。Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)では、会社の住所や電話番号、営業時間、画像などを掲載できます。ユーザーがGoogleマップから会社の情報を受け取り、目的の会社を見つけやすくする効果があります。

参照:Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス):http://www.google.co.jp/intl/ja/business/

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の登録が完了したらサイテーションの増加を意識しましょう。MEOではサイテーションの数が検索結果の上位表示に関わってきます。サイテーションは言及や参照のことで、対象の会社がWeb上の他のページで話題に上がっているかを示します。

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアやブログのサイテーションもカウントされるので、多くのプラットフォームで会社情報が言及されるように取り組みましょう。

正確なNAPの記載

またサイテーションは、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)で登録したNAP(名前/Name、住所/Address、電話番号/Phoneの略)が会社情報と統一されている必要があるという点に注意が必要です。

複数店舗の情報更新にお困りの場合

ここまで、MEOについてと、Googleビジネスプロフィールを活用することの効果をご紹介しました。

会社や個人事業など1店舗のGoogleマップ対策であれば自社で行うことが可能ですが、複数店舗を運営している場合、

「Googleマップ対策は行いたいが情報更新を自社で行うには膨大な時間がかかる」

「Googleマップ上でも店舗からの情報発信を行いたいが、Googleビジネスプロフィールを活用するノウハウがない」

というお悩みをお持ちの方もいるかと思います。

そのようなお悩みを持つ方には、Googleビジネスプロフィールの一括管理サービスの活用がおすすめです。

Googleビジネスプロフィール・HP・各SNSの一括管理サービス「Canly(カンリー)」を提供する株式会社カンリーでは、15,000店舗以上のGoogleビジネスプロフィール運用により得たノウハウを持つ熟練の運用担当者が、企業の担当者と伴走しながらGoogleビジネスプロフィールの運用支援を行っております。

Canly(カンリー)を通じてGoogleビジネスプロフィールやHP・各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善に繋げることができます。

株式会社カンリーへのお問い合わせはこちら

Pocket