サイト改善
ディープリンクの基本を解説!現在・過去の意味から各プラットフォームの対応まで
81

ディープリンクはユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えるため、導入の重要性が高まっています。

この記事では、ディープリンクの定義から、導入するメリット、各プラットフォームの具体的な事例まで解説します。 

ディープリンクとは

ディープリンクとは、ウェブサイトからモバイルアプリケーション内の特定のコンテンツに直接遷移できるリンクのことです。

ここでは、ディープリンクの基本について説明します。

現在のディープリンクの意味

ディープリンクは、ウェブサイトまたはモバイルアプリケーション内の特定のページまたはコンテンツに直接リンクすることです。

例えば、オンラインショッピングアプリの特定の製品ページや、ニュースアプリの特定の記事に直接リンクすることができます。

過去のディープリンクの意味

現在のディープリンクは、スマートフォン登場以降の概念ですが、それ以前からディープリンクという言葉は存在しています。

当時リンクを設置する際は、ウェブサイトのトップページへのリンクを指定するのが通常で、トップページ以外の下層ページに遷移させるリンクのことはディープリンクと呼んでいました。

ディープリンクの仕組みと技術

ディープリンクはどのように機能するのか、どのように設定するのかを学びましょう。

ここでは、ディープリンクの仕組みや、ダイナミックリンクとの違いについて深掘りします。

リンクの種類と特性

ディープリンクには、Custom URL Scheme、 Universal Links,、App Linkなどいくつかの主要なタイプがあります。

それぞれの特性とメリットを理解することで、最適なディープリンク戦略を構築できます。

 Custom URL Scheme

Custom URL Schemeは、アプリケーションの特定の部分へのリンクを作成する方法の一つです。

この方法では、独自のURLスキーム(例 myapp//)を作成して、それを使用してアプリ内の特定のセクションにリンクを作成します。

ただし、この方法には制約があり、例えばユーザーがアプリをまだインストールしていない場合、リンクは機能しない可能性があります。

 Universal Links・App Link

Universal LinksはiOSデバイスで、App LinkはAndroidデバイスで使用されるディープリンクのタイプです。

アプリがインストール済みであれば指定したアプリ内のコンテンツへ遷移し、アプリがインストールされていない場合はウェブサイト上の特定ページに遷移させることができます。

これにより、ユーザーエクスペリエンスは大幅に向上し、ユーザーは適切なコンテンツにシームレスにアクセスできます。

ダイナミックリンクとの違い

ダイナミックリンクは、ユーザーがアプリを既にインストールしているかどうか、またどの種類のデバイスを使用しているかに関わらず、リンクの挙動を動的に変更することができます。

例えば、iOSユーザーはApp Storeに、AndroidユーザーはGoogle Play Storeにリダイレクトされ、アプリが既にインストールされている場合、アプリ内の特定コンテンツへ遷移されます。

ディープリンクを導入するメリット

ディープリンクを導入することは、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上と企業の戦略的な位置付けの両方に寄与します。

ここでは、ディープリンクの必要性やメリットについて説明します。

ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上

ディープリンクの使用は、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる要因となります。特定のコンテンツやページに直接リンクすることで、ユーザーは迅速かつ簡単に所望の情報やサービスにアクセスできます。

 ユーザーに与えるストレスの低減

ディープリンクは、ユーザーにとってのストレスを大幅に軽減します。ユーザーは、アプリやウェブサイト内を探索する時間と労力を大幅に節約でき、必要な情報や機能に迅速にアクセスできます。

これにより、ユーザーの満足度が向上し、ブランドに対するポジティブな印象が強化されます。

 コンバージョン率向上

ディープリンクを使用すると、ユーザーは特定のアクション(例:購入、ダウンロードなど)をよりスムーズに完了できます。

これにより、コンバージョン率が向上し、企業の収益も増加することが期待できます。

購入プロセスを簡潔にすることで、購買途中の離脱率も低下できるでしょう。

アプリへのリピート訪問や持続的な利用を増加させる

ディープリンクを使用することで、アプリへのリピート訪問や持続的な利用を効果的に促進できます。

例えば、ユーザーがメールやソーシャルメディアの通知からアプリの特定の機能やコンテンツに直接アクセスできるようになると、アプリへの関心が高まり、継続的な利用が促されます。

このアプローチは、特に定期的なイベントや更新内容を提供するアプリにおいて、ユーザーエンゲージメントの向上に寄与します。

広告から直接の成約へとつなげる

ディープリンクを活用することで、広告から直接成約につなげるプロセスがスムーズになります。

例えば、オンラインショップの広告がある特定の商品のページに直接リンクし、ユーザーが広告をクリックした瞬間に購入プロセスに入ることができます。

この方法は、広告のクリックから購入までのステップを減らし、ユーザーの購買決定を迅速化する効果があり、結果として高いコンバージョン率を達成することが可能です。

マーケティング戦略の強化

ディープリンクの導入は、企業のマーケティング戦略で重要な要素です。

効果的に運用すれば、企業はアプリの使用率を向上させることができ、これによってユーザーエンゲージメントの向上とブランド認知度の増強が期待できます。

 アプリの使用率向上】

   ディープリンクを活用することで、ユーザーは特定のコンテンツや機能へのアクセスが簡単になります。

この結果、ユーザーはアプリをより頻繁に使用し、アプリに対する依存度が増すことが見込まれます。

 【ユーザーエンゲージメントの促進】

   ディープリンクを通じて、ユーザーはアプリ内で必要とする関連コンテンツへ迅速かつ容易に移動することができます。

これにより、ユーザーのエンゲージメントを刺激し、アプリ内での滞在時間を延ばします。

 【ブランド認知度の向上】

   ブランドのコンテンツへの迅速かつ簡単なアクセスが可能になることで、ディープリンクはブランドの可視性を格段に上げます。

この可視性は、ユーザーのブランド認知度とロイヤリティの向上に寄与します。

ディープリンクがユーザーのストレスを軽減している5つの理由

ディープリンクは、ウェブ上でのナビゲーションを効率的かつ直感的にすることで、ユーザー体験を大きく向上させます。

特に、ユーザーの時間と労力を節約し、ストレスを減らすために重要な役割を果たしています。ここでは、ディープリンクがユーザーのストレスをどのように軽減しているかを5つの理由に分けて説明します。

必要なページに直接アクセスできる

ディープリンクはユーザーを、ウェブサイトの特定のページやコンテンツに直接案内します。

例えば、オンラインショッピングサイトで特定の商品ページに直接リンクすることで、ユーザーはホームページから商品を探す手間を省けます。これにより、情報を素早く手に入れ、目的のアクションへとスムーズに移行できます。

時間の節約と効率化

ディープリンクは、ウェブサイト内での無駄な回遊を防ぎ、目的の情報にすばやくアクセスすることを可能にします。

例として、ユーザーがニュース記事の特定のセクションに直接飛べるようなリンクが挙げられます。

これにより、時間の節約だけでなく、情報取得の効率も大幅に向上します。

ユーザーの使いやすさの向上

ディープリンクにより、ウェブサイトの使いやすさが向上します。具体的には、ユーザーが必要とする情報や機能にすぐにアクセスできるため、ウェブサイトの全体的なナビゲーションが改善されます。

これは、特に大規模なウェブサイトや複雑なアプリケーションにおいて、ユーザー体験の質を高める重要な要素です。

パーソナライズされた体験の提供

ディープリンクは、ユーザーの過去の行動や興味に基づいてパーソナライズされたコンテンツを提供するのに役立ちます。

例えば、過去に閲覧した商品に基づく推薦商品へのリンクをメールで送ることができます。これにより、ユーザーは自分に合ったコンテンツに迅速にアクセスでき、より関連性の高い体験を得ることができます。

誤誘導とエラーの回避

ディープリンクにより、ユーザーを誤ったページや関連性の低いコンテンツへと誘導するリスクが減少します。

適切に設定されたディープリンクは、エラーページや無関係なコンテンツへの誤誘導を防ぎ、ユーザーのストレスを減らします。

これは特に、大量のコンテンツを持つウェブサイトで重要です。

ディープリンクを利用するメリット4つ

ディープリンクの利用は、スマートフォンアプリやウェブサービスの利便性を大幅に向上させます。

ディープリンクにより、ユーザーは直接、目的の場所にアクセスしやすくなり、開発者はユーザーエンゲージメントやアプリの利用を促進することができます。

ここでは、ディープリンクを利用することで達成可能な4つのメリットについて説明します。

スマートフォンアプリ間の移動をスムーズに行う

ディープリンクを使うことで、異なるスマートフォンアプリ間の移動が非常にスムーズになります。

例えば、メールアプリのリンクから直接ショッピングアプリの特定の商品ページに移動できます。

これにより、ユーザーは複数のアプリを行き来する際の手間を省くことができ、より快適なモバイル体験を享受できます。

広告等を通じてアプリ内の特定の部分へ直接案内する

ディープリンクを活用することで、広告やマーケティングメールを通じて、ユーザーをアプリ内の特定の部分へ直接案内することが可能になります。

例えば、特定のプロモーションやセールの告知に使用された広告リンクが、ユーザーを直接セールが表示されているアプリのページに導きます。

これにより、広告の効果が向上し、より効率的なマーケティングが実現します。

Googleの検索結果からアプリ内へ直接リンクする

Googleの検索結果を利用してディープリンクを設定することで、検索ユーザーを直接アプリ内の関連ページへ導くことができます。

例えば、特定のレシピを検索した際に、そのレシピが載っている料理アプリの該当ページへ直接アクセスできるようになります。

これにより、アプリの露出が増え、新しいユーザーを獲得しやすくなります。

アプリダウンロードの促進

ディープリンクは、アプリのダウンロードを促進する効果的な手段となります。

アプリが未インストールのユーザーに、ディープリンクを通してアプリストアのダウンロードページに誘導し、アプリのインストールを促します。

これは、アプリの露出を高め、新規ユーザー獲得のチャンスを拡大する重要な戦略です。

ディープリンクに対応しているプラットフォーム事例

各プラットフォームでのディープリンクの取り組みを紹介します。

各プラットフォームがディープリンクに関してどのようにユーザーエクスペリエンスの向上とエンゲージメントの増加を図っているのか、理解を深めていきましょう。

Apple

Appleでは、「Universal Link」というディープリンクの技術を積極的に採用して、ユーザーに最適なアプリ体験を提供しています。

Universal Linkを使用すると、ユーザーはウェブリンクをクリックするだけで、自動的に関連するアプリ内のコンテンツに導かれます。

これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

Facebook

Facebookでは、App Linksというディープリンク技術を採用しています。

App Linksは、他のアプリまたはウェブページから簡単にアプリ内コンテンツにリンクすることができるオープンスタンダードです。

これにより、ユーザーは複数のプラットフォーム間でシームレスなエクスペリエンスを享受することができます。

Google

Googleでは、ディープリンクをサポートするApp Indexingという機能を提供しています。ただし、現在は公式で非推奨とされており、2025 年8 月25 日には廃止予定だとアナウンスされているため新しく導入することは控えましょう。[5] 

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)もディープリンクをサポートしており、アプリ内の特定のコンテンツやページに簡単にアクセスが可能となっています。 

Twitterカードを使用すると、ユーザーはポストを通じてアプリ内のコンテンツに簡単にアクセスできます。

これにより、ユーザーエンゲージメントとアプリの使用が向上します。 

ディープリンクの未来展望

近年はスマートフォンが広く普及し、モバイルアプリケーションの利用が一般化しているため、ディープリンクを導入することの重要性はますます高まっていくと考えられます。

ディープリンクを活用してウェブサイトとアプリ間をスムーズに連携し、ユーザーエクスペリエンスの向上やアプリの利用者増加を目指しましょう。

ディープリンクについてまとめ

ディープリンクは適切に活用することで、ユーザーのエンゲージメントを高め、最終的にはコンバージョンへと導くことが期待できます。\

ディープリンクを導入する際はテクニカルな側面をしっかりと理解し、最適な実装を行うことが重要です。実装後はディープリンクが正しく機能することを確認するためのテストと検証を行なうようにしましょう。

また、ユーザーエクスペリエンスを継続的に評価し、必要に応じて改善を行うことで、ディープリンクの効果を最大限に高めることができます。

アバター
プロモニスタ編集者
  • Facebook
  • Twitter
ページトップ