SEO
記事作成の効果的な方法からSEO対策までを解説!
1

経験のない人がただ文章を書いていくのと、プロが記事を作成していくのは、成果物が同じ「記事」でも内容は大きく異なります。

自社のオウンドメディアに掲載する記事作成を行う上では、ただ記事を量産するだけではなく、効果的にSEO対策を施した記事が必要です。また記事の作成方法も確立させ、効率的に本数を上げていかなくてはメディア自体も完成しません。

そこで本記事では、記事執筆の経験がない人でも高品質な記事を作成できるよう、具体的な方法を解説しています。さらに上位表示に必要なSEO対策や、記事執筆を効率化させる方法まで紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

また、以下の無料ダウンロード資料は、貴社の記事制作で成果を上げるためにご活用ください。

SEO流入やコンバージョン数を記事コンテンツにより育て上げる
コンテンツSEOの基本となる考え方を記載したナレッジ資料となっております。

「ウィルゲートのコンテンツSEOの考え方が理解できる秘伝資料」を無料提供中!(リンク先でお問い合わせいただいた方限定)

>>無料で資料をダウンロード!

記事作成で大事なSEO対策とは

記事を作成する上で、SEOは避けては通れません。

まずはSEOの重要性や、SEO対策にはどういったものがあるのかを解説していきます。

SEOの重要性

Web上での情報発信において、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は欠かせない要素です。SEOを理解し、効果的に活用することで、作成した記事を適切に読者へ届けることができます。

記事を作成する上で「読みやすい」「理解しやすい」といった要素はもちろん重要です。しかし、SEO対策を行わずに執筆した記事では、上位に表示されることはなく、多くの読者へアプローチできません。

※引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX 

またSEOの重要性は、単に検索結果で上位に表示できることだけではありません。

検索エンジンが高く評価するコンテンツは、読者にとっても価値のある情報が多いため、記事の品質向上にもつながります。つまりSEOを意識した記事作成を行うことで、読者にとっても有益なコンテンツを作成できるのです。

記事作成で大切なSEO対策

記事作成で大切なSEO対策としては、まずターゲットとなるキーワードの選定から始まります。キーワードは、記事のテーマや読者が求める情報に基づいて慎重に選びましょう。

次に、選定したキーワードをさらに深堀りし、サジェストや関連キーワードなどより多くの周辺キーワードを調べます。リサーチしたキーワードは、記事のタイトル・見出し・本文に適切に配置することで、SEO効果を高めることが可能です。

他にもキーワードを含めるだけでなく、内部リンク・外部リンク施策や、画像・表を使用したコンテンツの最適化など、記事を1つ作るだけでもSEO対策は多岐にわたります。

以降の章では、具体的な記事作成のステップや、SEO対策の方法を詳しく解説していきます。

効果的な記事作成のステップ

効果的な記事作成を行うコツは、いきなり書き始めるのではなく、1つずつステップを踏んでいくのがおすすめです。

  • ①目的を明確にする
  • ②キーワードリサーチ
  • ③コンテンツの構成を計画する
  • ④記事を執筆する
  • ⑤作成記事を読み返す

どのように作成すればいいのか、各ステップごとに詳しくポイントを解説していきます。

目的を明確にする

記事作成の最初のステップは、その記事の目的を明確にすることです。そのためにも、理想の読者像を作成し、その読者が何を求めているかを深く理解することが重要です。

そこでまずはペルソナを作成します。ペルソナとは訴求対象となる「架空の個人」のことで、年齢・性別・趣味などを詳細に設定します。

ペルソナの作成は読者のニーズを明確にする上で非常に役立ち、最初に作り込んでおくことで、記事の方向性やトーン、内容がブレずスムーズな記事作成が可能です。

また、読者のニーズを調査する際には、さまざまな方法があります。

一般的にニーズを探る方法として有効なのが、関連キーワードやサジェストキーワードの調査・競合サイトの内容や構成・実際の検索画面などです。

これらを調査することにより、読者がどのような情報を求めているのか、どのような問題を解決しようとしているのかを理解できるでしょう。

キーワードリサーチ

適切なキーワードリサーチは、SEOに最適化したコンテンツを作成する上で欠かせません。

まず軸となる対策キーワードを決め、周辺のキーワードをリサーチし、どういった背景で検索されるのか・その検索から何を得たいのかを考えます。

対策キーワードを考える際は、キーワードの検索ボリュームや実際の検索画面だけでなく、ステップ1で出したペルソナが検索しそうなワードであることも重要です。

実際にいくつか候補を出してみて、最も自社が伝えたい内容とキーワードがマッチしているものを選びましょう。

またキーワードは1語だけでなく、情報の粒度に合わせて2語以上のキーワードを設定する必要もあります。テーマを「化粧水」にして、例を出してみます。

対策キーワード 想定読者 目的
化粧水 選び方 初心者 効果的な化粧水を知りたい
化粧水 エイジングケア 中級者 悩みに合わせたスキンケアを実践したい
化粧水 保湿 成分 上級者 保湿に必要な成分や自分に合った成分を理解して、より最適な化粧水を使用したい

上記のように、対策するキーワードを少し変えるだけで、読者が記事に求める目的も変わってきます。

そのためキーワードリサーチを行う際は、ただテーマに沿ったキーワードを列挙するだけでなく、より具体的に「ペルソナが調べるならどう検索するのか」まで想像することが重要です。

記事構成案を計画する

良質なコンテンツを作成するには、記事の構成を事前に計画するのが重要です。

導入部・本文・結論ごとに流れを明確にして、各部分で伝えたいポイントをまとめておきます。構成を作成する時は、ユーザーが知りたい情報が全て満たされているかを念頭におきながら進めていきましょう。

また本文執筆時に、具体的なデータや例を交えつつ作成するため、コンテンツ作成時に必要なデータや画像、引用したい情報を用意しておくと便利です。

さらに、質の高い記事を作成するために、構成を計画する際に、再度ニーズについて深堀りするのがおすすめです。

例えば「メンズ化粧水 選び方」のニーズを考える時、「メンズ化粧水の選び方が知りたい」ではまだ不十分。よりニーズを深堀っていき「自分の肌質に合う化粧水を使って、肌トラブルを改善したい」まで落とし込みましょう。

記事のゴールを設定する時に、この記事を読んで「読者にどうなってほしいのか」と「そのためにはどんな情報が必要か」を具体的に明確化しましょう。

記事を執筆する

効果的な記事を執筆するには、まずクリックを促す魅力的なタイトルを考えることが重要です。タイトルの良しあしで、読者はその記事の価値を瞬間的に判断します。

タイトルを作成する際は、役に立つ情報が得られることや、具体的なメリット・数字を含めるのが有効です。記事の内容とタイトルが一致していることも大切です。

また、魅力的なだけでなくSEOを意識した見出しの設定も重要になります。H1・H2・H3タグを適切に使用し、ユーザーだけでなく検索エンジンにとっても読みやすい構造を心がけましょう。

本文を執筆する際は、キーワードが過剰にならない範囲でタイトルや見出しに含めることで、SEO効果を高めます。

対策キーワードだけでなく、ステップ2で調査した周辺キーワードも意識して使用しましょう。

作成記事を読み返す

作成した記事は、完成後に必ず読み返しましょう。推敲・校正・校閲を行い、文法的な誤りがないか、文章が自然で読みやすいかを確認します。

また、情報の正確性や一貫性をチェックすることも大切です。執筆している最中には気付けなかった主張のズレも、客観的に読み返すことで修正できます。

可能なら、校閲は第三者によるチェックも含めて行うことで、さらなる質の向上が期待できるでしょう。

以上のステップを踏むことで、読者にとって価値のある、またSEOにも効果的な記事を作成することができます。

高品質かつSEO対策された記事作成の方法

自社の商品・サービスを適切に販売していくには、ただ記事を作成するだけでは不十分です。高品質な記事であり、さらにSEO対策も適切に施された記事の作成が必須。

下記では具体的なSEO対策の方法を、わかりやすく解説しています。

キーワードの効果的な使用

SEOの基礎となるのは、適切なキーワードの使用です。キーワードは読者が求める情報を提供するだけでなく、検索エンジンにコンテンツの主題を伝える手段でもあります。

また対策キーワードだけでなく、関連キーワードや共起語なども使用しましょう。周辺キーワードを適切に含めることで、記事の内容に広がりをもたせるだけでなく、よりSEO効果を高められます。

ただし、キーワードは強調し過ぎず自然な流れで文章に組み込むことが肝心です。SEOに効果的だからとキーワードを何度も繰り返すと、Googleからスパムサイトと認定され、順位を落とされる原因になります。

スパムサイトは、キーワードを何度も繰り返す、またはユーザーへの表示と異なる Google コンテンツを表示する(「クローキング」と呼ばれます)などのさまざまな手法を使って、検索結果の上位に入ろうとします。ときには、ハッカーが正規のサイトに入り込んでスパムサイトに変えてしまい、ユーザーが詐欺またはさらに悪質な事態に誘導されることもあります。

引用:Google「スパムの検出 – Google 検索の仕組み

実際どれだけの量を組み込めばいいか、具体的な数値は公表されていませんが、自然に記事を作成した限りでは問題ありません。

読みやすさを確保する

昨今のSEO対策では、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上はとても重要です。

文章の読みやすさを確保し、内容を適切かつ明確に伝える必要があります。数年前までは、SEO対策の1つとして「とにかく長文で網羅的に書いておけば上位表示できる」といわれていました。

しかし現在では、ただ長い文章は読者の離脱を促し、Googleからの評価を下げてしまいます。ニーズをより深く汲み取り、周辺情報と合わせて読者が知りたい情報を的確に伝えることが大切です。

また文章が読みやすいだけでなく、記事構成の流れも重要です。

例えば本記事であれば、まず記事作成の流れを解説したあと、より詳細なSEO対策の話、そのあと記事作成の効率を上げる方法へと展開しています。

対策キーワードに対する結論を先にもってくることで、読者が迷わずに情報を取り込めるようになっています。

内部リンク戦略

内部リンクは、サイト内の異なるページを結びつけるリンクのことで、SEO対策において重要な役割を果たします。内部リンクを適切に設定することで、サイト内の回遊性を高められ、UXを向上させると共に検索エンジンによるサイト評価を上げられます。

記事作成といっても、1記事でサイトが完成するわけではありません。最終的にサイト全体で収益を上げられるように、細かい部分でのSEO対策が大切です。

内部リンクを設定するポイントに決まりはなく、文章の流れで読者に必要だと感じる部分へ設置しましょう。各記事によって最適解は異なるため、設置したあとはヒートマップツールを導入し、クリック率等を計測して調整していく過程が必要です。

視覚コンテンツの最適化

視覚コンテンツは、サイトや記事の魅力を高めるだけでなく、情報の伝達を助ける重要な要素です。画像・動画・インフォグラフィックなどは、テキストコンテンツだけでは伝えきれない情報を視覚的に表現し、ユーザーの理解を深められます。

特にGoogleのAIが発達してきた昨今では、画像や動画の情報を読み込む精度も上がっているため、積極的にいれていくのがいいでしょう。

画像の選定時には、ページのテーマに合致し、高画質であるのはもちろんのこと、圧縮を行うことでページの読み込み速度を早める工夫も大切です。他にもaltテキストやファイル名の最適化も画像コンテンツを検索エンジンが理解しやすくするために必要です。

外部リンクの賢い使用

外部リンクは他のサイトへのリンクのことで、適切に設置することで自サイトの信頼性を高めることができます。

例えば、本記事でもただ情報が置かれているだけでなく、Googleのサイトからの引用だと示すことで、より情報に信頼性を与えています。

他のサイトへのリンクを用意することは問題にはなりません。たとえば情報提供元を引用するなど、外部リンクを使用することで自分のサイトの信頼性を高めることができます。外部サイトへのリンクを張ることが理に適うと判断した場合は、リンクとともに、リンク先を連想できるような文脈を提供します。

引用:Google「Google検索セントラル

外部リンクはリンク先記事へ評価を与えることから控えるべきとの意見もありますが、結果的に自サイトの評価を高められるのであれば行うべきです。またGoogle自体も推奨しているため、不安になる必要はありません。

ただし、外部リンクの遷移先を第三者が作成したブログなどにしてしまうと、信頼性を上げることができません。一次情報を発信している官公庁や各企業の公式サイトなど、情報の質を担保できるサイトへのリンクを、外部リンクとして使用しましょう。

Googleのガイドラインを遵守する

Googleは、E-E-A-T「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の原則を重視しています。またWebサイトやページが、どれだけ信頼できるかを評価するための基準で、特にYMYL(Your Money or Your Life)にあたる記事ではより厳格に判断されています。

自サイトだけでなく、外部リンクを使用する際には、これらのガイドラインに留意し、リンク先がE-E-A-Tの基準を満たしているかを確認することも重要です。

Googleのガイドラインは定期的に更新されるため、都度確認し最新の情報を把握しておくことが大切です。

記事作成の効率を上げるためのツール・サービス

これまで記事作成では、効率を上げるには外注を使うのが主流でした。しかしAIの発展により、AIツールを利用した効率化も選択肢として取り入れられています。

以下では記事作成効率を上げるための観点から、AIツールの使用や、記事外注を行うメリット・デメリットについて解説します。

AIツールの使用

AIツールの利用は、初期のアイデア出しから、原稿の作成、さらには文体やトーンの調整まで記事作成の多くの段階で役立ちます。AIを利用することで、時間を節約し、コンテンツ作成の効率を向上させることが見込めます。

しかしデメリットとしては、AIが生成したコンテンツが時に不自然になったり、人間のライターのような創造性や、深い理解を反映できなかったりする場合があることです。

また、AIという性質上完全にオリジナリティがある内容を生成することは難しく、サイトとして公開するには人間の手で調整が必要になります。AIツールはあくまで支援ツールであり、最終的な品質管理はまだまだ人間が行う必要があります。

記事作成の外注

記事作成の外注は、高品質な記事を効率よく作成できるメリットがあります。外注する数を増やせばその分作業効率も上がるため、大量に記事を作成することも可能です。

さらに専門知識をもつライターに任せられれば、具体的な内容を執筆することもでき、効率化だけでなく品質の向上も期待できるでしょう。

一方、外注するにはコストがかかることがデメリットとして挙げられます。またライターごとに品質にばらつきがあったり、トンマナが統一されなかったりします。人数が増えると管理する手間も発生するでしょう。

記事作成を外注して効率化するには、信頼できるライターや代理店を選定することが大切です。

記事作成を外注する際のチェックポイント

記事作成を外注するには、いくつかチェックポイントを決めておくとスムーズです。

以下では記事作成を外注する際に選びたい、ライターや代理店のポイントについて解説しています。

記事作成の実績・専門性を確認する

記事作成サービスやフリーランスを選定する際、その実績と専門性は重要な指標となります。実績として確認できるものがあれば、一定の品質を保って記事を作成してくれるでしょう。

また業界やテーマに特化した専門知識があれば、E-E-A-Tの「Experience(経験)」や「Expertise(専門性)」を満たした記事を作成できます。

加えて、実際にサービスを体験したクライアントからのレビューを確認することで、そのサービスの質について、客観的な意見を得ることができます。

代理店に依頼する際は、テーマに精通しているライターをプロジェクトごとにアサインできるかどうかも、質の高い記事作成サービスであるための重要な要素です。

企業の評判を確認する

記事作成を外注する代理店の評判は、事前にリサーチしておきましょう。SNSや業界のフォーラム、レビューサイトなど情報を得られる媒体は多岐にわたります。

評判を確認する際は、その企業の実績だけでなく社内スタッフの情報やサポート体制なども、併せて確認しておきましょう。大手代理店では社員がXを使って情報発信していることも少なくなく、今後パートナーシップを築いていく上で人間性を判断できる有効な情報です。

また記事作成を初めて依頼する場合、わからないことも多いと思うため、きちんとサポートデスクなどを用意している企業と契約するのがおすすめです。

料金体系を確認する

外注する際は、料金体系もきちんと確認しておきましょう。記事作成では1本当たりや1文字当たりなど、企業によって料金体系が異なります。実際に作成する記事は1本や2本ではないはずなので、あらかじめ予算内で何本作成できるか計算しておくといいでしょう。

SEOは広告と違い時間のかかるプロジェクトのため、今後長く関係を続けていくためにも料金を把握しておくのは大切です。

ただし成果が出なければ意味がないため、金額だけで選ぶのではなく、実績や評判も加味し総合的に予算を投下すべきか判断しましょう。

密なコミュニケーションを行う

実際に外注先と契約できてもそれで終わりではありません。契約したあとも密なコミュニケーションをとることが大切です。

  • 定期的な進捗報告・ミーティングの設定
  • 具体的なフィードバック
  • スピード感のあるレスポンス

上記のような成果物以外の部分も、とても重要です。最終的にプロジェクトの成功は、発注者と外注先との間のコミュニケーションに大きく依存しています。

プロジェクトの初期段階から定期的に進捗状況を報告し合い、必要に応じてミーティングを設定することで、双方の理解を深め成功へと進んでいけるでしょう。

記事作成の具体的な制作事例

記事作成を外注しようと思っても、実際にどのような成果が出ているのか、本当に外注するべきなのか悩む人も多いでしょう。

そこでウィルゲートがサイトに掲載している、サービスを購入頂いたお客様からの声や施策内容などをピックアップしてご紹介いたします。

ファストドクター株式会社

抱えていた課題

  • コロナ禍を機に、より多くの方に向けて情報発信を行いたい
  • ただし社内にリソースがない
  • SEOに関するノウハウが少ない

実際に行った施策内容

  • ユーザーの求めている課題を捉えたKW群を整理した上で、PVアップを目指して記事を作成。
  • ◯月までに◯本掲載するという、具体的な記事目標の策定。

得られた成果

9ヶ月で77本の記事発信し、トラフィック量が前年度比10倍までアップ!

記事単体だけでなく、良質なコンテンツが積み上がることでサイト全体のドメインパワーが上がり、ファストドクターのWeb全体に大きな効果があった。

短期間で量と質を兼ね備えた記事を作成し、トラフィックが前年度比10倍に!プロのノウハウ活用で社内制作の質もアップ

株式会社アドバイザーナビ様『わたしのIFA』

抱えていた課題

  • 社内リソースが足りていない
  • 文章力が足りていない
  • 自社でライターを一人ずつ雇うと管理にも工数がかかるため行えない

実際に行った施策内容

  • 毎月40本ペース・2年間で960記事を公開
  • セッション拡大に併せて、メディアの目標を変えより大きなサイトへ
  • サイトに合わせた経験をもつライターをアサイン

得られた成果

エディトル導入後のセッション数は45倍に!

検索順位の1位を獲得した記事が230本、全体の7割以上が上位10位以内。

また新しく記事を公開した際も、以前より順位がつきやすくなっており、検索ボリュームが大きいキーワードでも検索上位を獲得できるようになったと実感頂いております。

経験豊富な編集者とタッグを組み、月40本×2年間で960記事達成、セッション数が約50倍に!

株式会社DGフィナンシャルテクノロジー

抱えていた課題

  • 社内のみで記事作成を完成させるには限界があった
  • ライターを雇ったものの、ニッチ領域のため知識が乏しい
  • 密にコミュニケーションを取れていなかった

実際に行った施策内容

  • 専門知識をもったライター・編集者をアサイン

得られた成果

セッション数165%成長を達成!

1記事当たりの制作コストが、これまでの約2分の1に。

フィードバックした内容を真摯に取り入れ、作成を続けるごとに修正箇所が減っていった。

記事の品質担保と工数削減を両立!決済代行サービス大手DGフィナンシャルテクノロジー様の成功事例

株式会社ソーラーパートナーズ

抱えていた課題

  • 社内リソースが足りない
  • 社内メンバーが文章を書くことに対して苦手意識をもっていた

実際に行った施策内容

  • 1ヶ月で60記事を作成
  • 業界に知見をもつライターをアサイン

得られた成果

記事を公開した1ヶ月後には、流入数が約3倍に!

1年間を通しての問い合わせ数が前年度比18倍にもなり、エディトルに依頼したことで1,000件以上の見積もり依頼が増えたことに。

1カ月で流入数3倍、コンバージョンが前年度比18倍で、事業の成長の起爆剤に

まとめ

高品質な記事を作成するには、いきなり書き始めるのではなく、目的やターゲット読者を定めるなど、ステップごとに進めていくのが有効です。また記事を作成する際には、効果的なSEO対策も並行して行っていく必要があります。

SEOの情報は常にアップデートされていくため、最新の情報をキャッチアップし続け、記事に反映していくのは大変です。

そこで、質の高い記事を効率よく作成するためにも、外注をうまく活用するのがおすすめです。

 

また、以下の無料ダウンロード資料は、貴社の記事制作で成果を上げるためにご活用ください。

SEO流入やコンバージョン数を記事コンテンツにより育て上げる
コンテンツSEOの基本となる考え方を記載したナレッジ資料となっております。

「ウィルゲートのコンテンツSEOの考え方が理解できる秘伝資料」を無料提供中!(リンク先でお問い合わせいただいた方限定)

>>無料で資料をダウンロード!

 

アバター画像
プロモニスタ編集者
  • Facebook
  • Twitter
ページトップ